4−25−09
ビンテージバイク・レース

カスタムバイク・ショップを経営している知人が主催する、ビンテージバイク・レースを観に行きました。
場所はLA郊外にあるウィロー・スプリングス・レースウェイです。一応インターナショナルなので、御存
知の方も居るかな?禿山の麓を走る、高速コーナーがメインのサーキットです。

暇つぶし程度で観に行ったのですが、なかなか楽しめました。でもな〜、こう言うの見ていると自分も
走りたくなるんですよね〜。一応、ビンテージバイク持ってるし(笑)。とは言え、レースに出るとなると
少なからずお金がかかりますからね。今は我慢だな〜

出場車両は、マニアックなマシンばかり。そう言えば、16日の日記↓で「えのあきら」さんのジャジャの
話がでましたが、モロにあの世界ですね(笑)。ポニテのレナちゃんは居ませんでしたけどね・・・

今回の詳しい模様は、近く垂れモーターにアップしたいと思います。


記念に購入w↓






4−23−09
クーポン券

ホーム・デポ(日本のドイトみたいな店)のクーポン券を貰ったので買い物しました。今回使ったクーポ
ン券は100ドル以上の買い物で有効、10ドル引きとなります。あまり安くないですが、どうせ要る物な
ので纏め買いです。

買った品ですが、メインは仕事で使うダブル・アクション・サンダー。今まで使っていたスナップ・オンは
200ドル以上もしたのに、3年も経たずに壊れ、修理に100ドル以上掛かると言うので破棄!この手
のエアツールに一流ブランドは無意味ですね。3流メーカーと同じで、1年しか保証が無いんですから。
今回購入したのは台湾製ですが、ハスキーと言う有名メーカーなので大丈夫でしょう。値段は50ドル
ちょっとですから、スナップ・オンの1/4です。

さて、あと50ドル買わなければクーポンは有効になりません。何か「ハメられてる」気がしますが(笑)、
要る物を買い足しましょう。前から買う予定だった、モーション・センサー付きのライト。これはセキリュ
ティ用ですね。そして、徳用WD40!これも必需品です。更に、強力殺虫剤!私は虫が嫌いですから、
これも必要です。ちなみに、これを仕事場で使ったら(バルサンの要領)、中に紛れ込んでいたハトも
死んでいました。スゴイ威力です。

・・・あれ、もう100ドルですか。物価高ですね〜

アメリカでは、こう言ったクーポン券の利用が活発です。貧困層の主婦など、財布の中にクーポン券が
束になっており、レジで「使える・使えない」のトラブルで時間を喰いやがるので、基本的に私はコレが
嫌いです。ですがまあ、私も貧困層寄りなので、たまには使って節約しましょう。





4−19−09
トリプル地獄

不味さ3倍です(笑)。嫌、私は美味いと思うんですけどね(毎度)。ここで私が日常食べているものを
紹介する度に、「アメリカ生活を諦めました」と言う人が増えそうで遺憾。まあ、そうする事で、日本の
食生活事情の良さを認識して頂ければ幸いです。

左端の牛肉は、最近紹介したので省きます。右端の鶏肉は・・・甘くてベタベタしています。皮はまあ、
パリっとしてるので、それが唯一の救い。そして真ん中の温野菜ですが、これはヤバイ。凄く薬臭い
のです。なんかもう、ケミカルで出来たフェイク野菜じゃないかと思うくらい。

これで税込みだと5ドルを越えます。日本のコンビニ弁当と同じくらいの値段でしょうか?味は10倍は
違うと思いますが・・・

昔は値段が日本に比べて安かったので、味は我慢できましたが、今や物価高で日本と変わりません。
アパートの家賃や建売住宅なども、日本より高いくらい(LAでは)です。

銃を撃つ代償は、安くはありませんよ・・・





4−18−09
エンジェル射撃場

天気が良かったので、HSプレシジョンと豊和M1500を撃って来ました。

     

↑前から撮った写真は少ない筈・・・標的交換の時に撮りました。




     

