1−29−11 土
Vロッドでアルバイト

Vロッドのカスタム外装製作を手伝っています(お客のバイクなので、主要部分はマル秘です)。パーツは全て鉄
板からのワンオフで、私の担当は最終的な板金塗装。レイバーは1000ドル!悪くない小遣い稼ぎです。


こんな所にバッテリーが!?ガソリンタンクはダミーで、実際はシート下に複雑な形状のポリタンクが仕込んであり
ます。私が昔乗っていたスズキ・カバルケートも、タンクはシート下で、バッテリーは何とフロントフェアリングの中に
収まっていました。大型バイクの方が、この辺のレイアウトは難しいのか?


ベルト細ェ〜!こんなんで大トルクに耐えられるのか心配になりますが、最近の物は大丈夫なのでしょうね。昔は
この倍くらい幅があるベルトでも、よく切れましたけどね。


お馴染みの晩酌です。今日はスーパーの惣菜天ぷら。油物は面倒で作りませんからね。写真では不味そうですが
結構イケます。閉店間際の赤札で2ドル50セント。

以前からボチボチ作っていたフレイトライナーが完成間近です。もうちょっと細かい塗装を施して完成かな?

壁紙は、ちょっと成長した黒猫氏。漫画の方も読んでみたいなァ〜・・・






1−27−11 木
一円玉リアホイールをゲット!

FLHのフロント用に続き、同型のリアもゲットしました。イーベイで100ドルです。これで前後揃ってバッチリです。


     

とりあえず、今日はここまで。以前のスポークホイールとは、スペーサーが違うので、それも買わなければいけま
せん。タイヤは以前、メッツラーのチューブレスに交換しましたから、これでめでたくチューブレス化できます。フロ
ントは、タイヤがチューブ専用のクラシックタイプなので駄目。

それにしても、せっかくのホイールは、リアバッグを付けると殆ど見えなくなってしまいます。これはまあ、フルドレ
スの宿命なので仕方ないですね。「見えないけど、前後揃っている」と言う事実が大切なのです!





1−25−11 火
京浜バタフライ

先日のスワップで入手した京浜バタフライを吟味。内部は程度極上で、掃除するだけで使えそうです。FLH2号
車に(買った時から)付いていたのはS&SのEキャブで、調子は良いのですが、京浜も調子が良ければ、S&S
は売っちゃおうかな。Eキャブは売り易く(人気パーツ)、高値ですからね。

さて、今日の晩酌は久々の弁当です。近所のミツワマーケットで購入。から揚げがビールに合います!美味い。
・・・てゆかガソリン臭ェ!バラしたキャブを肴に飯を食うモンじゃないですね。世間ではあたりまえですが・・・

そして壁紙は毎度お馴染みの黒猫氏。「くんかくんか」





1−23−11 日
早朝ロングビーチ

今週はロングビーチのバイク・スワップミート。スワップ三昧です。今年一番の開催だったので、2倍の賑わい!
日本からのバイヤーも多く、携帯電話で「ハイ!・・・ハイ、分かりました!!」と指令に応答している微笑ましい
光景もチラホラ。


私と言えば、非常に慎ましい買い物で終了・・・

純正の京浜キャブを20ドルで、マスターシリンダーは10ドルにてゲット。日本に売れば儲かりそうなアイテムも
多々ありましたが、それらは華麗にスルー。餅は餅屋にお任せしましょう・・・


スピンオフ的に、02年式のヤマハYZ426を買いそうになったのですが・・・諸事情あり中止。これ以上バイクを
増やす訳には行かなくなりました。まあ、そりゃそうだ・・・





1−16−11 日
早朝ポモナ

     

珍しく早起き(5時起床)して、ポモナのスワップミートに行って来ました。友人の付き合いなので、特に探し物は
無かったのですけどね。朝から半日歩き回るので(会場を)良い運動になるのです。


          

車の出品はちょっと減ったか?ビンテージ・カーの値段相場は固まっていますが、今は不景気で売れないので、
値切り交渉は期待できるかも?真ん中のキャデは、ダウンサイズ後のモデル(1977)なので、昔はマニアには
見向きもされませんでしたが、今や立派なフルサイズ旧車扱いです。



          

右の鮫カマは文句なしにカッコイイ!私はモパー党ですが、これは好きですね。高校生の頃に憧れたなァ・・・


          

左のサービカーは目立っていましたが、純正度は低かったですね。真ん中のデーモン、買いそうになった(笑)。
右のアンビュランス・キャデ(70年)はオリジナル!自走しての参加らしく、ノットインサービスの札が。(パトカー
等の緊急車両を実務以外で公道走行する場合、この札が必要)


     

良い眺めだ・・・


半日歩き回って足がガクガクになりましたが、収穫は御覧の一品のみ。オリジナルFLHフェンダー(トリム付き)、
値切って20ドル。ちなみに同行した友人は、ハーレーのパーツ中心に400ドル分くらい買い巻くっていました!
日本で売ると手間賃くらいは儲かるそうです。俺も何か商売を考えようかな・・・





1−9−11 日
通勤車の手入れ

日頃お世話になっているヤマハFJ1200ですが、汚れ放題のまま年越ししてしまいました。一番お世話になっ
てるバイクなのにね。ヤマハのお嬢様なのにね。

そんな訳で、早急に手入れ。かなり汚かったので大変でした。


去年の4月にコケたのですが、当時の有様から、ここまで復元しました。カウルはパテ補修&塗装。黒い2つの
保護パッド(?)は、ウレタンを削って自作(笑)。マフラーの凹みはグラスファイバー・パテで補修&耐熱塗料で
塗装。クランクケース横のカバーは入手困難なので保留ですね。その内アルミ板で自作するかも。何せ、純正
パーツは殆どが生産中止。イーベイで中古を探しても、需要が多いので高い高い・・・。


