7−26−10
スワップミートの写真

昨日行ってきたロングビーチ・バイク・スワップミートの写真をアップします。今回はバイクでの来場者が多く、ショベルも
多数見られました。

     

↑いきなりトライク。ターボ付きワーゲンエンジン。オイルがイヤラシイ程に漏れ、地面が濡れそぼっていました・・・


               

↑セオリー通りのチョッパー達


               

↑何この見覚えのあるクールなマシンは?(ご清聴ありがとうございました) 真ん中の2枚は【廃チェーン】を利用した
工夫がイカス感じです。残り物を一工夫して美味しく召し上がろうという精神ですね。


          

↑デラックス・バディ・シートが良い感じで野暮ったい純正(写真左)。私もこう言うオリジナルなのが一台欲しいですね。
パトカーも野暮ったい純正。真ん中は「とりあえず剥ぎ取ってみた」感じの一台。ショベルFLHでは一番多いパターン。


     

↑戦利品。スポーツスターのツリーを20ドルで買いましたが、これは私のチョッパーをスプリンガーからテレスコにする
予定がある為です。「一度はスプリンガーに乗りたい・・・」と思って、今の仕様にしましたが、やはりトータルで考えると
テレスコの方が、私のチョッパーには合っていると言う結論に達しました。只、今の予定ではビューエルの倒立にする
計画もあり、そうなるとこのパーツはお蔵入りですね。どうなるかな〜・・・?

写真右は昼食のブレックファースト・メニュー(?)。暴力的なボリュームがあるので、昼に食べて丁度良いくらいです。





7−25−10 日
バイクのスワップミート・・・後の撮影

久々にロングビーチのバイク・スワップミートに行って来たのですが・・・晩酌が過ぎて「飲みすぎ食べすぎ」でダウン。
明日にでも写真をここにアップします(少しですが)。


んで、飲み食い後に夜の撮影に出掛けたのですが(俺は運転してないよ)、アメリカンなプラントを見つけたので撮っ
てみました。

♪ボーン・イン・ザ・USA〜♪

私は別にアメリカかぶれではありませんが、素直に愛国心を表現できるのは浦山氏ですね。日本の川崎製鉄あたり
でも、写真の様に巨大な日の丸を掲げてやってくれませんかね?最近は祝祭日に玄関先を国旗で飾る家も少なくな
りましたからねぇ・・・





7−24−10 土
色々な5.56mm×45を買ってみる。(・・・高いけど)

次回射撃用の5.56を購入。面白そうなサープラス・アモもあったので、試しに買ってみました(写真のブラック・ヒルズ
はサープラスじゃないけど)。


↓商品名 オリンピック・アムニション

   

先ずコチラはギリシャ製のアモ。一般製品っぽいパッケージですが、中身は軍用払い下げと思われ。SS109の表記
があります。ブレットは62グレインFMJでスチールコア入り。ジャケットはカパー。ケースはブラス、プライマーはボク
サーでノンコロシヴ。スチールコアなので射撃場では使えませんが(鉄を使ったブレットは禁止している所が多い)、
砂漠で使うには良さそうですね。SS109のオリジナル・ミルスペックなので、データ採りにも良いです。値段は50発
入りで23ドル95セント。高いですが最近は皆、こんな感じです。

パッケージにスペック表記があったのでスキャンしました↓

いいね。みんなこんな表示があれば、ここでネタにする時便利なのに・・・



↓商品名 シルバーベア

こちらはロシア製。ロシア製民間弾薬の有名どころで「ウルフ」と言うのがあり、それと中身は同じかと思ったのですが、
全く違いますね。製造元からして違う感じです。「アッチが『ウルフ』ならコッチは『ベア』だ!」って感じ?紙に包まれた
梱包などは御馴染みの共産国流。ブレットは62グレインで、鉛コアのスチール(バイメタル)ジャケット。先端を露出し、
SP(ソフトポイント)としています。これも射撃場では使えませんが、バーミントハンティングに良いかも。ケースはスチ
ールで亜鉛メッキが施してあります。ウルフは塗料が塗ってあるだけで、見た目茶色っぽく、見栄えはコッチの方が良
いですね。値段は20発入り5個が1パックになって(つまり100発)34ドル95セント。安い!ウルフは初速が低めな
ので(全体的に)私は好きじゃないのですが、これはどうかな?


