三八式騎兵銃
(208KB)

三八式騎兵銃の50ヤード的への4連射(5連発だけど1発足りなかったので・・・・スマン)

これは、以前銃雑記で述べた「三八、九九式のセーフティ・ノブは左前方に押すだけで
解除できるので、実は98kやスプリングフィールドよりも操作し易い」 の証明!(笑

安全装置を掛けた状態でスタートしています。第1弾発射前に、右手親指が動きますが
これで解除です!速いでしょ!98KやM1903ではこうは行きません。

もう一つは、ダストカバーのノイズです。ボルトを動かせば、どっちみち音は発します。
一般に言われる「けたたましい金属音」と言うほどの物ではありません。これがダメだと
言うのなら、M1ガランドのクリップ音なんか、殆ど銃殺モンです!結論的にどちらも
(ダストカバーもM1のクリップ排出音も)実際にはそれ程問題にはならなかった筈です。
詳しくは銃雑記「三八、九九式のダストカバーについて」を見てください。

6.5mm弾は反動が少ないのですが、実射に使用したのは短くて軽い騎兵銃なので
それなりにキックがあります。苦にはなりませんが、もしも7.7だったなら悲惨だろうな・・・


戻る