【まいっ】−まいってしまう女教師−【ちんぐ】

♪いつも薔薇色に燃えて〜この胸ときめく〜つぼみから花へ〜私は(参ってしまう女教師)〜イェーイェ♪

イェーイェ!・・・・恐ろしく、恐ろしく悩殺なアニメが、かつて存在しました。
これは25年くらい前ですか?例によってリアルタイムで観てましたが、当時のたかひろ(思春期)を
もってしても、「こりゃヤバイだろ・・・・?」と、テレビ局を心配した程のイケイケ・アニメーションでした。
オープニングからしてブっ飛んでましたからねぇ〜 イェーイェ! いいよなあァ・・・素敵過ぎます。
内容・・・と言うか、ストーリーなんて殆ど覚えていません。ただひたすら、お色気シーンのインパクトが
脳裏に焼きついているのみ。生徒に乳揉まれて「いや〜ん!・・・まいっちん愚」で、決めポーズ!(笑)
生徒に乳揉まれるなよ!スカート捲られてパンツ見せるなよ!頬染めて照れるなよ!教師にもなって
つぼみから花へ変化してんじゃねーよ!遅咲き過ぎだよ!つーか教育しろよ!乳揉まれたら怒れよ!
あはは!最高です!最高のティーチャーです。しかもスポンサーが学●です!●研ワイルドだねぇ〜

案の定、PTAに袋叩きにされていました(笑

しかしね!
ハレンチが御説教で済まされた、良く言えば大らかな時代だったんですよ。現在の小・中学生が
スカート捲りをしたら大問題でしょうからね。私の時代でも、既にシャレにならない御時世だったし。
かと言って、最近の小・中学生が性に慎ましいかと言えば、極一部はそうでも無いらしいですね?
これも時代と言ってしまえばそれまでですが、どこかで屈折してしまった様な気がするのは私だけ?
果たして当時の【●研】と【PTA】・・・・どっちが正しかったのでしょうか?(どっちも間違い?)

さて、↑の絵は現在に返り咲いて、つぼみから花になった(笑)例の女教師と、山形センセですが
学校で大人がこんなしちゃイケマセン。反面教師として捨て身の教育でしょうか?いずれにせよ・・・

さよなら先生(涙)

イェーイェ!















私の80sジャパヲタングラフティ

え〜・・・・
80年代を代表する『私的萌えキャラ』(押忍!)ですが、極めてマイナーであるが為、万人の共感は
得難いと判断し、誠に失礼ながら、下記の問題に正解した方のみ、エントリー可とさせて頂きます。

また、入場規制があるからと言って、行った先に『あられもない画像』がある訳では御座いません。
あるのは毎度お馴染み『ミーのへたれ絵』です。くれぐれも期待過剰の無い様、予め申し上げます。
カーソル当ててリンク先アドレスを見ちゃ反則よ!



第一問
ちゃーらん!
(↑効果音)


80年代を通して活躍した、田宮模型マスコット・キャラクターの作者は?


@藤田まこと       A藤田幸久  












おさげの敵!

健やかな乙女の象徴 『おさげ髪』 に執拗に拘る、部分嗜好野郎たかひろですが(変態とかゆーな!)
随分昔に宮崎駿の映画 『天空の城ラピュタ』 を観ました。ジブリ物はイマイチ好きじゃないのですが
まあ、とにかく観たのです。ヒロインの正統派おさげ娘と、復員兵の帽子みたいなの?を被った少年とが
健気に頑張る冒険活劇で、「エエ話やなぁ・・・・」(←何で関西弁?)などと、ハートフルしていたのですが
物語の大詰め、悪役の『むすか』なる、へなちょこ野郎が、とんでもない所業をやらかしてくれたのです!

やってくれるじゃねぇか・・・・パヤヲか?パヤヲの命令でやってんのかテメェ!?
しかもこの野郎、「ひざまずけ!」だの「命乞いをしろ!」だの、趣味丸出しの濃い台詞を恥ずかしげも
無く吐きやがる、まったく、とんでもねえゴンタクレなのです。(ただ、虫が怖いのはオレと同じだね♪)
・・・・まあ、十歩譲って、おさげを引っ張るのはいい。(←いいんかい!?)オレもガキの頃やった。他人の
事はあまり言えないかも知れん・・・・・しかし!しかしだ!

コレは無かろう↓




撃つなよ・・・・・
(汗

何、撃ち落してんだよ・・・違うだろ!オマエ間違ってるよ完全に。いいか?おさげってのはなぁ
長い髪を束ねる事によって、内向的な乙女に行動力を与える、言わば女性解放の象徴であり
尚且つ、それを遠巻きに見る『うだつの上がらないおぢさん』にも、夢と希望を御裾分けする
とってもハッピーな存在なのだよ(*注1)。 それを撃ち落してどーするよ、悪党にだってなァ
やって良い事と悪い事つーモンがあるだろ?おかあさんに教わらなかったか?オレは悲しいよ。

ふう・・・(ヤレヤレ・・・) オマエなぁ、オレだからこの程度の説教で済むが、こんなおさげ侮辱が
当サイト名誉おさげ会長のチャッピーに知れたら、ケツの穴に銃剣、鞘ごと突っ込まれるぞ・・・・
まあ、今回は内緒にしといてやる・・・・



例によって、あんま言うとネタばらしになるので止めますね。正直言って台詞とか場面は殆ど
忘却の彼方なので、細部の描写は、強引に脚色していますが(ゴル●出てないし・・・・)まあ
そんな感じのムービーでした。

あと、私は銃ヲタですが、映画のガンアクション演出に、いちいち難癖を付けるのは好みません。
しかし今回、おさげの名誉の為に敢えて言わせて頂けば、 .455であれ.38であれ、当時の
ラウンドノーズの拳銃弾で、おさげ髪は撃ち飛ばせません。現代の、シルバーチップ軽量弾頭
(短間隔で開き易い)を1000f/s以上で中心に当てて、やっと千切れると言った程度でしょう。
(参考資料=マイ脳内)

おさげはそんなにヤワではありません。


(*注1)=多分それも間違っている。








戻る