散弾銃に関するFAQ11

@
散弾銃に関するFAQ10にて説明していた「イナーシャドリブン機構」ですが、この理屈で考えると、
例えば銃本体をコンクリートの台に固定するなどして、反動で全く動かない状態にした場合、作動
しない事になるのではないか?

A
もしも作動しないのならば、他のガスオペやショートリコイルにも、この様な条件で作動しない物が
あるか?

B
イナーシャ機構はライフルにも採用できそうな感じだが、それが殆ど無いのは何故か?散弾銃にし
か通用しない理由があるのか?

C
イナーシャ機構は、弾薬にある程度の反動がある事が前提と思うが、例えば反動が弱い410など
にも、採用し得るのか?



  答え

おお〜!良い質問です!では早速回答しますが・・・

@
「作動しないと思うけど、確証持てません」(爆)

これは私も以前から疑問に思っていたのです。昔、べネリを持っていたのですが、その頃はそこま
で考えなかったもんなァ〜(笑

理屈の上では、確かに銃が反動で最低限後退しない限り、ボルト・ボディが停留してイナーシャ・
スプリングが圧縮される事はありませんから、つまりロッキングは解除されず、作動しない筈です。

ただ、(イナーシャ機構は一旦置いておき)・・・

以前、軽量リボルバー(S&WM327)から357マグナムを発射した際、ハンマーが発射の衝撃で
戻り、偶然シア(シングル用)に引っ掛かってコッキングされ、「オートマチック拳銃状態」になった事
があります(何故ハンマーがコックされたか「???」状態に陥りました)。軽量銃から強い弾薬を
発射した場合など、ハンマーは発射の度に衝撃が伝達され、少なからず起き上がっている様です。

これらの事から、銃本体が動かなくても、本来のイナーシャ機構の理屈とは別の現象で、ボルトが
作動する可能性は、無いとは言い切れません。結果的に作動不良であっても、少しは動くかも?
誤解の無いように付け加えますが、「衝突球の原理で銃が作動する」なんて言ってる訳じゃありま
せんからね!(ガスオペでガスカットすればキャリアは動きませんし)こればかりは、実際にやって
みるしか、確かめ様が無いです。




A
これは無いですね。「銃本体=フレーム或いはレシーバー(つまり射手が支える部分)」とした場合、
そこを完全に固定しても、ブロー式(バックorフォワード)は勿論、他のリコイル・オペレーテッド(ショ
ートorロング)や、ガス・オペレーテッドも作動します。




BC
@の理由から、反動で銃本体が勢い良く後退しないと、イナーシャ機構は作動が不安定になる筈。
従って、弾薬にも最低限の強さが必要だと思います。20〜12番散弾銃の場合、リコイルの強さは
ある程度の範疇に想定でき、また射撃姿勢も立射に限定されます。ライフルの場合、同じモデルで
も弾薬の幅が広く、射撃姿勢も様々です。例えば223レミントンの自動銃を、ベンチに据えて撃つ
ようなケースでは、作動に必要な動きを得るのは厳しいと思います。ちなみに、ベレッタやべネリの
カタログでは、イナーシャ機構でのラインナップは20番〜12番で、410番はありません(てゆか41
0はガスオペでも動きませんよ)。散弾銃以外に採用されないのは、この様な理由からと考えます。
べネリでは、タクティカル・ショットガンもイナーシャですが、例えば12番スラグやOOバックを、ベン
チに据えて撃つ場合、作動に必要な動きは得られると思います。もしも、同条件でクレー競技用の
24グラム弾を撃ったら・・・厳しいのでは?

追記
>「べネリではライフルもラインナップにあるけど?」
あれはガス・オペレーテッドの筈です。また、「イナーシャがライフルに不可」と言う回答ではありま
せん。「可能だけど一般的でないのは何故?」と言う質問への回答です。



良く考えてみると、他のリコイル・オペレーテッドでは、フレーム(保持部分)を固定すれば作動しま
すが、逆に固定せずにフリー状態にすると作動不良を起こします。「リコイル式の銃は、しっかりと
保持しなければいけない」などと言われる理由です。しかしイナーシャ機構の場合、同じリコイル・
オペレーテッドでも、それが逆になる訳ですね。何れの場合も、リコイルを利用して作動させるシス
テムは、射手が支える部分の状態に影響を受け易いと言えるでしょう。



回答は以上ですが、う〜ん・・・実験してぇ!(笑)
誰かイナーシャ・ドリブン持ってないかなァ・・・



FAQに戻る


  散弾銃に関するFAQ12

垂れブログでのレミントン・モデル11実射にて「大型スプリングと真鍮製の抵抗ブッシングの作用で
後退させるには強い力が要ります」とあるが(このページ冒頭の説明)、「真鍮性の抵抗ブッシング」
とは一体何か?




  答え

写真を撮ったので、別室へどうぞ

そんな感じです。マイナーなメカなので、これを知ってる人は少ないんじゃないかな〜



FAQに戻る


  散弾銃に関するFAQ13

動画コーナーのウィンチェスターM1897にて、テイクダウンの際に弾薬はどうなるのか?全て空の
状態でなければ分離できないのか?映画「ブリット」では、分解結合して暗殺に使っていたが・・・?