     

完了!ワックスも掛けたので半日掛かりました。チェーンは今まで安物を頻繁に換えていたのですが、RKブラン
ドを奮発して購入。やっぱ錆が出ないし、伸びないので良いですね。100ドル払った甲斐がありました。バックミ
ラーは、内部が振動でユルユルになってしまったので、台湾製の小型に交換。すり抜けで邪魔にならないので、
気に入っています。フロントタイヤは、去年の暮れにシンコ製に換えましたが、今のところ問題なしです。

これでまた暫く、お嬢様の体裁を保てそうです。


走行距離は御覧の通り。買った時に24000マイルでしたから、35000マイル(約5万6千km)も走った訳です。
今まで所有したバイクでは一番の走行距離です。この先、どこまで伸ばせるかな〜


さて、一仕事終えて、晩酌タイム。今日は秋刀魚の塩焼きです。壁紙はきりりん氏と黒猫氏。このアニメ、結構な
ヒットになったそうで。私が好きになるアニメは、たいていマイナー過ぎてコケるのですが(笑)、今回は例外だっ
たようで良かったです。今年は何が流行りますかね〜?そしてもう一つの肴は45ACPです。いろいろと参考に
しています。ホローポイントでも、結構重いんですよね。130グレインくらいのHPを、1500fpsくらいで飛ばせば、
かなり凄いインパクトになると思うんですが・・・





1−2−11 日
Vz24拳銃のトラブル

     

昨日初撃ちしたVz24拳銃ですが、空ケースがチャンバーに残るトラブルが続出!3発に1発くらいの割合で発生
するので、まともに撃てませんでした。原因は、エキストラクターがリムをホールドする力の不足。引っ掛けた爪が
滑って外れてしまうのです。う〜ん・・・

そもそも、ロータリーボルトやロータリーバレルの場合、ケースエキストラクションする際に、エキストラクターがリム
を引っ掛けた状態で、ブリーチフェイスが数度回転します(ターンバレルの場合はバレルが回転)。その時、ケース
はチャンバーに張り付いているので動かず、エキストラクターとリムの噛み合った部分がスライドする(ズレる)事
になります。ですから噛み合いが弱かったり、アタリが悪かったりすると、エキストラクターが回転する際、リムから
外れ易くなります。ロータリー式の自動小銃の場合、プレッシャーの強いライフル弾薬を引き抜く為、エキストラクタ
ーは大型でテンションも強く、回転時の問題は全くありません。

上からAR15、SIG556、M1A




しかしVz24は普通の厚さと形状。スプリングテンションも頼りない。

トラブルが起きたケースのリム部分には、ケースの回転に沿ってエキストラクターが外れてしまった軌跡が、傷に
なって残っていました。

やはり、ロータリーバレルを採用する銃としては、エキストラクターのデザインに問題ありか?ここに来て、去年に
比較してボロ負けだった九四式拳銃が、まさかの大逆転か?九四式拳銃がメシウマ状態?あちらは見かけによ
らず(失礼)回転はスムーズでしたからね。

ただ、今回のトラブル発生率はあまりに酷い。これじゃあ、軍用に採用される訳がない。恐らく、この個体に故障
箇所があると見るべきでしょう。実は思い当たるフシがあります。

このエキストラクタースプリングです。御覧の様に形が歪み、妙に短く、テンションが弱い。もしかすると、誰かが
紛失して、適当な代わりをブチ込んだのかも?(え?俺じゃあないよ!)

とりあえず、このスプリングの形を修正、少し伸ばして取り付けてみました。エキストラクターのテンションは以前
と比べると強くなりました。これで近日テストしたいと思います。

それまで結論は保留ですね。

余談
エキストラクターがリムを咥えたまま、両者間に動きが生じるのは、ティルトバレルも同様です。この場合、上下
動ですね。これもやはり、両者が上手く摩擦するように考える必要があります。逆に、両者間に動きが無いのは
マウザーc96や十四年式、P38などのプロップアップです。

余談2
リコイルオペレーテッドやガスオペレーテッドの場合、エキストラクターが不良になると、今回の様にケースがチャ
ンバーに残されるトラブルが多いですが、ブローバックの場合、原理(包底圧利用)的に発生しません。なので、
エキストラクターを省略した銃もあります。Vz24の後釜であるVz27拳銃の場合、ブローバック式に変更された
ので、今回のトラブルは無い筈です。





1−1−11 土
迎春!

最近は雨が多いのですが、しかし正月は運良く晴れたので、砂漠へ直行!

新春初オフ。いや〜・・・ナマった身体が元に戻るまでキツかった!腰が何度か「グキッ」ってなりました。


     

そして昨日(大晦日)に作った弾を試射!結果は?
右の数字を見て下さい。その威力たるや・・・笑っちゃいましたよ。この弾、マジで特許取ろうかな(笑)。


更に、先月の分解・比較にて九四式拳銃をフルボッコにしたVz24拳銃ですが、実射で意外な致命傷が発覚?
九四式拳銃が逆転勝利か!?



そんな面白ネタ満載の今日でしたが・・・

夜に友人と新年会をして、柄にもなく泥酔(M1グランプリを観ながら)。


良いが醒めたら、ボチボチ更新します。とりあえず、明けましておめでとうございます。今年も宜しく〜





直接来られた方の為に・・・ウェルカム!
トップページに行く