お掃除タイム!(おまけ)

ここまでのフィールド・ストリッピングはアッと言う間に完了します(NMはタイト・フィッティング
なので時間が掛かりますが)。アッパー・グループ先端がフローティングになっていると書き
ましたが、つまり写真のバレル部分ですね。ここはストックに軽くしか触れていません。NMの
場合は完全に浮いています。振動対策でガッチリ固められている理由が解かると思います。
ハンド・ガードあたりがガチャつかれたら最悪ですからね。

M1ライフルをフィールド・ストリッピングする際、レシーバーに入っているピン類が簡単に
抜けるため、ストックと分離させた後は慎重に扱った方が良いです。もしもピンが抜ければ
フォロアー等の部品もバラバラに脱落してしまいます。この辺の分解組み立ても、慣れれば
簡単なのですが、初めての人が射撃場で不意にバラバラにしてしまったらお手上げかも?


関連ページ
M84スコープの採寸




目次                    10

11  12  13  14