プレート裏
写真はハンマーがコックされた状態です。ハンマー上部のツメとシアーのツメが
矢印 A で噛み合っています。  は噛み合っていませんが、これは
暴発防止のスペアで、普段はこの様に噛み合わず、また、引き金を引くと
リリースされるので、つまり本命のシアーが何かの衝撃で外れた時などのみ
(引き金を引いていないのに)ここに引っかかって止まる様になってる訳です。

A B のいずれも  が引き金部で押されることによって動きます。



.

上から
ハンマーがファイアリングピンを叩く部分はご覧の様にオフセットされています。
また、ベレッタのサイドロックの場合、ハンマーやシアーなどすべて「コ」の字形の
スペースに収められ、ピンは両側から保持されますので耐久性が高いです。
サイドロック銃の評価で、「パーツが片保持なので、、、」と言うネガティブなのが
ありますが、この銃には当てはまりません。競技銃として成り立つ(それ程
耐久性の高い)数少ないサイドロックガンと言われる理由はここにあります。
但し!
この小さなスペース故、松葉型のメインスプリングは非常に太短く出来ており、
長いスパンのバネに比べて折れやすいと言う欠点もあります。しかし古いユーザー
いわく、それは初期型SO4までで、それ以降は折れにくくなっているとのこと。
確かに私の銃はかなり撃ちましたが全然大丈夫です。ヘタリもしません。
そのうち折れたらここで報告します。(笑



.

目次  P1  P2  P3  P4  P5  P6  P7