M1D狙撃銃とM1ナショナルマッチ

先ず始めに、今回用意した画像は雑誌の記事に使う目的で作成した為、無意味な程、重くなっております。
↑の画像で150KBあります。その分、高画質ですけどね。諸事情にて(笑)サイトにアップする事になりまし
たが、全て編集し直すのは大変な手間なので、このまま使う事にしました。表示に少々時間が掛かるかも
しれませんが御容赦下さい。

写真左がM1D狙撃銃です。以前、当サイト武器庫にあったのと同じ銃ですが、今回やっと友人から借りる
都合が付きました。真ん中はM1ナショナルマッチです。これも同じ友人に借りましたが、私が以前に所有
していた銃です(つまり友人に売った)。今回はこの2丁を実射テストも含めて紹介します。右のノーマルは
武器庫で既に紹介済みのウィンチェスター製です。




余談
(最近暑いので銃の説明はユルユルで追々やらせて下さい・・・)
ここで使う画像はどれも御覧のサイズですが、印刷するために編集部に送る画像データの原画サイズは、
もっともっと大きいです。そして一切の編集(圧縮やトリミング、色補正、フィルター処理など)は行わずに、
投稿後に業者さん?に任せます。私のモニターで細部を調整してしまうと、後で余計な作業になってしまう
からです。モニターは個々で誤差がありますからね。なので、なるべく大きな原画サイズをそのまま送るの
です。そして私の場合、トリミングや細かい指示を行うために、圧縮後に全ての編集を行ったサンプル画を
添えていました。それが今回使った画像データです。ポジフィルムは一旦スキャナで取り込んで、フォトショ
加工の後にサンプル画増を作ります。雑誌に記事を送るようになって初めて分かったのですが、印刷では
フィルムの方が綺麗に表現され、デジタルはやや劣ります。逆にWEBにアップする場合は、フィルムでは
スキャナでPCに取り込んだ時点で劣化してしまうので、デジタルデータ(デジカメ)の方が綺麗に表現され
ますね。当サイトでも、最初のうちはフィルムをPCに撮り込んでいましたが、一眼デジカメを買ってからは
全てそれで撮っております。フィルムカメラはもっぱら印刷用・・・

と、アマチュアがホザいておりますが(笑)、プロの方には当て嵌まらないのかもしれません。何かテクニッ
クがあるのかな?印刷業界もデジタル化が進んでいるそうですから、近い内に差は無くなるでしょうね。





目次  1                  10

11  12  13  14