2−28−08
エレクトラ・グライド・イン・ブルー

パスポートが切れてしまったので、戸籍謄本を故郷から取り寄せたのですが、ついでに超マイナーな映画
DVDを同封して貰いました。弟はこう言ったレアなムービーを探して来るのが得意なのです。

御存知の方は少ないかと思いますが【グライド・イン・ブルー(邦題)】です。以前当サイトの何所かで【バニ
シング・ポイント】と言う映画の話をしましたが、それと似た雰囲気のアメリカン・ニューシネマです。公開は
1974年。数十年ぶりに観ましたが、やはり子供の頃に観た時とは印象が少し異なりますね。昔はバイクや
銃にしか目が行きませんでしたが(笑)、労働者キャリアを重ねた今では映画の本質が見えた気がします。

ストーリー的には単純なので、説明は敢えてしません。雰囲気重視かな?とは言え、映画【イージーライダ
ー】ほどは抽象的でありません。むしろ正反対。何たって主人公が白バイ警官ですからね。しかも、チビで
おっさん臭い風貌の「冴えない」感じなので、リアリティと言うか・・・親近感が沸きますね(個人的には特に)。
同じ白バイでも、TVドラマの【ジョン&パンチ】的なヒーロー物とも全く異なります。ある意味「異質」?私が
最も好きなジャンルですね。偽善まるだしのアメリカンは個人的に好きじゃありません。適度に暗いのが吉。

マニアックな見所としては・・・

シリンダーとバレルがニッケルのパイソン4インチモデル
初期コーン・ショベルの白バイ
必殺フロントフェンダー蹴り(笑)
青いエレクトラ・グライドに砲弾メーターが装備されていた。これは今回の新発見で、米国にてオプションの
砲弾型メーターは全く見た事が無かったので、日本で製作された物と思っていましたが、違うのかな?

マニアックな駄目出しとしては・・・

銃の取り扱いが警官っぽくない
銃声が「バキューン」
バイク・チェイスでフィルム早回し(笑)
制作費を掛けていないので、全体的にチャチ(そこが魅力でもあるが)

まあ細かい事はさて置き、あのラストシーンはビジュアル的に値打ちモンだと思います。





2−20−08
M1500をディープに分解!

どうせなら隅々まで紹介しようと、頑張ってバラしましたが・・・今月アップできるのか?引越し準備もあって
部屋は「てんやわんや」なので、ちょっとヤバイかも?その反面、引っ越してしまえば広いスタジオ撮影が
出来るので、その方が良いかな?と言う気もしますが・・・

今回、トリガー周りをバラしたのですが、分解する際の注意事項をひとつ発見しました!これを知らないと、
部品を痛める可能性があります。私ももう少しで「やらかす」ところでした(汗)。詳しくはCMの後に!(誤)

今月アップできるかも怪しいのに、そんなに引っ張って良いのか!?





2−17−08
引越し準備!

窮屈なダウンタウンに別れを告げて引越し成るか?未だハッキリしないのですが、今の内に準備を開始。
しかし・・・ガラクタが多過ぎますorz

いつも整理を始めて1時間もしない内に挫折してしまいます。一番厄介なのは・・・↓

          

弾薬です。一応言っておきますが、この貯蔵量(?)は一応リーガルです。日本みたいに細かい規定はあ
りませんからね。ショットシェルの空ケースは、嵩張るので捨ててしまいたいのですが(写真の箱が他に5
個あるw)・・・でも、AAのシェルは中古でも結構な値段で売られていますからね。捨てると後で後悔しそう
なのでキープします。

そしてリロード機材↓

     

こわれものなので、分解して箱に詰めて移動です。最セッティングが面倒です。・・・箱から覗いているメット
は何だ!?(笑)

そしてこんなモノ↓まで部屋に持ち込んでしまったので・・・

もし無事にガレージに移動できれば、向こうは広いのでスッキリすると思いますが・・・

しかし、ガレージとして機能させるには電気を引いて(その時に税金が数百ドル掛かる)、エア・コンプレッ
サー等の最低限の設備を整え、便利に使えるようになるまで数千ドルは掛かる筈です。家賃も余計に掛
かる訳ですからね。今年は少し頑張って稼がないと・・・(汗






2−12−08
マイ・ガレージ

バイクが3台にもなって、尚且つ鉄砲イジリや撮影スタジオなども欲しかったので、賃貸のガレージを借りる
事にしました。何年も前から計画していたのですが、なかなか良い物件が無かったのです(私が金銭的に
渋いのでw)。しかし今回、以前の垂れブログに登場した【家具職人の友人】が借りているモールにて一件
空きが出たと言うので、話を訊くと条件がピッタリだったので(安い)暫定。未だハッキリとは分かりません。
3月くらいまでには結果が分かる筈。