↓商品名 ブラック・ヒルズ・アムニション

これはブランド品です。狙撃銃の弾薬で有名ですね。パッケージが傷んだ売れ残りだったからか、一箱だけディスカウ
ントで売られていました。ブレットは55グレインFMJで、カパージャケット鉛コア。ブラスケース。おお、高級品だ!ケー
スも立派です。精度が良さそうなので、これはグルーピングを見る時に使いましょう。値段は50発で21ドル95セント。


ヘッド・スタンプのアップ。Aがブラック・ヒルズ、Bがオリンピック、Cがベアです。オリンピックはプライマーに抜け止めの
パンチが打ってあり、刻印がNRA?と思ったのですが、実際はNPAと打ってあります。ブラック・ヒルズには、何故か
円に十字のNATOマークが。


とりあえず、今日はこれだけ買いました。全部でたった200発ですが、税金込みで80ドル以上払いましたよ・・・





7−20−10 火
忌まわしいワレメ

スズキGS750のヘッドとシリンダーを綺麗に洗浄し、圧縮の無かった2番シリンダーのヘッドを良く確認すると・・・


↓「!」

わ・・・ワレメちゃん?

2番エキゾーストバルブに、小さなワレメちゃんが!?


     |┃三          /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::', 
     |┃            i:::::::イ  ` ̄ー─--ミ::::::::::::|  
     |┃            {::::::::|    ::\:::/::::  \:::リ-}
 ガラッ. |┃            ',::r、:|  <●>  <●>  !> イ 
     |┃  ノ//        |:、`{  ` ̄ .::  、      __ノ 
     |┃三          |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|    
     |┃            |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》     
     |┃            |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
     |┃三         ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从

       , , , , , ,
     ヽ/ ̄⌒ ̄\ノ
     V           V
    〜! ,,,, <●> ,,,, !〜 
.     ヘ          /ヽ
.        >、____, <
       ´ ' ' ' ' ' '`




「違う!待ってくれ!俺は無実だ!」違法性のワレメちゃんではありません。ですがこれは忌まわしい・・・

パックリ逝ってますね。これが原因でバルブが沈み、クリアランスが無くなったのでしょう。シム交換などで済む問題
ではありませんでしたね。念の為にヘッドを開けて正解でしたよ〜!


さて、どうするか?見た感じ、ヘッド側のシートにはダメージが無かったので、ヘビーコンパウンドでラッピングすれば
大丈夫そうです。こんな事もあろうかと、以前、中古のヘッド・アッセンブリー(カムシャフト込み)を安く買っておいた
ので、そこから正常なバルブを抜いて使う事にします。


↓中古ヘッド(写真左)から外した正常バルブ

   

割れだけでなく、傘の上の部分も肉が痩せていますね。ガスが薄過ぎてオーバーヒート&ノッキングって感じかな?
クランク側は異常ありませんでしたが、もう一度調べてみる必要がありそうです。





7−18−10 日
神は天にいまし、全て世は事も無し

先週は特にネタになるような事が無かったのですが、まあ、日常なんてそんなモンです。

今日も平穏でしたが、最近完成したスズキGT550(2号車)に乗り、1号車は友人に貸し、「ダブルGT」でベトナム・
ヌードルを喰いに行きました。


     

2台で走ると街中では目立ちます。1号車はマフラーの芯がスカスカなので音がうるさい。そして後ろを走ると、煙が
臭い!それでこそ2スト!街の嫌われ者だ!


     

以前も紹介したベトナム麺ですが、今回のは黄色いエッグヌードルで、日本のかんすい入り麺とは違います。硬くて
コシが弱く、日本の方が美味いですね。以前頼んだのは白いライスヌードルで、それは縮れていないストレート麺で
アッサリしています。そしてスープはカレー風味。不味くはないけど美味くもない。日本では東南アジアあたりの食を
褒めておけば、とりあえず「通」みたいな部分がありますが(マスコミの影響?)、糞喰らえですね。おっと、食事中に
失礼・・・

この近くにエルカミーノ・カレッジがあるので、時々日本人留学生の姿も見かけます。


ん〜!2ストを見ながら食べるベトナム麺は格別じゃわい!(←誰?)




私信
「1ダースの男の子よりアンシャーリーが良い」と、のたまった摩周ですが、彼は【ピュアロリ】だったと私は思います。
きれいな土壌(社会環境)の中では、ロリも無毒で綺麗な花を咲かすのに・・・汚れているのは土なんです!そうだ
よね?とっしー!





7−11−10 日
焼肉で宴

食材は日本のマーケットで買うので、この写真だけ見ると「アメリカ生活」とは誰も思わないでしょうね。今日はDV
Dプレーヤーも購入したので(今まではプレステで観てたw)、日本のビデオ屋で借りたTV番組「イッテQ」を観なが
らの宴。おお!日本だ!日本の宴!

