ディスコネクターの作動

上は先程(前ページ)の写真です。
トリガーを引いて、シア・バーが作動し、ハンマーが落ちて、弾丸が発射された瞬間です。
しかし、未だスライド(ボルト)は動いていません。現在、弾丸が銃身を通過中だと考えて
下さい。言うまでも無く、引き金は引きっぱなしの状態です。

この写真の @ の矢印後尾に掛かっているディスコネクター前部の突起が、次の過程で
重要になります。



ショートリコイル→バレル下端の傾斜が激突

発射後、ショートリコイルが開始@。 スライドと共に後退したバレルは、先程重要と述べた
ディスコネクターの突起に激突A。 傾斜に添わせて、これを押し下げますB。







断絶

説明が幾分重複しますが・・・・
ショートリコイルしたバレル下端がディスコネクターに当たり、これを押し下げます@。
シア・バーとの傾斜溝が外れ、シア・バーはスプリングの力で A の方向に戻ります。
シア・バーが戻ると言う事は、再びハンマーをホールド出来る状態に戻ると言う事です。

その後スライドは前進しますが、その時には既にハンマーはシア・バーによってホールド
されていましたとさ。・・・・めでたしめでたし。 完


ちなみにディスコネクターにも、上方向にスプリングテンションが掛かっていますから
引き金を戻せば、ディスコネクターは上昇し、元の関係(前ページ最初の)に戻る訳です。
これの繰り返しです。


非常に変わった方式ですが、特にコレだから・・・と言う利点はありません。作動も今一つ
不確かで、スライドをゆっくり前後させると、ディスコネクターが作動しない事もあります。
(実射ではバレルが勢い良く後退するので、問題無いと思いますが)

また、スライドとディスコネクターが連動していないので、閉鎖位置でなくても引き金が
引けてしまいます。(スライドの位置に関係無く、ハンマーが落ちる)加えて、ハンマーは
スライドが不完全閉鎖位置でも、ファイアリングピンを叩くデザインなので、つまりジャム
などで不完全閉鎖状態でも、知らずに引き金を引けば撃発する可能性が大なのです。
そうなれば当然、薬莢は破れ、高圧ガスをブチ撒ける事になります。Ohデンジャラス!

余談ですが、M1ガランド等の自動小銃も、ボルトの位置に関係無く、トリガーが引けて
ハンマーは落ちます。しかし、ボルトが完全に閉鎖していないと、ファイアリングピンは
叩けない構造になっています。ですから、先に述べた様な事故にはなりません。
南部麒次郎は、優れた銃器デザイナーの一人であったと私は思いますが、事、自動銃
に関しては、それらについて今一つ認識不足であった感が否めません。アイディアと
閃きは優れていても、それだけでは、優れた銃器は設計出来無いと言う事でしょうね。

ってオレが偉そうに言っちゃってイイの?(←ダメ!



戻る

FAQに戻る