自動銃も同じですが、ロッキング・ラグのルブを忘れてはいけません。普段から塗って保管しても良い
のですが、私はベタベタして嫌なので射撃時だけ塗り、終わったら最低限の油膜だけ残して拭き取っ
てしまいます。「レスト射撃の時に、左手はどうしているの?」とメールを貰った事がありますが、写真
のようになってます。拳の握り加減で、上下の微調節をします。これとは別ですが、機関銃も左手は
銃尾(ストック付け根あたり)を握る事が多いですよね。フロントをレストした場合、その方がコントロー
ルし易いのです。




     

左はHSでの結果。右は豊和。やはり、こうして比べると差は歴然としますね(笑)。豊和での一番左
のグルーピングはスゴイですが・・・これは多分マグレでしょう(笑)。まあ、値段もバレル製法も違う
ので(HSはカット、豊和はコールド・フォジド)、これは違って当然です。土俵が違います。ちなみに、
HSはアキュライズされたリロード弾(いつものレシピ)で、豊和はフェデラル・ゴールドメダル・マッチを
使用。

ところで、HSの結果では、サイト・アジャストも弾薬の変更もしていないのですが、3つの標的ごとに
着弾点が微妙に異なっていますよね。これは何故か?メールでも質問があったので、これは近くFA
Qで説明します。嫌、ヘタの言い訳じゃありませんが・・・、まあ・・・結局ヘタなんですけどね(爆)





     

グルーピングを確認した後は、お楽しみの鉄的撃ち。最近は600ヤードばかり撃っていますが、マン
ターゲットの胴体レベルなら必中なのですが、ヘッド・ショットとなると難しい!今日は円で囲った子豚
の的ばかり撃ちましたが、必中には至らず。こうなると、風読み等も重要になってきますね。

右の写真は、射場傍の用品店。以前に行っていた「リローディング・センター」と言う専門店が潰れて
しまったので、今後はここで揃えようかな。ターナーズは安いけど、品数が少ないですからね・・・





4−16−09
目玉?

チョッパー製作は、金欠にて遅々として進みませんが、何とかイーベイでヘッドライトをゲットしました。
この手のアンティーク・ライトは高いんですよね。かなり粘ったのですが、結局70ドル払う事に・・・。
それが今日、届いたのですが、なかなか良い感じです。これなら70ドルも納得・・・と言い聞かせる。
これはイギリスのWIPACと言うメーカーなのですが、何時頃の何のライトなのかは不明。そもそも、
バイクのライトだったのかな?両脇のステーはバイクそのものですけど・・・スクーターの物かなァ?



     

スイッチは、ボディに直付けというシンプルさ。中を開けて驚いたのですが、見た事も無い巨大な6V
電球が入っていました。こんなのあるんですね〜!デザインから考えても、かなりの骨董品みたい。
こんな電球では交換時に困るし、そもそも6Vじゃ使えないので、普通の12V電球用に改装しました。




じゃじゃーん!仮付け(笑)
かっこいい!かっこいいよアンタ!なんかこう・・・「電車?」そんな感じだ。

いいね〜・・・夢膨らむ43歳(独身)です。

そう言えば、最近、サンデーGXコミックスの「ジャジャ」と言う漫画が気になっております。かなりマニ
アックな内容だそうで、知人に薦められました。

コレですね


何とか入手したいです。・・・ってゆか、作者の「えのあきら」さんって、エロいのも描いてましたよね。
結構好きでした(笑)。




4−14−09
バワー組み立て

・・・これで合ってますか?(爆)

完全分解したのは良いが、怪我で数ヶ月放置してしまったので、記憶を辿りながらの組み立てが大変
でした。髭バネを使う類の銃は、組み立て難いですね。この銃も、髭バネが巧みに配置されて、複数
のパーツにテンションを掛けています。詳しくは、近日中に武器庫のコーナーを更新しますので改めて。

自分で言うのもナンですが、私はメカには割りと強いので、今まで「組み立てられなかった銃」と言うの
はありません。分解時に順番を覚えなくても、何とか組み上げてしまいます。しかし、根がそそっかしい
ので、バネを飛ばして紛失したりと言った失敗は何度もありますね。おかげで、バネを飛ばした瞬間に、
冷静にその行方を目で追う反射神経は研ぎ澄まされました。(てゆか、飛ばさないように注意するのが
肝心ですね・・・orz)