で、その物件なんですが・・・写真を撮ったのが夜だったので、中には当然入れず(昼間に見せて貰った)、
心霊写真みたくなってしまいました。

え!?何か居ます?凄まじい怨念を感じるでしょう?たかひろの怨霊が四体居ます。是非探してみて下さい。
バレンタインデーが近いですからね。アベックとか速攻で憑依します。

中は1000スクウェア・フィートで、まあまあの広さ。あまり広過ぎても持て余しますからね。


んで、コレだけじゃつまんないので近くに停まっていたカッコいいキャデラックを無断撮影。売り物らしいので
問題ないでしょう。

     

いいね〜!72年型セダン・ド・ヴィル。日本に居た頃は74年の4ドア・ブロアムを持っていました(自慢!)。
あの車は売るのが惜しかったなァ・・・渡米する時に一緒に持って来ようと思ったのですが、周りに反対され
断念したのです。渡米後に直ぐ73年クーペ・ド・ヴィルを買ったのですが、やはり4ドアの方が好みなので
売ってしまいました。私はクライスラー・ファンですが、フラッグシップ・カーに関してはGMのキャデラックが一
番好きですね(何れも70年代前半の車)。ニューヨーカーやインペリアルも捨て難いのですが・・・






2−7−08
クラッチがズリズリ

最近購入したヤマハFJ1200は絶好調で足代わりとなっておりますが、先週ちょっと気合を入れて加速した
ところ、6千回転頃からクラッチが滑り出してしまいました。試しに停止からフロント・ブレーキを掛けて負荷を
掛けるとタイヤが空転する前にクラッチが滑る。レバーの具合(繋がり具合)から「そろそろヤバイな」と言う
気はしていましたが、早速交換を催促してきました。まあ、ゆっくり走っている分には未だ大丈夫ですけどね。
バトル気質旺盛な私的には、そう言った「だましだまし乗る」は許せない性分です。

んで、純正新品のクラッチ・プレート(バイクだと何故かフリクション・ディスクと言う)が入手可能なのですが、
例によってファッキン高価なのでイーベイで中古品をゲット!品物が今日届きました。

     

いい感じです。肝心のクラッチ・プレートですが、新品と同じ3.1ミリ厚だったので、殆ど使っていない良好な
状態です。ベアリングなど、他のパーツも摩耗の少ない状態で、これが全部で50ドルはお買い得でした!
純正はプレート一枚で10ドルくらいしますからね(7枚要る)。

↑ついでにイグナイターなどのディスコンテニュー・パーツも入手。イグナイターは当時700ドルだったそうで、
幾らなんでもボッタクリですよ。写真の中古イグナイターは55ドルで落札。日本でもヤフオクにて同じ部品を
7000円で買ってあり、何かのついでに送ってもらいます。予備が2つあれば長く乗るのに心配ないでしょう。

日本では旧車ブームだそうで、70〜80年代のバイクが人気らしいですね。私が高校生の頃に憧れたZ400
FXとか、CBX400(当時新車)なんてのが、今じゃ「旧車」だもんなァ・・・俺も歳をとったよ。





2−4−08
ナイフが出てきた

押入れを整理していたらバックのナイフが2本出てきました。私はナイフマニアではありませんが、良く出来た
刃物は綺麗だと思います。写真のは2本とも貰い物なのですが(笑)、自分で買うならやっぱり日本刀ですね。
でもまあ、実際買うとなればそれなりに勉強する必要がありますからね。今のところは鉄砲だけで一杯かな?

んで、↑コレは美しくない方の刃物(笑)。飛び出しナイフは米国でもイリーガルなので、飛び出し機能は除去
されています・・・(´・ω・`)モキュ  ←怪しい。まあ、或いは除去されていないかも知れませんが、私は除去され
ていると認識しています。このナイフはサウス・セントラルの倉庫番をしていた時に、かなりヤバイ風味の友達
から貰った物です。「護身用に」とも思いましたが、脅しや実用なら拳銃の方が断然上ですし、リスクを考えれ
ばスタンガンやペッパースプレーの方が実用的と言えるかも?飛び出しナイフは所詮、不良のカッコ付けアイ
テムか、映画の小道具くらいかな?





直接来られた方の為に・・・ウェルカム!
トップページに行く