3−30−09
心のリハビリ(笑)

痛い思いをすると、トラウマになってしまいますからね。身体は治っても、心の傷で再起不能になる
人も居るでしょう。繊細な心を持つ「たかひろ」は、そんな苦難を乗り越える事ができるのでしょうか?

↓乗り越え(早

     

トラウマどころか、「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」的な懲りないタイプなので、むしろ、痛い記憶を刻み
込んだ方が良いくらいです。左の写真、赤矢印で指したのが、加工途中で怪我をしたパーツです。
今日は屈辱を晴らすべく、加工の続きを行い完成させました。痛い思いをした苦労が報われ、ピッタリ
フィットしました。これはハンドルのベアリングを押さえるパーツですが、カスタム・バイクは、この様に
現物合わせで組み立てて行くので時間が掛かります。

写真右は、だいたいの仮組み。フロント・タイヤは、もっと細い18インチのヤマハ製スポーク・リム+
ドラム・ブレーキが付く予定です。ガスタンクは日本車のを改造して付けるつもりで、途中まで造った
のですが、なんか形状がイマイチなので、元々付いていた3.5ガロンを付けて見ました。

さて、今週末には射撃のリハビリでも行ってくるかな?ちょっと前には、銃を支えるだけがやっとでし
たが(数日前の日記参考↓)、今はもう45口径を片手で撃てるかな?





3−28−09
後遺症?

     

傷口もすっかり塞がり、以前と変わらない日常生活がおくれるようになりましたが、中指を突っ張る方
向(握る方と逆)の動きだけは、どうしても完全に元通りとは言えない状況です。これによって、中指を
上に突き上げる「ファック・ユー」が上手く出来なくなってしまいました(写真右)。これでは、トロい車に
クラクションを鳴らして悪態をつく時に困ります。

・・・はい、冗談です。私はジェントルなので、そんな事は時々しかしません。

これは、恐らく腱を繋げる時に引っ張りが不足していた?或いは繋がるまでの間に、伸びてしまった?
そんな気がします。机に手を伏せて、指を持ち上げる事が、中指だけ出来ません。ですが、写真左の
様に、真っ直ぐ伸ばす事は出来ますし、それ以上に反り返す事は、あまり重要な動作ではないので支
障ありませんけどね。(自力で反り返せないだけで、折り曲げる事は出来ます)

あと、握力が未だ完全に復活していません。しかしこれはリハビリを続ければ回復するでしょう。元々
60kg以上あったので、現在が半分の30kgだとしても、日常生活には十分ですけどね。空挺時代に
せっかく鍛えたので、頑張って元通りにした方が良いでしょう。

↓このように、細かい仕事も・・・

って、怪我で長い事放置したので、組み立て方を忘れました(爆)。





3−23−09
飯ネタ

     

右手の傷口が、ようやく塞がったので(でも通常に比べると、治りは異常に早いみたいw)、リハビリも
少し思い気って出来るようになりました。その甲斐あって、フォークなどは普通に使えるように!喜び
の晩飯です。

例によってアメリカンと言うか、メキシカンというか・・・微妙です。写真左がチキン・ファジータで、右が
テリヤキ・ビーフです。味は・・・私は美味いと思うけど、日本の皆さんは、恐らく口数が減って、やがて
フォークを置いてしまうと思われます。この辺を克服しないと、アメリカ生活は出来ません。まあ、金さえ
あれば高級レストランで美味い物が幾らでも喰えますけどね。貧乏な私は、こんな外食さえ贅沢です。
ちなみに、最近は外食産業も値上げが激しく、写真のプレートも7ドル以上します。数年前はボリュー
ムが写真の1.5倍くらいあって(マジで)、値段は5ドルちょっとでした。今は外食も、日本の方が安い
んじゃないかな?




3−19−09
右手のリハビリが進まぬ中、左手が虎視眈々と利き腕の座を狙う今日この頃

右手のリハビリですが、一定以上に指を内側に曲げようとすると、傷口が突っ張って開いてしまいます。
やはり傷口が完全に閉じるまで、箸を使ったり、字や絵をかいたりするのは無理みたいです。焦りは
禁物ですね。まあ、仕事は何とかこなせるので良しとしましょう。

そんな中、上記の作業を代わりに行う左手が、猛烈な勢いで発達しております(笑)。以前も、遊びで
左手で字や絵をかいたりしましたが、「今さら右手の代わりは出来ないよな〜」と言うのが結論でした。
しかし実際に「左手しか使えない」状況に陥ると、潜在的な適応力が発揮されるのでしょうね。

そんな訳で、以前にアップした「左手落書き」も、徐々に出来上がってきました。

写真などはトレースしてませんよ(笑)!パースだけツールで引いて、その上から根性で線を描きます。
時間が掛かるのが難点ですが、慣れれば解決すると思います。ただし、一つ気付いたのは、どんなに
右手に追いついても、画力自体は決して右手を超えることは無いという確信です(笑)。まあ、脳は同じ
ですからね・・・orz

脳も替えてェ・・・





3−16−09
復活・・・?

