一般的なサイドプレート型フレーム

有名どころと言う意味で、S&WのM586(Lフレーム)を例にしますが、サイドプレート型の
フレーム・デザインは、コルトあたりでも同様です。写真の様に、プレートはフレームに寸分の
隙間もなくピッタリと嵌っており、スクリューを全て外して逆さに振っても脱落したりしません。
木の棒などをグリップフレーム部分に差し込んでコジり、やっと外れるほど固く嵌っています。
(コルトは全体的に若干緩めですが、それでも隙間が出来るような事はありません)

なぜ、ここまでピッタリにする必要があるのか?







プレートを外してみると・・・

反動を受けるリコイルプレート(薬莢底面を受ける部分)から、それを支えるグリップ部分
まで、ほとんど片持ち状態になってしまいました。もし、この状態で発射したなら、確実に
フレームは捻れます。何発持つかは解かりませんが、間違いなく銃に悪影響します。





サイドプレートの重要な役割

サイドプレートは、単なる「部品のカバー」ではありません。この様に、フレームにピッタリと
嵌まる事で、フレーム全体の剛性を補っているわけです。隙間があったりすると、その役割
が損なわれてしまいます。







しかし・・・

とは言っても、所詮は別部品を嵌めているだけです。リロードによるホット・ロード弾薬
を多数発射して、過度のストレスが加わると、フレームは歪み、サイドプレートの上部
(赤丸部分)が矢印側にズレて来るのです。そのまま撃ち続けた場合、最終的にどうな
るかは不明ですが、あまり気持ちの良い現象ではありません。

実際、私が以前に所有していたM586の6インチモデルにて、マキシマム・チャージの
リロード弾を数百発撃ったところ、物の見事に歪みが発生。写真の部分は、目で見て
判るほど出っ張りました。ここだけの話、そのM586はアズイズ(現状渡し)で叩き売り
ました。もしも、中古のサイドプレート型マグナム・リボルバーを買う場合、この部分の
プレート境目を指でなぞり、飛び出ているようなら止めた方が良いです。通常、ほんの
少し、指に感じる程度の段差しかありません。

コルトやタウルスでは歪みの経験はありませんが、強度十分なLフレームで歪むくらい
ですから、恐らく同じ結果でしょう。







戻る