  答え

一目瞭然の写真解説(別窓)でどうぞ。

そんな感じです。ところで、映画では確か暗殺の後に(撃ち切った後)、分解してコートに隠す描写
だった筈。ドアを蹴破った時は、既に組み立てられていましたからね。コートから取り出す→結合→
装填→ドアをどーん!ってな流れだと思います。車の中で使う時もそうしていました。プロップガンと
は言え、装填したまま分解組み立てを可能にする(撮影用に改造する)のは難しいと思います。



FAQに戻る


   散弾銃に関するFAQ14

月刊Gunマガジン誌にレポートしたレミントン・モデル11に関して、「ブローニング・オート5の生産は
1998年で終了」とあったが、最近のブローニング社のサイトでは Browning A5 なる新製品が登
場している。これはオート5の復活と言う事では?

ブローニングのサイトでは、新A5のメカを「Kinematic Drive System」と称しているが、これはどんな
機構なのか?

イナーシャ・ドリブンの作動原理に関して、「バレルが後退する慣性によって・・・」とする説があるが、
バレルはショート・リコイルのように少し後退するのか?ならば、FAQ11↑の問題は回避できると思
うが。



  答え

一つ目の質問ですが、実はこれは編集部からの問い合わせでした。確かに紛らわしく、誤解を招きや
すいかも知れません。新型A5は、名前こそ引き継いでいますが(ハンプバック・スタイルまで再現して
いる)、実は中身は全くの別物です。したがって、ジョン・ブローニングが設計したロング・リコイル式の
オート5が1998年で終了した事には変わりありません。かつての名銃にあやかり、名前だけ復活さ
せたのです。ただ、カテゴリー的にはリコイル・オペレーテッドに分類させるので(後述)、全く無関係と
言う訳でもありません。どうせならロング・リコイルを復活させて、正統なブローニング・オート5を継承
して欲しかったですが、やはりバレルが動いてしまうロングでは難しいでしょうね。

さて、では2つ目の質問ですが、上でもチラと述べましたが、リコイル式です。リコイル式でロングでな
いとすれば、ショットガン用として残るシステムは唯一つ・・・イナーシャです。この方式は、ベネリ社の
がすっかり定着したので、殆どコピーと言っても良いブローニングのメカでは、「キネティック」などと称
して、誤魔化しています(この銃は日本でもオーナーが居ると思うので、過激な発言は出来ないけど)。
まあ、自動車で言う「ツインカム」と「DOHC」みたいなモンですね。ちなみに、イナーシャは慣性の意味
ですが、キネティックは運動エネルギー的な意味です。作動原理を正確に表しているのは、やはりイ
ナーシャでしょう。

3つ目の質問ですが、少なくとも私が知るかぎりでは、バレルが動くイナーシャは見た事がありません。
銃全体が後退する際の慣性を利用しています。質問のA5も、ベネリも、バレルは動きません。バレル
が動く(後退する)のが欠点だったロング・リコイル式からの脱却なのに、イナーシャでもバレルが動い
てしまっては、意味がありません。






FAQに戻る


   散弾銃に関するFAQ15


日本でウィンチェスターM97(12番径)の購入を考えているが、古いモデルはチャンバーが2−5/8
シェル用と聞いた。このチャンバーからは2−3/4シェルは撃てないのか?動画の写真では、普通の
2ー3/4に見えるが、この年式では既にモダン化されていたのか?12番径のM97が、2−5/8から
2−3/4に変わったのは何時頃からか?その見分け方は?




   答え

動画のM97は古い2−5/8チャンバーです。写真では普通のAAシェルに見えますが、実は切り詰
めてあるのです(後述)。両者は厳密には異なる弾薬であり、特に2−5/8チャンバーから2−3/4
を発射するのは危険を伴います(逆は大丈夫)。

ショットガンのチャンバーは、シェルが開いた(発射後の)状態で設定されていますから、例えば2−
3/4チャンバーに3インチ・シェルを装填する事は可能ですが、発射されるとクリンプ部分が伸びてフ
ォーシング・コーンに被さり(重なり)、ショットやワッズの通過抵抗となって、異常腔圧を発生する危
険性が高いです。質問の例もそれと同じと言うわけ。

自分の銃のチャンバーサイズは、仕様変更の経緯や刻印から知るよりも、実測する事をお勧めしま
す。と言うのも、古い銃はオーナーが何度も変わっている場合が多く、その間にリチャンバーされて
いる可能性が高いからです。

では、どうやって調べるのか?2−3/4シェルを2−5/8にする、自己責任方法は?以下のページに
写真で説明します。

イカのページ(別窓)

そんな感じです。

問題を根本解決する方法としては、リチャンバーがお勧めです。日本ではどうか分かりませんが、ア
メリカの銃砲店では定番のガンスミッシングです。費用は不明ですが、100ドルくらいかな?自分で
行うのも、然程難しくはないので、ブラウネルスなどでチャンバリング・リーマーを購入してグリグリす
るのも良いと思います。言うまでもなく自己責任で。

ちなみに、リチャンバリングするなら、ロング・フォーシング・コーン・リーマーを買って、フォーシング・
コーンを伸ばすのも一案だと思います。能書きでは、パターンが良くなるらしいですが、まあその辺は
個人的に断言できませんけどね。見た感じでは良さそうですけど・・・





FAQに戻る