ベッキーかわいい・・・


GSエンジン腰上バラし

        

いいですね〜!予想に反してグッドコンディションですよ。燃焼室はそれなりに汚れていましたが、シリンダーやピ
ストンは綺麗で、クランクやロッドのガタもありませんでした。スタッドボルトも一本を除いて錆びは無し。一度も開
けた様子は無く、オリジナルと思われるクロスハッチも残っていますので(右写真)、走行距離は少ないのでしょう。
米国は広いので走行距離が伸びそうな気がしますが、実際は「遊びでチョイ乗り」が多いので、買って数年で飽き
られたバイクが、ガレージで眠るパターンの方が多いと思います。ゴールドウィングなどは、その例ではありません
けどね。日本の様に、毎日通勤に使うケースは稀なのです。



7−9−10 金
ゲルマン中身

ゲルマンの中身が判明致しました。先に結論を書くと、これはスティールコアではなく、スティールジャケットでした。
んで、そのスティールジャケットが非常に分厚く、切断するのに苦労しました。グラインダーで削った際、火花はそ
れ程出なかったので、軟鉄である事は間違い無いのですが、こんなに分厚くてライフリングは大丈夫なのか心配
になりました。くたびれたボアのM1Aなら使っても良いけど、HSや豊和M1500では絶対に使いたくないですね。
謎のテール部分は、単なる別部品のガスチェックでした。

A スティールジャケット
B 鉛コア
C スティールガスチェック

ゲルマンにしては、イマイチひねりが足りない弾でしたね。まあいいけど。


スズキGS750 エンジンを降ろす

   

2番の圧縮が無かったエンジンを降ろしました。降ろさなくても整備できますが、フレームを綺麗にしたかったので。
さて、圧縮無しの原因は何かな?


   

何の事は無い・・・エキゾースト側のシムが突っ張っていただけでした。バルブが自然に沈んで突っ張ったのか、メカ
ニックがシムのサイズを間違えたかは不明。エンジンを掛けると、それなりに燃焼していたのは、圧力でバルブが密
着して何とか燃えていたからでしょうね。

ん〜・・・シムを適合サイズに換えれば圧縮は戻るでしょうが、せっかくバラす気になっていたので腰上は開ける事に
しました。隙間が出来たシートで燃焼していたとなると、エロージョンが起こっている可能性もありますしね。バルブの
シールなども交換すれば、暫くは安心して乗れます。

と言う訳で、明日からボチボチ分解して行きます。





7−7−10 水
ゲルマンNATO

ドイツ製7.62mm軍用サープラスアモを入手。ブラスケース、ノンコロシブ・プライマー、マグネティック・ブレット。
値段は20発14ドルのところを、期間セールで10ドル。昔はもっと安かったのですけどね・・・

ヘッドスタンプには丸に十字のNATOマークの他、MEN95A0009のロットナンバー。



分解すると・・・

ブレットはシルバージャケット?今のところ材質はハッキリしませんが、銀色のFMJボートテール。ウェイトは148
グレイン。パウダーは細目の物が43グレイン入っていました。


磁石に付きます。スティール・ジャケットか、コアかは不明。テールは妙な形状ですね。銅色の物体が見えていま
すけど・・・?今日はもう遅いので寝ますが、明日にでもバラして確認しましょう。





7−4−10 日
スズ菌 73年型GT550(2号車)完成!

          

5月に買った黄色いGT550ですが(コチラ)、本日完成しました。午前中に点火時期の調整や、チャージング等
テストを行い、若干の試運転をしましたが、全てOKですね。ポンコツを直したグリーンの1号車も絶好調ですが、
こちらは元々の程度が良かったので、その分完璧です。買った時は塗装やエンブレム、メーターなど、年式違い
だった部分も気に入りませんでしたが、それも全て修正しました(純正部品は高かったですが・・・)。


色やストライプはオリジナルに似せました。ペイントはウォーターベース(カリフォルニアなので)、クリアーはウレ
タンです。ウォーターベースは乾きが遅いですが、下地の如何に影響され難いので、けっこう好きになりました。
コレに変わった頃はブーブー文句言ってましたが、まあ、何事も慣れですよね。


     

エンジン。既に御存知の方も居られるかと思いますが、73年と74年では細部が多数異なります。変わり目なの
ですよ。74年からは大幅にコストダウンされ、尚且つ、それを補う為にデザインでカバーしています。つまり、簡
素になったが、格好よくなった訳です。でもまあ、格好の好みは人それぞれですし、私的には初期型の方が好き
かな?この辺は、いずれ垂れモーターで比較したいと思います。





