11−29〜30−08
一泊二日でデスバレー・ツーリングに行く

     

本当は27日のサンクスギビングに行く予定だったのですが、諸事情あって29〜30の土日を使って行
ってきました。バイクは勿論ダビッド村(青い方)。AMF時代のショベルヘッドでデスバレーに行くなど、
文字通り「デス行為」に等しいと言われていますが(本当?)、本当でした。バイクのトラブルとしては極
ありきたりではあるが、状況的には超ヤバイ事態(特Aクラス)に見舞われ、さすがの私もシビレました。
トラウマになって暗闇恐怖症の少年になったらどうしようかと思いました。私は少年じゃないですけどね。
まったく、思い出しただけで前立腺が打ち震えますよ・・・

とりあえず今日は疲れたので寝ますが(明日から仕事だし)、後日垂れモーターの方で愚痴りたいと思
います。





11−25−08
今月9日に購入したFLHのその後・・・

と、その前に・・・
最近、サイトの更新がサッパリなので胸を痛めていたのですが(てへ)、常連さんから「ブログを更新して
るから良いじゃないですか!」と言う暖かい御言葉を頂いたので、益々お言葉に甘える所存であります。
たかひろは、甘やかすと何所までも堕ちて行く奈落の男です。堕ちるぅぅぅ〜(古

本題ですが、「新しく買ったFLHイイっすね!調子はどうですか!?」と言う御便りも頂戴しました。

うん、良い質問です。



          購入          アンニュイ            完成
           ┝━━━━━━━━━━┿━━━━━━━━━━┥
    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /
   |    ( _●_)  |ノ /   今このへん
  彡、   |∪|    ,/
  /__  ヽノ   /´
 (___)     /


       



う〜ん・・・マンダム。

つーかですね、フレームが一部曲がっていたりしてイヤンな感じです。

さあ、何所が曲がっているでしょう?曲がっていると言うよりも、一部が変形してる感じですね。

仕事が暇になったら、職場のフレーム修正器(4輪用ですが)で直す予定です。エンジンはクランク・
ケースを除いて分解。このバイクは本来74ci(1200cc)なのですが、アルティマのフライホイールに
H断面コンロッドが組まれ、ストローク4.25インチ×ボア3.5インチ、つまり80ci(1340cc)にモデ
ファイされていました。喜んで良いのかガックリして良いのか・・・?まあ、何れにせよ、誰が組んだか
得体の知れないダビッドソンは、月に代わって総バラシです。

今後、この垂れブログでも状況を報告しますが、完成したら垂れモーターの方に纏めたいと思います。





11−23−08
バイクのスワップミートに行く

1年半ぶりにロングビーチのバイク・スワップミートに行ってきました。ところで、私は今まで日記など
つけた事がありませんでしたが、この垂れブログによって、過去に何所で何をしたか分かるようにな
りましたね。今回も「一年半ぶりに〜」と分かったのは、過去の垂れブログを見て調べたのです(笑)。
そうでなければ、前回行った日時など絶対思い出せません。(基本的にアホ)

さて、今回は生憎の曇り空だったので、バイクの集まり具合はイマイチでした。

          

店仕舞いも早めだったので、急いでパーツを物色!今回の買い物は、今月買ったFLH用のパーツ
です。チープな社外パーツを、当時の純正部品に戻そうと言う崇高なテーマです。金は無いですが。

じゃじゃーん!

     

バッテリーのカバー(5ドル)はちょっと怪しいですね。これも社外品だったかも(爆)。オイル・タンクは
完璧純正ですが、塗装を剥がして塗り直そうとしたけど面倒くさくなって放置したら錆びた感じの逸品。
これは10ドルでした(安い)。そして掘り出し物のロックハートのオイル・クーラーは20ドル!オーク
ションだと40ドル以上するんですよね。青いナンバー・プレートは当時(70年代)の色で、現在付いて
いる白い現行プレートが嫌なので、いずれDMV(車両局)で写真の青いプレートに換えてもらいます。
米国はその辺の融通が利くので良いですね。このプレートは結構高くて、20ドル払いました。換える
のに更に数10ドルの手数料が掛かる筈。

