部品構成

P38はピンを支点に用いないタイプです。ではどうやって保持しているかと言うと、写真を御覧のとおり、
エキストラクター背面のプランジャーに当たる部分が傾斜しており、エキストラクターを時計方向に回転
させると共に、外側に飛び出さない様にテンションを掛けているのです。尚且つ、傾斜の端(赤丸部分)
には段差を設け、プランジャーが引っかかって飛び出し難くしています。また、赤矢印部分の盛り上がり
は、エキストラクターが回転運動するのに必要なクリアランスを設ける為にあります。突起部分がピッタ
リとスライドに嵌ってしまうと、スムーズに回転しなくなりますからね。

スプリングは御覧のとおり太くて強力なものです。エキストラクターの保持を、このスプリングのテンション
に任せている訳ですからね。合理的で、ピン折れのトラブルがありませんから、最近ではグロックなどで
も採用されています。しかし!P38に関しては、このスプリングが未だ弱いらしく(或いは傾斜部分の段
差の問題か)、エキストラクターが飛び出してしまうトラブルがあります。写真の個体も、一度飛び去った
事があります。P38は画期的なデザインではありますが、当時は未だ詰めの甘い部分もあった様です。

分解方法ですが、先ず細いマイナスドライバーなどを、エクストラクターとプランジャーの間(接点)に挟み
込んで、プランジャーだけをスライド内に押し込んでやります。すると、エキストラクターは支えを失います
から、下に向ければストンと落ちます。但し!スプリングは強力なので、かなりの力が必要です。また、
スプリングが甘くなる可能性もあるので、必要時以外の分解は避けた方が賢明です。私は、質問者の
皆様の為に、敢えて分解しているのです!何の利益も無いのにです!どうですか!?天国に行けます
かね?今まで結構悪い事もしてきましたが、私は天国行けますかね?(←知るか!)






スライド側の加工

スライド側は至って簡単です。エキストラクターの溝と、突起が入る穴がスライド内の空洞部分
まで貫通しています。あとは、スプリングとプランジャーの穴だけです。特に特徴的な加工では
ありません。(写真で奥に見えるのはファイアリングピン・リターンスプリング)







上から見た総合図解

赤がスライド内の加工、青がエキストラクター、黄色がプランジャー&スプリングです。点線が
内部で、実線が見えてる部分。

こんな感じです。一目瞭然ですね。前述したエキストラクター突起部分の膨らみの意味
(クリアランスの必要性)もお分かり頂けると思います。







戻る