S&W ハンドエジェクター モデル1917
(U.S. リボルバー M1917)



いきなりですが、この銃は制式に米軍に納品された物では無いので、ユナイテッド・ステーツ・
プロパティではありません。【S&W・ハンドエジェクター・モデル1917】これがこの銃の名称です。
但し、内外は軍用のM1917と全く変わりはありません。ですから一応、アメリカの軍用銃として
紹介しました。ちなみにコルト版の前身名称は【コルト・ニュー・サービス・モデル1917】です。
始めはイギリス向けに.455口径で製造されていた物を、45ACPにモデファイして自軍のM1911
拳銃の不足を補った訳です。この辺の経緯はコルト、S&Wの両1917リボルバーに共通です。

開発はWWTですが、そのままWWUでも使用され、最後は日本の警察にまで貸与され、現在
でも十分現役で通用する優れたリボルバーです。特にS&W製のM1917は、ダブル・アクション
機構が現行モデルと大差無い程に完成されていますので、下手なオートマチック・ピストルよりも
信頼性があるくらいです。ただ・・・最大の欠点はデカ過ぎる事(笑)ですね。

最初に述べた通り、写真の銃は米軍に納品された物ではありませんが、民間用でもありません。
これはブラジル公機関に向け輸出(貸与?)したモデルで、サイド・プレートには派手なマークが
打たれている立派な公用です。何故か現在になって里帰りですが、御覧の通り傷だらけです!
色々と苦労したんだろうねぇ・・・






目次  1