生徒会長



前回描いたメガネの自転車娘について・・・
「委員長?」或いは「生徒会長?」と言うご感想(質問?)を頂きまして、「嫌、どっちかつーと平生徒では?」と
答えたのですが、ならば今回は・・・と言う事で、たかひろの脳内に佇む【生徒会長】を描いてみました。
生徒会長=メガネのガリ勉と言うイメージがありますが、実際はどうなのでしょう?確かに勉学も大切です。
しかしながら、それ以上に秀でた人格が備わっていなければ、学童・生徒の長とは言え、人望を集める事は
出来ません。己の成績や内申点しか眼中に無い利己主義の長たれば、子供の世界とて失脚するのが常。
人間社会に年齢は関係ないのです。

斯様な大人社会の縮図とも言える教室の片隅で、午前中に弁当喰い尽くして午後には居なくなってしまう、
「生徒会長とは最も遠い所に位置した生徒」それが、かつての【たかひろ】です。ちなみに昼は学食で優雅に
ランチをとり、午後はたいてい保健室に居ました。午後の授業が「口煩い教師」の時は渋々出席しましたが、
美術や音楽、書道なんかは楽勝でブッチでした。会長、委員長その他社会派は「♪い〜じめ〜ちゃ〜え〜」
・・・っていつの間にか私はならず者!?正に社会の縮図!

てゆかボケの伏線長過ぎ!




戻る