道具

左側の3本が既製品を改造した物で、右側の木製の柄の付いた物がベレッタオリジナルです。
要するに、ネジの溝に深くピッタリと合っていれば良いのです。ただ、市販品では全く合わないので
薄く削って合わせてやらなければいけません。勿論、幅もピッタリ合わせます。完全分解するには
5種類くらいのサイズが必要ですが、サイドプレートを外すだけなら写真左の3種類で済みます。

左から3番目の黒く大きいのはインパクト・ドライバーですが、勿論実際に叩いたりはしません。
太くて滑らないので使っているだけです。先端のピースは取り外せるので、ラチェットレンチに
取り付けて回しても良い訳です。一番左は一見普通のドライバーですが、先端は薄く削ってあり
幅もピッタリに合わせています。ですからSO分解以外の用途には使えません。左から2番目の
赤く細いのは、ネジのネジ?いわゆるロックスクリューを緩める為の物です。これも勿論ピッタリ!









前後2本のスクリュー

プレートの前後に2本あります。この2本を外せば、両サイドのプレートが外れる訳です。




ロックネジとメインスクリュー

隠しネジなので分かり難いですが、@がロックで、Aがメインです。
先ずロックの@を外します↓

ドライバーにピッタリ合っているのが分かると思います↑。完全に外さなくても良いのですが
何かの弾みで外れて紛失するのを避けるため、完全に外して確実に保管する様にしています。
また、このロックネジは、もう一箇所(後部)のメインスクリューのロックネジと同じサイズなので
混同しないように分けて下さい。彫刻の模様が少し違います。




メインのスクリュー

回転させるより、押し付ける方に力を入れる感じでゆっくり回します。結構トルクが要るので
慎重に行って下さい。もし錆びて固着している様なら、WD40(CRC556)を吹いてから
プラスティックハンマーで軽く叩く等、試して下さい。くどいようですが、ネジにぴったり深く
噛むドライバーで行って下さい。





2本中、1本完了

スクリューは貫通して反対側のプレートも押さえているので、右サイドの2本を外せば完了です。
写真では見えませんが、プレート後部にもう一本あります。少し小さめなので、それは一番上の
写真左にある黒と黄色のドライバーで回します。前側よりは簡単に回る筈です。

後側のネジを完全に緩めたら、ネジの頭はプレートから飛び出しますので、抜き取る前に軽く
押し込んでやります。すると、反対側のプレートが「カパッ」と外れます。これは絶対に前側の
スクリューではやらないで下さい。プレート前部には爪が出ていて、レシーバーと噛み合って
いるからです。いくら押しても出ません。プレートは後ろから外して、入れる時は前からです。



外した後の写真は、武器庫のレポートを参考にして下さい。


戻る