11−29−06
L1A1の撮影を開始

          

友人のL1A1を撮影開始。射撃後の手入れを兼ねてノンビリやっていたが、長い事借りている訳にも行かず、
急ピッチでスタート・・・するつもりがイマイチはかどらず。借り物の場合、一度の機会で全て終わらせる必要が
あるので(何度も借りる訳にはいかない)、やたらと時間が掛かる。

さて、最近はあまり用いられなくなったティルト・ボルト式ロッキング。一見スマートだが、ゴツゴツと荒っぽい作り。
小型軽量のアサルト・ライフルでは味わえない「キャリバー・サーティの醍醐味」(?)が詰まっております。
腔御期待!(誤)

(つーか年内に終わるか?・・・無理っぽいなぁ・・・来年もよろしくお願い申し上げます(獏))

追記
後で思い出したけど、何かの質問で「何でプライマーは発射圧で抜けないのか?プライマーがケースにかしめて
あるから?ファイアリング・ピンで押さえているから?」みたいな疑問があったのですが、そうではありません。
上の一番右の写真、ブリーチ・フェイスを見て下さい。ファイアリング・ピンの穴の回りに、一回り大きな円形の
跡がありますよね。これはプライマー周辺から僅かに漏れたガスがこびリ付いた跡です。プライマーの径はファイ
アリングピン・ホールよりも遥かに大きく、従ってプライマーはケース・ヘッドと共にブリーチ・フェイスで押さえられ
ているのです。これなら抜ける筈がありません。プライマーに掛かる圧力は、ケースへのかしめやファイアリング
ピンの突き出しなどで押さえきれるものでは到底ありません。


11−26−06
バイク仲間を尋ねる

     

完成した単車の慣らし運転も兼ねて、友人のショップを尋ねる。好きな人には堪らないボバボバのチョッパー!
しかもパンです。私の単車の3倍の値段がします!ちょこっと一回り乗ってみたけど、結構楽しい!これは垂れ
モーターの方でいずれレポートします。私のも今回の土日で200マイル走り、OH後トータルで500マイル走行。
途中、色々ありましたが(笑)慣らしはボチボチ終了です。あとは全開かまして壊すだけ!あはは!楽しい!

    

友人は家具職人です。山で胡桃などの木材を切って来ては(自分で)、家具に加工します。これが結構なお値段
で売れる。ハリウッドあたりの金持ちの客も多いらしい。それは良いが保護眼鏡も手袋もしないんだからアブねぇ!
さすがはリジット・チョッパー乗りだ!



11−23−06
間違えた!

     

近々、SKSを購入する予定があり(←何でまた?)、安い弾薬が銃砲店に並んでいたので銃より先に購入・・・
しかし!家に帰ってよく見ると・・・5.45mm!?ギャー間違えた!7.62mmじゃない!orz

早速返品しようとしましたが・・・良く見ると何か可愛い!西の5.56よりも愛嬌がある(笑)。ベンチレスト弾薬の
様なサイズです。資料にも使いたいので、このまま手元に置く事にしました。てゆか、5.45×39の銃が欲しく
なってきたなぁ(笑)。でも無いよねぇ?アサルトライフルは買えないし・・・じゃあそんな弾売るなよな!

評判の悪いエナメル塗装(?)のスティール・ケースですが、以前、同種のウルフ製40S&W弾薬をスプリング
フィールドXDで試したところ、リロードせずに使い捨てるなら問題ないレベルでした。この種のライフル弾でも
同じ結果と予想します。



11−19−06
ダビッドソン完成!

     

レストア中だったダビッドソンが完成。未だいろいろ煮詰める所はあるけれど、キリがないのでとりあえず節目。
恐怖のストローカー&ボアアップにて96cu!速攻壊れるかもしれないので、今の内に雄姿を・・・と言う親心。

最近は鉄砲よりもモーター関係の更新に反響が多いので(笑)、来月あたりにコレのレストア模様や走行動画
などもアップしたいと思います。既出のカーショウのレポートなども、纏めて一つのコンテンツにした方が観易い
ですね。来年は車のカムシャフトとリフターも交換する予定なので、その模様なんかも・・・

やる事いっぱいあるぞ!1日が48時間あれば良いのになぁ・・・


11−17−06
鉄砲掃除

2週連続で山に行ったのは良いが、銃の手入れが大変だよ。DVDのネタを仕込む為に(笑)5〜6種類は撃ち
ますからね。骨董品は一発でも撃てばバレルを完全にクリーニングするのが私の主義!その反面、M1Aなど
現代銃は数十発撃っても放置プレイされることが多いです。しかし今回は年末大掃除と言う事で、M1Aも完璧
クリーニング。更に友人のL1A1も写真撮影を条件に掃除を請け負い。現在そのメカニズムを舐める様に観察
しております。

写真は私のガンルーム兼居間ですが(笑)、本当ならガンセーフ(銃の金庫)が欲しいところです。「何丁くらい
持ってるんですか?」と良く訊かれますが、ご想像にお任せします。ボルト・アクション骨董品が9割近くですが、
もしもアサルト系の銃をこれだけ持っていたら、当局に目をつけられるかも知れませんね。日本の某銃雑誌の
レポーター氏のように・・・嫌、これは言わない方が良いな(笑)。早くシチズン取ろう・・・


11−13−06
山に行くU

2週連続はさすがに疲れた。朝5時に出発して日帰り・・・

     

友人のL1A1を撃った。忌々しいスポーターモデルだが、今はもうこれすら買えない・・・
銃の調子は上々!そのうち武器庫で紹介したいと思います。

     

かなり昔に友人に売ったスーパー・ブラックホーク。値段の割りに丈夫なので、ギリギリのホットロードなどを
撃って随分遊びました。M29じゃあ真似できませんよ。写真は友人(の手)。

友達に売ると、時々貸してもらって撃てるから良い(笑)。ドゴーン!!



