剥ぎ取りツアー!

私の住む街の近くには、こう言ったジャンクヤード(解体屋)が沢山在ります。通常、部品を取り外して管理し、
中古部品屋として営業する店の他に、今回の様に並べた車から自分で外してレジに持って行くセルフ・サー
ビスの店があります。私の場合、仕事では前者を使いますし、自分の車の部品を調達する場合は、散歩を
兼ねて後者を利用します。只し、セルフのジャンク屋では、取り外しに使う工具を持参しなければなりません。

入り口は赤矢印で、ここで例によって「全ての責任は自分持ち」ってな書類にサインが必要です。この店は
入場料に2ドル掛かります。出る時にトラブらない様に、持ち物も予めチェックされます。サンプル部品を持ち
込む場合など、入り口でマークを付けてくれる筈です。

ちなみに手前に停まってる車は、ジャンクじゃなくて利用者の車ですよ(笑)。まあ、大半が低所得者層なの
ですが、古い車の部品を探すマニアも稀に居ます。







隣はレンズ屋に硝子屋
そしてバリアント

この写真は特に意味は無かったのですが、手前の白いバリアントが格好よかったので採用(笑)。
いいよなぁ・・・バリアント!






目次  1