ベレッタM950 ジェット・ファイア





目次では分かり易くするためポケットと書きましたが、ジェットファイアが正式な名称です。
25ACPなのでジェットファイアが聞いて呆れますが(笑)、でもまあ良く出来た良い銃です。
500発くらい撃ちましたが、ジャムは一度もありません。
また、15mの距離でマン・ターゲットに余裕で当たりますので(あんまし意味ないけど)
小さくてもやはりベレッタですね。この手の実用銃は完璧であたりまえ!くらいの責任感で
造ってもらいたいものです。実際にはそうでない銃が大半なんですけどね・・・・・・

写真の銃は、私が8年前にスラム街の倉庫番をしてた時、護身用に持ち歩いたものです。
もちろん倉庫の住み込み部屋には、グロック22と12番00バックのショットガンが装備して
ありましたが、夜出歩くときはそんな物もって歩けませんので・・・・

アメリカでも、銃の携行には許可が要ります。私はそんな許可は貰っていませんでしたから
これは明らかに違法行為です。見つかれば何らかの罰があったでしょうが、まあ、殺される
よりはマシです。倉庫に住み始めた頃は、実際に何度かヤバイ目に遭った事があります。
ぶっちゃけた話、住んでたのは『サウス・セントラル』なのですが、ここは92年のロス暴動の
中心地でした。アフリカとメキシコを足して2で割った様な人種エリア。動物達の楽園です。

今だから笑い話ですが、もう2度と住みたいとは思いませんね。当時はドラッグ・レースの
マシン(薬じゃ無いよ。ナンバーが無いレースカー)を持っていたので、置き場所に困って
倉庫番を引き受けましたが(レースカーの保管場所提供が条件で)、未だに後悔しています。
ロスに住む日本人は多いですが、あのエリアに住んだ事のある人は少ないでしょう・・・・
賢明です。(つーか常識?)

はい。鉄砲と関係ない話で申し訳ない。

まあ、そんな感じで、当時はこの銃を真剣に選んだ記憶があります。現在は写真の25ACP
の他に、32ACPのモデル(トムキャット)も存在します。今ならそっちを選ぶかな〜・・・・
でも、コンパクトさで選ぶなら、やはり25ACPですね。威力は32ACPの方が上ですが
それでも不足している事には変わりありません。人間を確実に即死(怖)或いは行動不能に
するには、最低でも380ACPくらいは必要だと思います。この手のポケット銃は、相手の
顔面めがけて撃ち込んで、怯んだ隙に逃げると言う感じなので、そう考えると32ACPよりも
小型軽量を優先した、25ACPや22LRのモデルが良いかもしれません。
(しかし、そう考えるとペッパースプレーでも良い気がするな・・・う〜ん・・・微妙な選択です)

写真のモデルはシングルアクションですが、ダブルとシングル両アクションの物もあります。
これは私の購入後の経験から、絶対に両方使えるモデルが良かったと痛感しました。
ちなみに2003年のベレッタ社カタログに、シングルのジェットファイアは載っていません。
両アクション可能のボブキャット(22LR/25ACP)か、トムキャット(32ACP)だけです。
ポケットピストルでも、中、大型でも、やはりシングルアクションのオートマティックは一般の
人達が使う護身用としては敬遠される様です。





次のページ

戻る