ビンテージバイク・レースを観てきました

行って来ましたシリーズ第?弾!

いつもお世話になってるカスタム・バイク屋さんが主催する、ビンテージバイクのレースを
観てきました。場所はLA郊外のウィロースプリングス・レースウェイです。いつも砂漠に
鉄砲を撃ちに行きますが、その途中にあるんですよ。ちなみに、ここに来る途中のパーム
デールと言う街には、ドラッグレース場があります。以前住んでいたアズサ市の近くには、
最近ドリフトで有名になった(?)アーウィンデール・レースウェイがあります。車の街、カリ
フォルニアですから、レース場は豊富です。

ビンテージバイクのレースと聞いていたので、コレクション自慢の走行会のような催しを
想像していたのですが、観てビックリのガチ・バトルでした。弄り方も半端ではなく、「オリ
ジナルを尊重して・・・」と言うよりも、「走ってナンボ」と言った感じです。もちろん、レギュ
レーションで区分けされてはいますがね(ノーマル限定もあるでしょう)。

この競技はアソシエーションが指揮をとり、全米を周っているそうです。今回はウィローで
知人が主催と言う訳です。このバイク屋さんは、かれこれ14年も、この地での主催者を
しているそうで(日本人ですよ)スゴイですね〜

パドックはフリー(誰でも行き来できる)なので、色々なビンテージ・バイクが見れて楽し
かったです。私的には、現在のモトGP観戦よりもコッチの方が合ってるなァ・・・



今日は予選と言う事で、タイム・アタック的な気合も入っていたと思います。写真はスター
ト前の様子です。レース・ガスの排気臭が鼻にツンと来て、気分が盛り上がりますね。
しかし、スポンサーのトヨタ文字がクド過ぎてテンション・ダウン。






目次  1                  10