S&W 38ハンドエジェクターのグリップを作る

8年程前、社外グリップを付けたハンドエジェクターを格安で購入。「オリジナルのグリップは
ガンショーで安く買おう」などと考えたのですが・・・甘かったです。戦後モデルのグリップは
ゴロゴロしていますが、戦前のオリジナルとなると滅多に無く、ネット環境が出来てからは
オークションで探しましたが高い!程度の良いのは100ドル前後します・・・

とりあえず格好だけでもつけないと可哀想なので、グリップを自作する事にしました。

材料は以前買ったチーク材。これは実を言うと、武器庫のNo.4 MKTT狙撃銃のチーク
ピースを自作した際の残りです(笑)。武器庫のTはオリジナルですが、チークは欠品で
取り付け穴が開いているだけだったのです。フェイクは承知で自作しました。(騙して転売
する目的じゃあないw)

・・・て、よく見たら武器庫のT狙撃銃にチークピースの写真ありませんね。未だ3ページ・・・
なるべく早急に増量?したいと思います。





先ずは道具を・・・

これは部屋で撮った写真ですが、実際には職場のエア・ツールをフル回転させました(笑)。
塊から削り出すので、さすがに彫刻刀でチマチマやる気にはなれず・・・

ただ、パワーツールを使ったのは最初の削り出しだけで、それ以降は全て手作業です。
フレームにピッタリ合わせる作業は、手でなければ出来ません。




初期の削り出し

と、言う訳で、ここまでの作業はエア・ツールで行いました。

適当な厚さに鋸引きしたあと、40番の回転サンダーで形を出して行きますが、油断すると
アッと言う間に削り過ぎてしまうので結構難しい。






けがき線を入れる

とりあえず、銃にピッタリ付く様にするのが先決。フレームに合わせてペンで大体の形を
なぞります。この段階では銃にピッタリ付く訳ではないので難しいです。削り過ぎだけは
絶対に避けねばならず、「大き目に・・・大き目に」が基本です。







ここが最初の難関

ミニマム・サイズのサービス・グリップなので、オーバー・サイズに比べればこの辺は簡単
なのですが、しかし隙間が出来ると目立つので、神経を遣う部分です。

この部分だけは御覧の通り【剃刀】を使いました。彫刻刀よりも正確。臨機応変に・・・






次のページ

戻る