ギプスはとりあえず外れましたが、復活と言うには程遠いですね。未だ傷口の腫れが完全に引いてい
ないので(8針縫った)、突っ張る感じで他の指も上手く動きません。2週間、ギプスで固定されていた
のも原因でしょう。傷口が完全に塞がったら、本格的にリハビリしますが、それまでは繋がった腱が再
び切れないよう、マッサージしながらゆっくり動かす事にします。動かさないと癒着してしまうので、難し
いところですね。

今日は仕事をしてきましたが(笑)、物を掴んだり、押さえたり程度は出来るので、丁度良いリハビリに
なります。力仕事や細かい事は、左手でカバー。・・・左手、頑張っていますよ。

写真は、何とか銃を掴んでいますが、「支えるのがやっと」と言う感じです。もし、この状態で発射したら
銃が後ろにスッポ抜けるかも?・・・ああ、嘆かわしい。

それで思い出したのですが、ロス五輪で金メダルを獲った蒲池選手(RFP競技)も、現役時代に草刈
り鎌で作業中、誤って右手の人差し指と中指の腱を切り、一旦は引退した時があったそうです。しかし
リハビリの末に復帰し、その後、金メダルを獲ったのです。そのお話を、私は御本人から直接伺いまし
たが、曰く、「指に余計な力が入らなくなったので、かえって都合が良くなった」そうです。本当なのか、
根っからポジティブなのか、やはり世界一の人は違います・・・

(↑上記の出来事は、蒲池猛夫氏御本人より、新聞・雑誌などに既に公表されています)

そんな偉大な方の話を思い出したら、リハビリにもやる気が出て来ましたよ。






3−12−09
左手でお絵描き

右手が回復するまで、左手にお絵描きを仕込む事にしました。
笑って下さい・・・

     

ここまで来るにも、けっこう練習したのですが、どうしても線が真っ直ぐ引けない。デジタルなので、やり
直しが簡単なのが救いですね。右は某所の落書き板をお借りしましたが、この辺は右手と大して変わら
ない?元々、ヘタクソですからね(笑)。

フォトショップを使っての製作でも、果てしなく時間さえ掛ければ、最終的に右手と変わらない見栄えに
なりました。

左の「お母さん」は5時間くらい掛かったか?線は「やり直し」せずに、ブラシ→消しゴムを、ひたすら繰り
返して、最終的に一本の線にします。ちょっと邪道な気がしますが、真っ直ぐ線が引けるまで特訓してい
たら1年は掛かりそうですからね。

それにしても、右手は一切使っていないのに、左手で描いている時は、右手もカチカチに緊張するのが
不思議でした。まるで「俺の仕事だ!代われ!」と抗議しているみたい(笑)。う〜ん、脳が活性化する
かもしれない?





3−10−09
ニュー・ギプス!orz

昨日でギプスが取れると思っていたのですが、「ダメダヨ」って感じでした。また一週間「小森 霧」です。
絶望先生は女生徒にモテモテだから嫌いですちなみに。

んで、今回のギプス(片面だけホールドするのは「シャーレ」と言うみたい)は、手の内側に付くタイプで、
指が一直線になり(最初のギプスも、こうあるべきだったのでは?)、思わず「敬礼」したくなりますね。
包帯はバンド固定なので着脱出切るのですが、傷口を見ると、手術の為に大きく切って縫合してあり
(5センチくらい)、思った以上に「重傷」だったようです。筋は繋がったみたいですが、完全に元通りに
動かすのは難しいかも?リハビリは必須でしょうが、現在、左手を猛特訓中です(笑)。





3−8−09
気晴らしにポモナ

怪我で一週間、篭りっきりだったので、久々にポモナのカーショウ(兼スワップミート)に行ってきました〜
金が無いので、以前の様に車は買えませんが、まあ冷やかしですね。

          


ポンティアックGTOですが、これは更に珍しい「ザ・ジャッジ」モデル。サイケなロゴが時代を感じさせます。




          


珍妙なロッダーを発見。只のウケ狙いかと思いきや、結構有名な車みたい。1万3千ドルのタグを消して、
1万2千に勉強してるのがワラタ。




          

↑バリアント・・・つーか手が自己主張し過ぎですね。明日でギプスが取れる筈なので、記念撮影も兼ねて
いるのです。右の機関車はポモナ会場の常設展示です。




     


短い時間でしたが、速攻で物色し、納得の品々をゲットしました。大物はハーストのシフター(20ドル)と、
ハーレー純正タコメーター(5ドル)ですが、バイクのスワップミートでも見つからなかった、チェーン・アジャ
スターのネジを2本(2ドル)見つけたのは奇跡でした!諦めて新品を20ドルで買うつもりだったので、大
助かりです。他、小物合わせて合計30ドルの買い物。入場料が8ドルなので、元はとれましたね。




          


ランチ・ターイム!ガーデナまで戻って食事。いつものベトナム・ラーメン(ホー)です。私はこういう「薬草
系?」は好きじゃないので、もやしだけ追加して食べます(既に入ってる緑の葉は我慢で食う)。肉入りの
上に、海老を追加注文で入れてあります。薬味の右上の写真は、調味辛子で激辛!ちょっとだけ入れ
ます。これで7ドルくらいかな?けっこう美味いですが、やはりラーメンは日本の「カンスイ」が入った黄色
い麺が一番ですね・・・道産子だし。

ところで、左手が感動的な程に仕事を覚えつつあります(笑)。箸も使えるし、パソコンのマウスも完璧。
右手が復活しても、このまま調教しようかな・・・

と言う訳で、金無し不完全体なりに、充実した一日でしたの。





3−6−09
歩鳥げとー!

