M1903A4狙撃銃


映画【プライベート・ライアン】で、スナイパーが使用していたのと同型のA4狙撃銃です。
M73スコープが装着されていますが、この銃をオークションで入手した時は、M84
スコープが付いていました。写真のM73は、別のオークションにてスコープを単体で
購入し、銃に装着したのです。本来はこの姿であった訳です。ややこしくて済みません。

つまり、この狙撃銃に元々装着されていたのはM73スコープだったのですが、その後
1945年初頃、改良型のM84スコープに改装された訳です。どちらもチューブサイズは
同じですから、予めスコープにリングを装着しておけば、ネジ一本で交換が可能です。

マウント・ベースは現在でも民間で根強い人気のレッド・フィールド。しかし、ネジ一本で
着脱可能・・・には落とし穴もあるんですけどね。
他にも、この銃にはいろいろ私なりのコメントがあるのですが、それは次のページで・・・

追記
M73スコープとM73B1スコープの違いですが、これは元のスコープがライマン社製か
ウィーバー社製かの違いです。(ライマン=M73 ウィーバー=M73B1)上記の本文中
「この狙撃銃に元々装着されていたのはM73スコープ」とありますが、M73B1であった
可能性もある訳です。





次のページ

もどる