この銃ですが、今回分解して、部品の摩耗が激しい事に気付きました。ディスコネクターの「当り」が
悪かったようで、若干の異常摩耗も見られます。借り物の銃ですが、今後はあまりバンバン撃たない
ように、持ち主に伝えておきましょう。

追記
ニュースで、海賊を狙撃したシールズの事を報じていましたが、手際よい狙撃は流石ですね。日本の
自衛隊や警察も、見習って訓練に励んでほしいものです。日本の場合、現場よりも指示を出す側や
結果を評価する大衆に問題が多いですけどね。隊員さんはその辺、愚痴らずに頑張って下さい(笑)。
「殺る時は殺る」このケジメが肝心です。




4−8−09
ゴージャスな、お掃除タイム!

砂漠で撃ってきた銃をお掃除です。ゴージャスな顔ぶれですね。P38もP08も、ロッキング・レバーを
解除すれば、スルスルと分解されるのが、毎度気持ち良いです。M1911は、リコイル・スプリングを
ビョーンと出したり、組み立ての際はスライド・ストップの穴を探ったりと、どうもスマートさに欠けますね。

私は所謂「モデルガン世代」であり、「撃ったらお掃除」の習慣がついているので、こう言った作業が
苦になりません。エアガン世代は嫌がるだろうなァ・・・私でも面倒ですから(←苦になってるじゃん)。
まあ、先延ばしにすると余計に面倒になるので「楽しいのだ」と自分に言い聞かせて決行するのです。
写真では写っていませんが、SKSも撃ったので手入れしました。これなど、コロシブプライマーを使って
いるので、手入れをサボると直ぐに錆びてしまいますからね。共産国のミリタリー・アモを使う方は要注
意ですよ。



ゴージャスな(?)お食事タイム!

デブじゃありませんのだ(狭いネタ)。これは日本のと比べてどうなんでしょ?私も日本で随分食べまし
たが、もう忘れてしまいました。見た目はオリジナルと似ていると思うのですが、日本から最近来た人
に言わせると、「ちょっと甘い」らしいです。タマネギにも味が染みていますが、これは時間帯や店によ
って大きく変わります(笑)。仕事が適当ですからね・・・

値段は写真の単品だと3ドル75セントと、かなりお安いです。この安さが魅力で、私は良く食べます。
蓋は実験材料にもなるし↓(笑)。




4−4−09
ピストル射撃のリハビリ

先月の怪我で、一時はピストルを握って保持する事すら困難でしたが、お陰様で順調に回復しました。
今日はリハビリを兼ねて、砂漠で実射です。9mmパラのP38とP08で慣らした後(この写真は後日、
武器庫でアップします)、45ACPの片手撃ちに挑戦!

それが上の連続写真ですが(上手く撮れてるでしょ?モータードライブは使ってませんよ)、いやァ・・・
結構キツイ。やはり45ACPの反動は、9mmパラとは全然違いますね。2マガジンで手首が痛くなって
止めました(繋がった腱よりも、手首の関節が辛い)。暫く撃っていませんでしたからね。無理はせず、
徐々に慣らして行きましょう。



さて、上の写真が何だか分かりますか?これは以前に質問が何通か寄せられたのですが、「マズル・
ブラストが、スライド後退の動力として加担していると言う話があるが、嘘?本当?」と言うものです。
最初は何のことだか分かりませんでしたが、要するに、銃口から噴出したブラストが、スライドの前面を
押し戻していると言うらしいのです。「冗談でしょ!?」とお返事には書きましたが・・・妙に気になる。

と言う訳で、実験してみました(笑)。まるで怪我した犬に付けるカラーみたいですが、大真面目です!
ブラストにスライドを押し下げる勢いがあるならば、写真のシャンプーハットもどき(吉野家牛丼のスチ
ロール蓋を丸く切ったw)など、軽く吹き飛ばす筈ですからね。

さあ!結果や如何に!?近日中にFAQにアップします。甲御期待!(誤


さて、まだあります。今回、久々に砂漠の秘境(射撃可能なエリア)に行ったのですが、いつもの場所は
残念ながら「禁止区域」になっていました。風力発電の施設と送電線が出来た為と思われます。なので、
別の区域を探しての射撃となりました。全面禁止になるのも、時間の問題かなァ・・・?





直接来られた方の為に・・・ウェルカム!
トップページに行く