7−3−10 土
アサルトお掃除U

今回は注目のリュング饅です。発射弾数はSIG556と同じ200発程度。さて、どんなかなァ〜


     

・・・あんまし汚れてない。昔、友人が持ってたのはメチャ汚かったけど、あれは手入れを一切していなかったの
だろうなァ・・・。ボルトキャリアの中身も特に酷くはありません。煤けてはいますけど、拭き取れば簡単に落ちる
程度。ちなみに、ボルトキャリアに入ってキャリアを動かした後の「用済みガス」は、エジェクション・ポートに面し
た部分に空いた2箇所の小穴から排出されます(冒頭写真で見える縦方向に開いた穴)。なので、その付近も
煤けますね。



     

レシーバー側です。ガスチューブ出口付近は煤けていますが、大したことありません。接触するのは極一部なの
が分かると思います(先端の光った部分)。チューブはステンレス製で、レシーバーから直接ガスブロックに入り
ますので、通常は分解できません。内部を掃除する事は難しい訳ですが、どんな粗悪弾薬を使ったところで、パ
イプが詰まる事は無いでしょう。

今回気付いたのですが、ピストン式の場合、バレルから導入された直後の高圧・高熱のガスがピストンに当る
為、焼き付けたようにこびり付きますが(前回のSIGの写真参考↓)、リュング饅の場合、ある程度の時間が経
過したガスなので、煤けてはいても拭き取り易いものです。まあ、この後500発、1000発となったら、どうなる
か分かりませんが・・・

とにかく、「リュングマンは汚れ易く、ジャムに繋がる」と言う類の定説は、今後続けて撃ってみて再考する必要
がありそうです(私的に)。


マイクロ・ロッキングラグ良否の判断材料である「均一な接触」は、このCMMG製は合格ですね。均等に接触し
ているのが、写真で分かると思います。安く買った銃ですが、一安心しました。

ああ!SIGも同様ですが、早く沢山撃って結果が知りたいですね。高い弾代をどうするかが問題ですが・・・


GT550 2号車、完成間近

タンクのストライプを入れました(写真はマスキング)。明日にも仕上がるかな?わくわく・・・





7−1−10 木
アサルトお掃除

先週撃ったSIGを掃除しましたが、バレルのクリーニングだけで他は一切掃除しません。汚れの蓄積具合と、
どの程度まで掃除無しでジャムが発生しないか興味があるからです。


     

買ってから200発程撃ちましたが、未だ全然OKです。ピストン式はキャリアまでガスをデリバリーしないので、
ボルト周りは汚れ難いです。明日、M4を掃除しますが、リュングマンはどの程度の汚れか興味がありますね。




オープンボルトでフルオートオンリー(?)のSAFN

     

さて、友人から貰ったSAFNですが、昔の銃なので写真映りは良さそうですね。ブルーも綺麗ですし、アラビア
文字も良い感じ。

しかしフルオート!(笑

     

こんな感じでファイアリングピンが突き出して固着しているのです。鉄の棒で押してみましたがビクともしません。
この状態で装填されたら、間違いなく発射(暴発)しますね。最後に撃った人は、どうなったのだろう?友人は
この銃をタダで貰った(譲渡)と言っていましたから、恐らく故障銃として処分されたのでしょう。しかし、トラブル
については知らされていないとの事で・・・まあ、他人事なので深く立ち入るのは止しましょう。

分解してみると、ファイアリングピンの先端部分が折れて、それが歪んでボルトフェイスに食い込んでいました。
元々SAFNは2分割ファイアリング・ピンなのですが、これは違うみたいですね。明らかに一本だった物が折れ
た感じです。モデルによって一本の物もあるのかも知れません。さあ、どうするかな?パーツが安く出ていれば
買うのですが、難しいでしょうね。無ければ旋盤で加工して作りましょう。

細部も分解すると・・・

何ですか?これも掃除無しの耐久テスト中?(笑

ちゃんとお手入れせんかゴルァ!自衛隊なら腕立て伏せ100回レベルの罪ですよ。外見は綺麗なので、恐らく
真面目なコレクターに保管されていた物が、そうでないトリガーハッピーにでも渡った模様。お父さんが亡くなっ
て、バカ息子に渡ったパターンかな?それでファイアリングピンが壊れ、友人の下に舞い込んだのでしょう。巡り
巡って私の所に来たのも何かの縁でしょうから、綺麗に分解掃除したいと思います。修理が終わったら是非撃
ちたいですね。8mmマウザーを自動銃から撃つのは初めてですよ!





直接来られた方の為に・・・ウェルカム!
トップページに行く