45GAP
グロック・オートマティック・ピストル

45ACP
オート・コルト・ピストル



左が45GAP、右が45ACP(45AUTO)です。大きな違いはケース長で、写真を見れば一目瞭然。
45GAPは約4mmケースが短く、ブレットの露出部分(装着されるブレットの種類によって変わる)
も含めると、更に短くなります。また、リム溝の形状が全く異なります。性能面では、全体的に45GA
Pの方が若干ホットな感じです。つまり、性能は同じまま(やや強め)で全長を詰めた訳です。

こうする事で、グロック37(45GAP)は、22(40S&W)クラスと同じフレームを使用して、45ACPの
性能を得る事が出来たのです。以前の45ACPを使用する21は、フレーム・サイズが異なり、グリップ
が太過ぎたために不人気でした。45GAPの開発は、この屈辱を晴らす為かもしれません(笑)。

アイディアは優れていると思います。実際、45ACPの21と、45GAPの37を比べると、外見や握り
具合が劇的にコンパクトです。問題は、現在既に定着している【1911系オート+45ACP】の市場に
どれだけ食い込めるか?と言ったところだと思います。45口径と言う弾薬は米国人の好みですが、
それはやはり、M1911A1やSAA等の米国を象徴する銃器も含めての事だと思いますからね・・・

まあ、私の個人的な意見はこの辺にして(笑)、それ以外の細かい違いは・・・




プライマーのサイズ

左がGAP、右がACP

現在の主なライフル、及びハンドガン弾薬に使用されるプライマーのサイズは、スモールとラージの
2種類なのですが、ACPがラージ・ピストル・プライマーなのに対し、GAPはスモール・ピストル・
プライマーを使用します。この理由は(これは私の推測ですが)、グロックの故郷であるヨーロッパ
では、ハンドガンは通常スモール・プライマーを使用する為だと思います。大口径の多い米国では
ハンドガンでも、ラージ・プライマーを使用する事が多いです(44マグナム等)。ちなみに、サイズに
よって燃焼特性が大きく異なる事はありません。(サイズとは別に、両者にマグナム用プライマー
と言うのも存在する)





疑問?
45ACPの銃に、45GAPを装填する事は可能か?発射は?作動は?


先ずはじめに、それは原則としてダメです!危険行為です。しかし、可能か不可能か?と言う事
ならば、可能でしょう。但し、ケースが短い分だけ奥に入り込んでしまいますから、エキストラクター
がリムを保持しなければ、ファイアリングピンが届かず、不発になると思います。つまり、こゆこと↓

45ACP+1911 通常の組み合わせ

45GAPを装填

この状態なら不発すると思いますが、エキストラクターがリムを保持していたならば、恐らく発射
するでしょう。特に危険な事にはならないと思いますが、精度や初速は落ちるでしょうね。






実際にフィードさせてみる・・・

危険防止のためにファイアリングピンを抜いた1911(シリーズ80)に、実際に45GAPを装填して
空作動させてみました。

全長が短いので、当然、マガジンには余分な隙間ができます↑。

ロードしてみると、フィーディングはスムーズで、45ACPと変わりなくチャンバーに装填されます。
エキストラクターはリムを確実に保持していますので、発射は可能です。

ところが!

スライドを引くと、エキストラクターはケースを引き出しますが、上手くエジェクトしません。途中で
引っ掛かってしまいます。これは一番上で述べた様に、リムの形状が異なるので上手く弾き出せ
ないのです。恐らく、発射までは可能ですが、上手くファンクションはしないと思われます。

まあ、こんな事をしても意味がありませんが、誤って混ぜて使ってしまう人は絶対に居ると思い
ますね!怪我をする様なことにはならないでしょうが・・・
また、言うまでも無く、45GAPの銃に45ACPは装填できません。




45GAPは現在、グロック以外にもスプリングフィールドXDや、同社の1911系コンパクト・モデル
にも採用されています。1911+45GAPと言うのは非常に興味がありますね!まあ、シングル・
マガジンならば、長さが短くなってもあまり意味が無い気がしますが・・・。スリムになる事は確か
だと思います。


おまけ
45GAP以外でも、最近の速燃性パウダーを使用すれば従来の弾薬を、性能はそのままで短縮
する事は可能です。例えば、9mmルガーと同性能の9mmショートとか。マグナム弾でもなければ
従来のケース・キャパシティは必要ないのです。しかし、実際にそれを行うには、あまりにも大きな
改変が必要になり、また、新旧弾薬の混同などが多発するでしょう。そこまでして弾薬を短縮する
メリットもありませんから現状維持。グロックはその辺のサジ加減を上手く考えた上で、この弾薬を
開発したのだと思います。

さて、吉と出るか凶と出るか??





戻る