イーベイも便利ですが、こうしたフリーマーケットも買い物本来の楽しさがあって良いですね。入るのに
8ドル掛かりますが、イーベイの送料一回分と考えれば安いものです。




11−20−08
九七式狙撃銃の撮影・・・の失敗作

ちょっとテカテカし過ぎた感じです。この後、何枚か撮って上手く行きました。アズサのガレージでは
天井に断熱用のアルミが貼り付けてあり、照明の一つを真上に向けて照射すると、丁度良い感じの
間接照明になったのですが、こちらの屋根にはありません。大きなレフ板が上に一つ欲しいですね。

タングステン照明は熱を多く発生しますが、今の季節は丁度良い暖房代わりになります(笑)。夏は
ウンザリしますが・・・

九七式狙撃銃は今年中にアップできるかな?「当てにならない予告」が、最近は本当に当てになり
ませんからね。困ったモンだ・・・




11−15・16−08
山火事!

昨日(15日)にアップする予定でしたが、疲れて机で寝てしまいました。

LA郊外で山火事がありまして(恒例)、私の居住区からも御覧の通りの有様!夕日じゃなくて、煙で
こんな風になるのです。灰が雪虫の様に浮遊します。きな臭い空気と、喉の痛み・・・そんな中でも、
元気にバイク弄り!

有毒ガスを発生する剥離剤を使って、塗装を剥がしますので、山火事の煙などは屁でもありません。
ブラシを掛ける度に、液が腕や顔に散って痛いのなんの!




16日分↓

友人がメールで写真を送ってくれました。何かと思えば、引越し直後に大掃除をしている写真です(笑)。
歳の割りに動きがクイックな私なので、写真もブレています。

んで、本日の晩酌↓

サッポロビールも普通に買えちゃいます!まあ、日本のマーケットだからですけどね。烏賊と里芋の煮
物も美味しい!そしてもう一つの肴はコルトM1917(笑)。サイコーですな・・・





11−9−08
1974年式FLHが入庫

     

74年式のFLHを衝動買い。4台目のバイクです。アホは承知の上ですが、掘り出しモノだったので
漢買い(笑)。まあ、こう言う時の為の「独身生活」ですからね。自由を謳歌する「たかひろ」は、神で
すら止める事は出来ません。嗚呼!バラ色です!脳みそが。

さて、今回買ったバイクは車台番号が2AなのでFLH、既に持ってる青いのは7EなのでFLH−S、
この場合、サイドバッグなどのフル装備仕様は2Aが純正な訳です。7E(FLH−S)はスポーツ・タ
イプなので、装備が無いのです。つまり、上の写真の青黒2台は装備が逆なのです。

と、言うわけで、暇をみて青い方の装備一式を黒い方に移植する計画です。今までの青い方は装備
が無いFLH−S本来の姿になる言う寸法です。

入庫した黒いFLHですが、これも中々の曲者で、笑えるネタが結構あります。毎度お馴染みの「アメ
リカ式オーバーホール済み」車両ですからね。アメリカ人ってのは、本当に・・・まあいいや。近々、垂
れモーターで紹介しましょう。





11−8−08
オイシイ仕事?

事故車の修理なんて、重労働で割に合わないのですが、それでも稀に利の良い仕事が入ることが
あります。コチラがその車・・・↓

新車のアコードで、かなり前が潰れているのですが・・・

御覧のようにフレーム部分は上手く避けて、上だけが削がれる感じで潰れています。フレーム修正
のレイバーは保険会社から貰いますが(少しは曲がっている)、実際は軽い補正で治り、後はひたす
ら部品を交換するだけです。


     

とりあえず、ラジエーターやサポートを外し、丸裸にします。この状態で、再び保険会社と交渉ですね。
この手の仕事は「オイシイ」とは言え、注意する点もあります。上の左写真はトランスミッション部分で
すが、各種センサー(センダー)、ソレノイドだらけで、配線もあちこち張り巡らされています。こう言っ
たハーネスが潰れた金属片で寸断されている事が多いのです。鋭い鉄板が刺さった場合、切り口は
目立ちませんので、見落としがちです。修理が終わってエンジンを掛けたら、ワーニングランプが1個
消えないとか、電子部品の作動が異常など、頭を抱えるハメになります。なので写真の状態の時に、
入念に調べる必要があります。この辺が普通のメカニック修理と異なる点ですね。

と、言ってる矢先!

