実働拳銃

どんな扱われ方をしたのか分かりませんが、あちこちに硬い物がぶつかった様な傷が
沢山あります。飾り気の無いスタイルと相俟って、実用拳銃の凄みが感じられます。







巨大なシリンダー

45口径を6発装填する訳ですから、外径だけなら当然44マグナム・クラスのサイズです。
ただ、45ACPなので長さは短く、コロンとした感じです。民間用のハンド・エジェクターは
グリップにチェッカーとメダリオンが入っていますが、この銃は軍用なので省かれています。
細い上にツルツルと滑るので、ダブル・アクションが撃ち難いのなんの・・・シングルですと
ピッタリと決まります。勿論、これは個人差がありますけどね。

シリンダー・ラッチ(サム・ピース)は余計な贅肉を落した初期型です。最近のボッテリした
形と見比べると、手間を掛けて製作していた事が分かります。シリンダーはカウンター・ボア
ではありませんが、これはクリップ装填なので当然。ミリタリー・ボール弾を使用した場合、
大口径のシリンダーにクリップで束ねた45ACPを装填するのはスムーズで簡単です。
「カポッ!」と装填して「ポコン!」と排莢する感じ。ハーフムーン・クリップは3発束なので
装填は二動作必要ですが、最近の6発束のフルムーン・クリップならば、自動拳銃のマグ
チェンジに匹敵する早さで再装填出来ます。





サイドプレート

現行モデルと比較して、スクリューが1本多いのが分かりますか?
サイド・プレート頂点を留めるスクリューは、縁の部分でプレートを固定しています。なので
プレートには穴が3つしか開いていません。この辺は現行モデルの方がスマートですね。

それにしてもサイド・プレートとフレームの隙間は、水も漏れないほどにピッタリです!どう
やって加工したのでしょうね?現在ならばCNCマシンで寸分たがわず製作出来るのでしょ
うが・・・。日本のモデルガンがどんなにリアルになっても、亜鉛合金キャストである以上、
この部分だけは完全には真似出来ないでしょう。

ハンマーも旧型で現行とは形状が異なります。しかし違うのは外部に露出したスパー部分
等の外見だけで、機能的には現在の物と殆ど同じ(DAのストロークは旧モデルが若干長い
ですが)。S&Wが開発した、リボルバーのダブルアクションデザインは、「100年通用する
メカニズム」と言う意味に於いて、ブローニングの設計したM1911に匹敵すると思います。






目次      3