道産娘


このストーブを知ってる人は、かなりの率で私とシンクロできます!(←嫌ですか?)
でもね、これは「ダルマストーブ」じゃ無いよ!「コークス・ストーブ」と呼ぶのが通です!

絵と同型の資料を必死で探したんですが、結局見つかりませんでした。小さいダルマ型のは
よく紹介されてますが、私の小・中学時代に学校にあったのは「ダルマ」などと言う生易しい
モノでは無く、もっと大型でずん胴。ですから誰もダルマ・ストーブなどとは呼びませんでした。
イラストは100%記憶のみで描かれています。確かこんなだったと思うけどな〜・・・
もし、資料を持ってる方がいましたら比較して、駄目出し宜しくお願いします。

また、「あんなに足を近ずけて大丈夫?」と、思うかもしれませんが、短時間ならぜんぜんOK!
みんなそうしてました。あまり効率が良いとは言えず、熱は上にばかり行きます。とは言え、
ストーブの近くの席に1時間座ってると顔が熱くなります。「適温」とは無縁の熱血野郎でした。
上に乗ってるタライは蒸発皿と言って水(お湯)が入っています。ボンカレーを温める猛者も
いました。隅っこでスルメを焼いたら、匂いで先生にバレて怒られた記憶があります。

コレにまつわる思い出を語り出すと、止めど無さすぎる(笑)ので止めます。
木造校舎での冬(特に朝)は、それはもう暴力的な寒さでした。廊下に立たされると堪えました。
ちょうど私の世代で、このストーブが姿を消したのです。高校に上がった時には殆ど消滅して
いました。

コークス君!楽しい思い出をありがとう!


戻る