ありました(笑)。ハーネスに数ミリの切り口があったので、剃刀で開いてみると、太いホット・ワイヤー
が見事に断線していました。やれやれ・・・


一仕事終えて、ランチ・ターイム!

テリヤキ・ハンバーグ・プレート・・・(笑)。毎度お馴染み「見たまんまの味}です。私は美味いと思うけど
日本の味に慣れた人はダメでしょうね。私も最初は苦労しました。





11−7−08
最新ハーレー雑誌購入

久々に日本の書店に行きまして、銃雑誌は相変わらず見かけず(注文しないと来ない)、車やバイク
関係の雑誌に目をやると・・・何かすごく艶かしいハーレー雑誌が・・・

おー、バイブズですな。日本に帰った時にも見かけました。中を見ると、私と同類のむさ苦しいオッサン
の汗臭い写真が沢山あって思わず本を閉じようと思いましたが、しかしまあ、嫌な事から目をそむけて
はイカンと思い直し、思い切って買いました。980円の本ですが、こっちでは輸入本なので高いです。
日本感覚で2千円くらいかな?

忙しかったので、未だザっとしか読んでいませんが、日本のチョッパーも本格的になりましたね。スタ
イルも多様で、情報が行き渡っている感じでした。カリフォルニアはバイク天国ですが、それでもチョッ
パーは殆ど見掛けませんね。イベントなども日本の方が充実しているかも?

んで、ショベルヘッドが高値で取引されているのに驚きました。米国では値段は新しい順で、パンまで
行ってやっとプレミアが付く程度です。まあ、ショベルも何れ希少になるでしょうが。


さて、写真右は私が高校生の頃に買ったハーレー本です(笑)。もうボロボロですが、歴史からメカま
で一通り分かる良い本です。表紙のイメージにバイブズとは大きな差がありますが(笑)、当時は未だ
FXSがデビューした頃で、「ハーレー」と言えばポリス制服で団体で走るキンキラのFLHと言うイメー
ジだったのです。ハーレーの雑誌なんて皆無だったし。とは言え、私はあの頃からFL贔屓でしたね。
やはり真髄はFLだろうと・・・今もその考えは変わりません。ポリス制服で団体で走るのはちょっと嫌
ですが。最近はアイアン・ヘッドのスポーツスターも興味がありますね。

ちなみにこの本、池田書店から発行されていますが・・・今はもう売ってないですよね?


追記
バイブズの表紙のモデルがヘア・ヌードを披露していた。ありがたやありがたや・・・




11−2−08
付近探索

山の麓だった以前のアズサと違い、今回越して来たガレージはロングビーチの近くなので、港や工業
地帯が沢山あります。自然の景色も良いですが、こう言ったインダストリアルな絵も私は好きですね。
そんな訳で、日曜の散歩がてらに(バイクで)探索してみましょう。



↓電気、オイル、貨物列車、船、などなど・・・ 写真右の貨物船は満載ですね。

     




↓写真左は、背の高い船が通過する際、真ん中部分が持ち上がる橋。その部分は格子状の金属で
出来ているので、下が見えます(怖い)。「滑り易いのでバイクは注意」の看板があります。写真右の
巨大な「かすみ網」のような鉄塔は何かスゴイですね。空は高圧線だらけです。

     




↓列車のタンカー。100両連結くらいのが踏み切りを通過すると、車は大迷惑します。列車の向こう
をマックのトラクターがホッパー・トレーラーを引っ張っています。そして写真右は散歩の相棒(笑)。

     







直接来られた方の為に・・・ウェルカム!
トップページに行く