2016年2月18日のブログにアップした動画と解説

↓各画像クリックでユーチューブに飛びます(別窓)。


バレルを6インチから4.75インチに交換したルガー・スタンダード22口径です。キャプションでも記しましたが、
マークUからは装弾数(マガジンに)10発ですが、ファースト・モデルでは9発しか入りません。

使用弾薬はウィンチェスター・スーパーX・ハイベロシティです。ハイベロシティであっても、22LRですから反動
は軽快で、御覧のような速射でも当たります。マグナムでポリ容器ズバーン!みたいなのも良いですが、この
ように小気味良くカンカン当てるのも楽しいですね。その上、バカスカ撃っても弾代が気にならない(最近は高
騰しているが)。やはりプリンキングには22LRが最適です。

バレル交換のトラブルは一切なし。サイトもドンピシャでした。遊びで撃つなら、4.75インチですね。交換して
良かったです。競技を止めてから眠り銃になっていましたが、今や、お気に入りの一つになりました。


数年前に買ったウィンチェスターM1897です。バレルは30インチ・フルチョークで、トラップに最適。と、なれば、
遠射を試してみたくなると言うもの。私はスキートをやっていたので、早撃ちは得意ですが遠射は不慣れで、最
初の内は、ショットが何処に飛んでいるのかも分からない有様。

そこで、せっかく砂漠に居るわけですから、遠くの砂地を撃って着弾点を確認したのです。その結果、この銃は
殆どクレーが隠れるくらいに銃口を被せなければ当たらない事を発見!「銃の癖」ってやつですね。それが分
かってからは、遠くまで伸ばしてもガンガン当たるようになりました。

今回、遠射のために、1−1/8オンスのヘビー・ロード(ショットは7.5号)を作って試しましたが、皿が地面に
落ちるギリギリ(70メートルくらいかな?)でも、粉々に粉砕できました。でもまあ、弱装の24グラムでも十分に
当たりましたけどね。狙点さえ掴めば、この銃は良く当たりますよ。惚れ直しました!

動画では、割れる皿が確認できるかな?フル画面にしないと全然見えないかも?本当は、もっと伸ばしても当
たるのですが、動画で確認できるギリギリのカットを使用しました。

ところで、最近この銃は高騰してるんですかね?バレルを切ってショート化しようと、切っても惜しくないジャンク
・バレル(バレル単体)をイーベイで探したのですが、どんなに程度が悪くても100ドル以下では買えません!
マガジンやフォアエンドも含めたアッセンブリ―では、300〜500で取引されています。先っちょだけでですよ!

・・・この銃、300ドルで買ったんですけどね(笑)。今はもう、その値段じゃ買えないのかな?そんなワケで、バ
レル短縮化は止めました。今回の射撃で、30インチ・フルが最高に気に入ってしまったし。

ヒルシャーさんに会ったら、そう伝えて下さい・・・


電子書籍25番でも取り上げました、”パニック・イン・スタジアム・レプリカ” のレミントン・モデル742BDLです。
今回、映画にちなんで、私なりにオープニングを作ってみました。何故か敵役のコンバット・マスターピースも一
緒ですが(笑)。

この映画、子供の頃に封切で観たんですが、狙撃魔の銃が何だか分からなくて悩んだのですよ。「ばななまが
じんだから、えーけーよんじゅうなな?」などと、かわいらしい子供時代だったのです。今ではもう、すっかり醜い
大人になってしまいましたが、銃が何だったのかは知る事ができました。思い出深い映画なので、わざわざ(映
画で使われてた)トランジスター・ラジオまで探して購入しました。

DVDを買って改めて観ましたが・・・万人にお勧めできる名作とは言い難い(笑)。「買って観たけど、つまんねー
じゃん!責任とれ!」などと私にクレームしないよう。これでも当時はSWATを描いた貴重な映画だったのです。
月刊Gun誌の背表紙が紅白だった時代ですからね〜・・・(遠い目)

話を戻し、バナナ・マガジンはイーグル製を改造したハリボテで、10発しか入りません(カリフォルニアの規制も
あるし)。しかも、内部のデザインが悪く、ジャムの連続。リテイクが許されない水入りポリ容器撃ちでは、見えな
いようにノーマル・マガジン(4連)を使いました。ポリ容器までの距離は50ヤードくらい。M742にとっては役不
足ですが(このポリ容器なら100ヤードでも必中)、「置きに行くのマンドクサ・・・」って事で妥協。





2016年2月15日のブログにアップした動画と解説

↓各画像クリックでユーチューブに飛びます(別窓)。


先ずは、一番小さい弾薬のM17ターゲット・マスターピース22口径。自衛隊体育学校の集合教育で使用する
(今は使ってないのかな?私の時代はあった)リボルバーです。外見では前から銃口部分を見れば、22口径
と分かりますが、横から見た時は、リアサイト下のフレーム部分にピンが打ってあるのが見分け方です。リム・
ファイアーの縁を叩くファイアリング・ピンが内蔵され、それを固定するピンなのです。

