U.S. REVOLVER M1917 (コルト製)


ガン・ショーで購入した物ですが、アメリカでは自国の軍用銃は大変人気が高く、程度の良く
ない物でも結構な値段がします。この銃の程度は、まあまあかな・・・部分的に少し赤くなって
います(錆びと言うよりは退色という感じ)。程度が良いのを探そうにも、銃そのものに御目に
かかるチャンスが中々ありません。日本に居た頃は、「アメリカにはM1911A1やM1917の
サープラス品がゴロゴロしてるんだろうなー」と思ってましたが、とんでもなかったです。

M1917リボルバーは第一次大戦中、M1911(ガバメント)の品不足を補うため製造された
銃で、コルト社とS&W社で製造されました。しかし、「45ACPをハーフムーンクリップ付きで
装填する大型リボルバー」、と言う点が互いに共通するのみで、両者はまったく違う銃です。
基本的な操作方法や大きさ、用途が同じなので、制式名称はM1917で統一したのでしょう。

M1917となる前の原型は、コルトではニューサービス・モデル1909、S&Wではモデル19
08あたりと思われます。また、両者はM1917として米軍に採用される前に、.455弾薬を
使用するモデルを英国軍用に製作していたと言う点が共通です。M1917を製作する基盤は
事前に出来ていた訳ですが、唯一問題だったのは45ACP弾を使用すると言う点。英国の
.455弾薬とは異なり、45ACPはオートマティック用リムレス弾薬なので、張り出したリムが
ありません。これではシリンダーに入れた際に奥に入り過ぎてしまいます。エジェクトも出来
ません。リム付きの専用弾薬を用意すれば簡単ですが、しかし弾薬をM1911と共通とする
必要がありますから、どうしても45ACPが使えなくてはいけません。そこで考案されたのが
【ハーフムーン・クリップ】です。リムレスの45ACP弾薬を3発束ね(↑写真)、これによって
一挙に問題を解決!晴れて【ユナイテッド・ステイツ・プロパティー】となった訳です。ちなみに
民間用には45オート・リムと言う弾薬が開発されました。これは45ACPにリムを設けた物で
クリップは必要としません。M1917専用弾薬なので、銃と共に廃れました。



追記
写真のランヤードは英国軍の物です。ホルスターは1942年製の米軍オリジナル、弾薬も
1943年製の軍用オリジナル、ハーフムーン・クリップは現在の物。




目次  1                  10  11  12