11−11−06
サープラスNATO再び!

銃砲店に行くと、また新たなサープラス308が入荷されていた!今度は何所の流れモンよ?(笑


これはパッケージに L2 A2 と記してあるのでイギリス製ですね。ヘッドには薩摩藩みたいなマークが在り。
80発24ドル95セント(一発31セントくらい)と一寸高めですが、ブラスケース&カパージャケットで品質は
かなり良さそうです。




これはパッケージには情報なし。ヘッドスタンプは T Z 80 とあるので80年製造のイスラエル製ですね。
100発で29ドル95セント(一発30セントくらい)。これなら上のイギリス製の方がお買い得かなぁ?
でも、これもブラスケース&カパージャケット。悪くは無さそうですけどね。勿論どちらもノンコロシブです。




オマケ。これは以前購入した米軍M118マッチ弾です。狙撃にも使いますね。コレクター・アイテムなので値段は
前途サープラス品の比ではありません。20発(一箱)で20ドル以上します。




11−9−06
コンペティション・タイマー

以前にも持っていたのですが、車のトランクに入れておいたら盗まれてしまったので再購入。しかし、何時頃からか
モデルチェンジされたようで、古いのは既にカタログ落ち。写真の新型を購入しました。値段はほとんど据え置きで
150ドル弱、機能は変わったのかな?と、右の写真の様に、メジャーなコンペティションの時間設定がワンタッチで
選べます。まあ、私は使わないでしょうけどね。今のところタイマー機能があれば十分です。

先週、早速使ってみたのですが、まあ・・・可も無く不可も無く?ただ、気を利かせたつもりか、外部にもスタートと
リセットボタンがあるのですが、剥き出しなので誤って押してしまう事がありました。ベスト・タイムを叩き出し、証拠
写真を撮る為(笑)ベルトから外そうと掴んだ途端・・・「ポチッとな」・・・データ消去・・・ orz

追記
「そもそもコレ↑は何の道具?」
射撃タイムを計る計測器です。時間設定は様々ですが、簡単な一例を挙げると、まず射手或いは記録者がスタート
ボタンを押すと、3秒後にブザーが鳴りストップウォッチが作動します。射手はブザー音で射撃を開始、タイマーは銃
の発射音を捉えて正確に記録します。例えば10発撃てば、ブザーから初弾が○秒、2発目が○秒、3発目が○秒
・・・と撃ち終えるまで延々と記録されます。限秒射の場合、例えば8秒に設定すれば8秒後に再びブザーが鳴り、
最終弾が8秒からコンマ1秒でもオーバー(アウト)していれば直ぐに判る訳です。

追記2
2010年5月に御臨終しました。落とした訳でもなく、電池が液漏れしたでもなく、突然死です。駄目ですねコレ・・・
やっぱりメイドインチャイナ。コイツはお薦めしません。



11−7−06
大掃除していたら・・・

      

懐かしいアイテムを発掘!
コレ、知ってる人居るかなぁ?漫画家の小道迷子さんのキャラクターで、「死神さん」(←だったかな?)です。
かれこれ15年くらい前の漫画か?ビッグコミック・スピリッツに連載された「風します?」とか言うバイクネタ漫画。
この死神が好きでねェ・・・写真のバッグは東急ハンズで買った筈です。結構高かったけれど、造りがしっかりして
長持ちしそうだったので購入。バイクに乗るときは何時も背負ってました。こっちでも使おうと日本から持って来て、
そのまま忘れてしまった。レストア中のダビッドソンが復活したらまた使おう!



11−5−06
山に行く

            

土曜日の夜中までダビッドソン修理(↓)で、2時間くらい仮眠してから山に出発!さすがに疲れた。目がシバシバする。

ナンバー4小銃を久々に撃った。これのボルト・ストロークが構造上少し短めなので、「速射性が高い」などと言われて
いるようだが、まあ、気分程度?たいして違わない。ラグを後ろに設けざるを得ない欠点をフォローするカムフラージュの
ような気もする(笑)。少々ストロークが伸びても、精度や強度の点から、ラグはボルト前方が吉。



11−4−06
ダビッドソンの部品届く

リフターをソリッドからハイドロに戻した訳ですが、そうするとカムもハイドロ用にしなければダメカナ?
と言う事で注文。ついでにベアリングとシムも。左端のアクセル製はスターターのワンウェイ・クラッチ。これも調子悪かった
ので。♪イッチゴジャムー♪みたいのはカムの初期潤滑グリースです。ウオォ〜!アンマァエアウエァ〜♪クハッ♪キャハ♪ケヘァ♪カハァ♪
とはならない・・・と思う。




11−2−06
アフリカンNATO

昔買ったアルゼンチン軍のサープラス308を撃ち尽くしたので、銃砲店に買いに行ったらコレ↑があった。
R1M1はサウスアフリカの弾薬ですね。コロシブか否かは不明でしたが、81年製なので多分ノンコロシブでしょう。
ブラス・ケースにカパー・ジャケット、結構使えそうなので大量購入しようと思ったら、これしか在庫が残ってませんでした・・・

ケースヘッドの刻印アップ!





直接来られた方の為に・・・ウェルカム!
トップページに行く