使用弾薬はPMCスタンダード。ハイベロシティと同程度の初速があります。22口径なので、シリンダーやバレ
ルが超肉厚で重く、これの6インチ・バレルから撃つ22LRは、まるでモデルガンのような反動です。

トリガーチューンなどは一切していませんが、この条件(10ヤードで22p×17p的)なら楽勝です。ただし、こ
の速さで命中させるのは、38口径では無理ですね(笑)。


最近、バレルを交換してターゲット・マスターピースからコンバット・マスターピ―スに生まれ変わったK38です。
使用弾薬は158グレインのハードキャスト・ブレットを用いたリロード弾で、極普通のロードですが、軽いバレル
から発射すると、結構スルドイ反動があります。シャープなエッジのトリガーが指に食い込んで痛かった・・・

鉄的の跳ね方も、380ACPなどより強いので、コンバット用としての38スペシャルは侮り難いですよ。+Pなら
お釣りが来るんじゃないかな?


最近アップしたリロード(ハンドロード)動画で制作していた357マグナム弾を使用しました(笑)。125グレイン
のホローポイントを使用し、パウダーはウィンチェスターW231を8グレイン充填。初速は1450fps前後とハイ
ベロシティで、プレッシャーは4万psi近いんじゃないかな?御覧のように、昼間でもバンバン火が出ます(笑)。

んで、鉄的ぶっ飛んだwww

まあ、私の溶接がヘタレだったせいもあるのですが、さすがはマグナムです。ちなみに、44マグナム以上にな
ると、この鉄的では穴が開いていまいます。普通弾は45ACP、マグナムは357までですね。





2016年1月27日のブログにアップした動画と解説

今回はショットシェルのリロード動画をアップしました。行程が多いので、22のクリップを繋げた超大作!相変わ
らず、トークは拒否してノッポさん状態です(しゃべるの嫌い)。ゴン太君でも雇おうかな・・・「んごんごご〜!」


↓画像クリックでユーチューブに飛びます(別窓)

どうです?調子良いでしょ!ワンテンポ遅れてベースが回転するのは、ガス封入アブソーバーの力によるもの。
SUV車のテール・ゲートを支えてるアレです。レバーを下げる時に、アブソーバーを圧縮してロックし、レバーを
上げた瞬間にロックを開放し、アブソーバーが伸びる事でベースが回転するのです。

この機械が賢いのは、シェルが無くなった事を自ら認識して(パウダーを装填する手前の過程で感知する)、チ
ャージ・バーをロックする点ですね。これによって、最後の一発にショットを充填した時点で、パウダー供給を停
止、同時にショットも停止。床に素材をバラ撒かずに済みます。ショットが散乱すると、拾うのが一苦労です。

また、「プライマーの装着とパウダー充填を同時に行うのは危険では?」と気付いた方も居ると思いますが、実
際は、プライマーが押し込まれた時点(レバーが下がり切った時点)では、未だパウダーは落ちておらず、レバ
ーを上げる過程で、チャージバーがスライドして落ちて来ます(動画でチャージバーが動く場面参照)。万が一、
プライマーを押し込む時に発火しても、パウダーは未だ無いので大丈夫なのです。良く出来てますよホント。








2016年1月17日のブログにアップした動画と解説

ユーチューブで動画の編集が行えるのを知り、複数のクリップを繋げた動画をアップしました。ネタは、最近行っ
ているリロード作業の様子です。動画内にキャプションを付けてみたのですが、イマイチ鮮明じゃありませんね。
まあ、無料なので贅沢は言えません。

↓画像クリックでユーチューブに飛びます(別窓)

とまあ、こんな感じでガッチャンコガッチャンコと弾が出来ます。








2016年1月5日のブログにアップした動画と解説

(↓各画像クリックで、ユーチューブが別窓で開きます)

固定方法を改善したクレー・シューターです。一応、この機械は2個の皿を飛ばせると言う売り文句なのですが、
2個ではマトモに飛びません。セッティングが悪いのかな?1個の方がスピードが速い(マトモな速度)なので、
今の所、それで使っています。

インターナショナル・クレーをやってる人から見れば「こんなのクレーじゃねぇ!」と思うかもしれませんが、まあ、
遊びですからね。もう一人、助手がいれば、車の陰などに隠れて、真横に皿を飛ばす事もできます。一人だと、
7番マーク(ロー)を延々と撃つようなもので、確かに飽きますね。

自分でコールし、自分で紐を引いて作動させるわけで(笑)、その瞬間、腰がクイッと引けるのがセクシーwww


最近、スコープを取り去り、ノーマルのリア・サイトに交換したM1カービン。サイトは目見当で取り付けましたが、
ゼロインはバッチリ取れてました。しかし、リロード弾はパウダー不足でジャム(後退不良)の連続。ファクトリー
弾は20発くらいしか持って無かったので、斯様な無様な動画となってしまいました。最初の5連射は、UMC製
ファクトリー弾で、これが本来の作動性能です。カービンの名誉のために補足します。

