アリサカのハンドル固定機能

三八、九九式、共に同じ仕組みですが、ここではワイド・オープンで見易い九九式で説明します。
上の写真は閉鎖手前、ストライカーを残り半分圧縮する寸前です。ここから更にハンドルを前に
押し込んで、右に倒して閉鎖させる訳です。

ちなみに写真のは末期型なので仕上げが荒いですね。実用性は問題ありません。







閉鎖状態(セーフティOFF)

発射可能な状態です。
赤丸に注目下さい。下の赤丸に見える突起はボルトと一体(一部分)です。上の赤丸は
セーフティ側の切り欠きです。今は互いが干渉する位置にありませんから、ハンドルを
起こしても衝突しません。最初の閉鎖前の写真↑で確認して下さい。当りませんよね。







セーフティON(ハンドル固定)

セーフティ・ノブを押し込んで右に回すと、御覧のように先程のセーフティ角がボルトの
突起にピタリと合わさります。この状態でセーフティはロックされますから(再び押し込ん
左に回さな限り動かない)、ハンドルは起こせなくなるのです。

ではセーフティは、どうやってロックされるのか?







セーフティ・ノブの固定

ノブを押し込んで右に回す事で、Aの突起がレシーバーの窪みBに入り込みます。
窪みの形状から分かるように、一旦入り込むと再度押し込んで左に回さない限り
溝から外れる事はありません。セーフティ・ノブの前後動にはメイン・スプリングの
強いテンションが掛かっていますからね。

と言う訳で、安全装置さえ掛けておけば、何かの弾みでボルト・ハンドルが勝手に
動いて開放されてしまうと言った事故を防げます。アリサカのハンドルは大きく横に
張り出していますからね。但し!これには欠点も同居します。詳しくは後程・・・






回転ついでにストライカー(ファイアリングピン)も固定

アリサカのセーフティはファイアリング・ピン(ストライカー)を直接固定する方式です。
上のパーツがストライカーですが、これがコックされた状態でセーフティの突起(赤丸
下)がストライカーの溝(赤楕円)に入り込みます↓







がきーん!

こうなります。この部分が崩壊する事は無いと思いますが、万一外れた場合でも、本来の
シアが押さえますので暴発しません。2つ同時に壊れる可能性はゼロに近いでしょう。

余談ですが、アリサカ小銃のボルト後部の構成は上の写真のパーツのみです!これほど
シンプルで確実な構造は他に例を見ません。セーフティの操作性が悪いと言う評判もあり
ますが、私はそうは思いません。マウザーM98系などよりずっと操作(解除)し易いですね。
欠点は弾薬を抜く際に一旦セーフティを解除しますから、その一瞬だけ危険な状態(装填
状態でセーフティ解除)になる点です。銃口の向きなどに注意を要します。


マウザーM98を基盤とした現代の3ポジション・タイプでは、その点も考慮されています。
では次のページでその機能を説明します。







次のページ

FAQに戻る