近所のブックオフ(最近トーランスにできた)で「それでも町は廻っている」を見つけました。残念ながら
1巻は無しで、2&3巻だけしかありませんでした。中古を買うのは作者さんに申し訳ないのですが、
本屋にも在庫はありませんからね(全般に品薄)。米国で日本の本を買うのは一苦労なのですよ・・・。
1巻と4巻〜は新品を取り寄せるので許してください作者。

いいですね、この漫画。何か懐かしい感じがするのは、狙ってやってるのかな?何れにせよ、私には
丁度良い按配のスタンスですね。萌えの本質が見え隠れする良作です。その昔、何気ない宣伝広告
などに描かれた挿絵の女の子に、強烈な萌えを見出していたあの頃を思い出しましたよ。(←変態)

嫌、分かる人には分かって貰えるさ・・・

追記
この本、良く見たら「少年画報社」なんですね〜。ヤングキング連載かァ〜・・・懐かしい。大石まさる
先生の作品も取り寄せて貰おうかな〜

それ町は、アニメやドラマ化はされて欲しくないですね。この「良さ」は作者にしか描けないと思う。
アニメは兎も角、最近のドラマは陳腐だしねェ〜





3−4−09
ひまつぶし・・・

先日の怪我で、仕事は休暇をとったのですが、しかし右手意外は健康な訳ですから、暇で仕方があり
ません。とりあえず、手持ちのDVDやゲーム、小説などを楽しみ直しています(暗い・・・)。DVDはスピ
ルバーグの戦争ドラマで、血まみれの負傷兵がリアルに描かれるシーンなどを観て「俺の怪我なんて
陳腐だな」などと、「自分より悲惨な例を見てハッピーな気持ちになる」セコイ手段で愉しんでおります。

ゲームは当初、レースゲームをしたのですが、繋がり掛けていた筋が「グキッ」となったので、慌てて
止めました。仕方なく、手にマイルドなギャルゲーで愉しんでいます。精神的にも癒されるかな?と思
いましたが、イベントやフラグがなかなか出ないとイライラするので、もっぱら攻略が簡単な娘のお世
話になっています。

小説は、病院臭い渡辺淳一シリーズです。最近の不倫一色のものでなく、初期の頃のが好きですね。
骨の治療などのシーンが多いので参考になります(作者は元医者)。

・・・しかし、これらの暇つぶしネタでは、今日までが限界っぽいので、明日からは違う遊びを考えよう。
近くにブックオフ(日本と同じの)があるので、マンガ本でも仕入れて来ようかな?最近、「それでも町
は廻っている」って漫画に興味があるのですよ。単行本あるかな?




3−1−09
ハート様再び!?

「いてェよ〜!!」
以前も仕事で手を負傷してハート様と化した事がありましたが、またやっちゃいました。今回も手の甲を
ヤラレたのですが(手持ちグラインダーの刃が欠け、暴れて手からスッポ抜け、回転する刃が手の甲に
ヒット)、前回よりも傷は深く、悪い事に中指の筋を切ってしまいました(しかも利き腕)。血は直ぐに止ま
ったのですが、中指が持ち上がらないので救急病院に直行。しかし、筋専のドクター(?)が居なかった
ので、手術を受けたのは、8時間も待たされた明け方の5時!まあ、筋は一応くっついたみたいなので
(未だ安心できないが)良かったです。

現在は写真の状態なので、もう何から何まで不便!仕事は勿論、バイク乗りや射撃、お絵描きから、
夜の独り遊びまで不自由です(最後のは左手でも意外と良いかもw)。冗談はさておき、こう言う状況に
なって健康状態の有難さと、身体障害者の苦労が身に沁みてわかるのも毎度の事ですね(喉元過ぎ
れば〜と言うのも毎度だが)。

今回の事故の反省点ですが、上の写真の保護手袋は駄目ですね。手の平よりも重要な手の甲が、一
部しか皮でカバーされていません。今回はギリギリ運悪く、布の所にヒットしたのです。全部皮であれば
筋まで切らずに済んだかも知れません。ケチらずに、全皮製を買った方が良いです。グラインダーの刃
欠けは良くあるので仕方ありませんね。保護を万全にするしかないでしょう。


さて、これで暫くは仕事が出来ず大損害。更に、後遺症と治療費の請求(今回は仕事とは別だったので
治療費は自腹 orz)に怯える日々になりそうです・・・

追記
キーボードを打つのも一苦労なので、最近遅かった更新ペースが更に遅くなりそうです。
何卒ご了承の程を。






直接来られた方の為に・・・ウェルカム!
トップページに行く