鉄的の大きさは縦22センチ、横17センチで、距離は約50ヤードです。動画で(命中を)確認できるギリギリの
距離ですね。


普通の射撃動画だとワンパターンなので、ちょっと頑張ってみました。左手でカメラを持ち、時々モニターを確
認しながらの射撃です。言うまでもありませんが、こんな事は普通の射撃場では許されません。あくまでも砂
漠の安全なエリアで、自己責任でやってます。

鉄的のサイズは前述のとおり、22センチ×17センチです。車の陰からは、距離15ヤードくらいです。傍で見
ているほど、簡単ではありませんよ。拳銃ってのは、なかなか命中しませんからね。





2016年1月4日のブログにアップした動画と解説

(↓各画像クリックで、ユーチューブが別窓で開きます)

今年買ったベレッタM1935です。動画は5発づつの射撃で(マガジンには8発入るが)、後半の鉄的撃ちは距
離7ヤードです。リコイルの軽さが分かると思います。快適に射撃するなら、やっぱ32ACPですね。攻撃力は
380が断然上ですが、装弾数が一発減ってしまうので微妙な選択です。


これはユニックM17です。これも32ACPで、ビョーンと長いグリップには9発入ります(動画は5発だけ装填)。
スライド・ストップが一切無いので(分解用の手動式はあるけど、レバーが固くて操作困難)、ちょっと不便です。


過去何度か登場したVz24ピストル。これは380ACPで、鉄的の暴れ具合が32より激しいです。これもグリッ
プが長いので、380なのに8発入ります(ちなみにブローニング380は6発)。リコイルは32より強いのですが、
ショートリコイルなので、他のブローバック380のような「ガツン!」と来る衝撃は少ないです。

購入時はエキストラクターの不具合で、ジャムばかりでしたが、調整後はかなり改善されました。今回は50発
くらい撃ちましたが、ジャムはゼロでした。

「GoProお持ちなんですね」と言われたんだけど、そんな洒落たモンありません。片手にカメラ持ってやってま
す。最近は大分慣れて、上手く撮れるようになった。でも、自動焦点が合うまで時間が掛かるのが難点だね。








2015年11月16日のブログにアップした動画と解説

ブロー二ング380 ユーチューブ動画

ブローニング1910(モデル10/55)で、7ヤードの鉄的に射撃。使用弾は380で、このサイズの銃から撃
つと、ブローバック特有の衝撃で手が痺れるのですが、今回は然程気になりませんでした。銃のデザインが
良いからか?それとも俺が歳とって感覚が鈍くなった?

ご存知の通り、この銃のサイトは携帯性最優先のミニマム・サイズですが、それほど狙い難くはありません。
むしろ、パっとポイントして撃つには適しているかも(散弾銃の感覚で)。

思ったより反動が軽いので(使用弾はウィンチェスター95グレイン)、200発近く撃ってしまいましたが、ジャ
ムは無し!さすがブローニング!


ベレッタM81 ユーチューブ動画

これはベレッタのM81で、32ACPです(M84は380ACP)。以前の垂れブログでM82と記しましたが、良
く見るとダブルカラム・マガジン12連発のM81だったので訂正します。銃が大きい割に、弾薬が小さく反動
も軽いので、連射で当て易い。動画の連射間隔からも分かると思います。まあ、その分殺傷力も小さいので
一長一短ですね。


チーフズスペシャル ユーチューブ動画
7ヤード
15ヤード
7ヤード アップサイドダウン

アップサイドダウン・シューティング!?良い子は真似しないように。普通の射撃場でこんな事したら、追い出
されますからね。一応、この撃ち方は理由があり、「利き腕(右腕)を負傷した場合、左手で右腰のホルスター
から逆さに銃を抜き、小指でトリガーを引いて即応する」と言うのですが、そんな事するか?(笑) まあ、確か
に、左手で右腰のホルスターから銃を抜く場合、普通に握ろうとすると容易ではありませんけどね。皆さんも、
試してみてください。

チーフも小型拳銃から中型弾薬を撃つので、結構な反動(衝撃)があります。慣れてしまえば何ともありませ
んが、それでも数百発は撃ちたくないな〜。フレームが小さいので、片手でDAトリガーを絞るのは簡単です。
動画では15ヤードでも撃ちましたが、SAならカンカン当たります。バレルが短いからと言って、必ずしも精度
が落ちるわけではありませんからね。確かに、サイト・レングスは短いですが、それも人的誤差が生じ易いと
言う事で、銃そのものの精度とは無関係ですし。



と、言うわけで、この中で一番気に入ったのはチーフかな?ブローニングも優秀だったので甲乙つけがたい。
ベレッタM81も良かったですが、あの図体なら380のM84が良いな。

鉄的も調子良いですね〜!当てるタイミングで、振り子運動が加速されたり、ピタリと止まったりするのも楽し
いですよ。ちょっとしたムービング・ターゲットみたいでスリリング!








武器庫に戻る