エンフィールド No.4ライフル Mk1 (カナダメイド)


カナダ製 No.4 Mk1です。この銃もマウザーに匹敵する程、多くの国で造られました。
カナダの他にアメリカ、オーストラリア、インド、南アフリカ、ダッラの密造銃(笑)etc・・・

原型となったモデルは、1888年にマガジンライフルとしてデビューした、リー・メトフォード
Mk1が元祖です。その後MkUとなり、1895年、リー・エンフィールド・マガジンライフル
と発展します。この頃は、他国の主力歩兵銃と同様に、非常に長いライフルでした。全長
50インチ(125cm)近くあります。それが時代と共に短縮され(Kar98Kと同じパターン)
1902年、ショート・マガジン・リー・エンフィールド、いわゆる SMLE No.1となります。
これがMk.VIまで続き、そして1939年に写真のNo.4ライフルMk1となる訳です。

長さはSMLEもNo.4も殆ど変わりません。短縮された訳では無く、機能や外見が改良
されたのです。SMLEには、スプリングフィールドM1903と同じ『カットオフスイッチ』が
ありましたからね・・・あれは要らないよな・・・ルックスもスマートになりました

さて、このカナダ製やアメリカ製No.4 Mk1は、WWUの為の増産(支援)が目的です。
アメリカはサベージが生産支援し、カナダはロングブランチにて自軍向けに生産。
基本的には同じ仕様で、大きな違いはありません。

また、この銃の大きな特徴は、10発装填出来るボックスマガジンを備えている点です。
当時のボルトアクションは5発が主流でしたから、現在で言うハイキャパシティ??
但し、マガジンごと交換する訳では無く(脱着は可能だが)、あくまでも上からのクリップ
装填です。ですから、マガジンにも銃と同じシリアルナンバーが打ってあります。
現在マガジンと銃のマッチングナンバーを探すのは困難!写真の銃は見事にマッチ!

ちなみに写真のスリングも、当時のカナダ製!こだわりまっせ!(あ、冷たい視線・・・)



次のページ

戻る