12月29日 火
砂漠準備

前回、スチール・ターゲットを作って上手くいったので、今度はクレー射出機を改良。今までは、砂地への固定
が不十分で、バイクを積む梯子ランプに縛り付けて固定しましたが、不便極まりなかったのです。そこで、射出
機にバイクのチェーンを円形に溶接し、長いパイプを刺して固定するように改造しました。


          

こんな感じです。杭は両脇のナットがチェーンに接するまで打ち込みます。砂地なので、このくらいの長さの杭
なら簡単に入って行きます。むしろ、このくらいの長さが無いと抜けてきます。


さて、何でいきなりクレー射出機を改造したか?実は、ベレッタSO5のチョークを新調したからです(左下の赤い
シールの箱)。これを試したかった。


こんな感じでネジが切ってあり、銃口からネジ込むのです。交換チョークってやつですね。この銃は狩猟用のス
ポーティング銃なので、交換チョークは最適ですが、競技に使うなら中途半端と言えます。その場合、スキート
はスキート、トラップはトラップに特化された銃の方が良いでしょうね。


     

こんなツールを使ってネジ込みます。ネジ山にはモリブデンのスレッド・コンパウンドを忘れずに。


これは今まで使っていたブレイリーのセットで、「長いスロートで効果的に・・・」云々の宣伝文句なのですが、先
端が銃口から飛び出すのでカッコ悪いんですよ(笑)。




私信
>外務省がやらかしてくれた
と言うか、政府がヘタレ過ぎますでしょ。この国民にしてこの政治あり。ちょっと前には、子供だましの「マニフェ
スト」とやらに騙されて、鳩ポッポを総理に選んじゃう国民ですよ。先が思いやられます。憲法改正して、国軍を
持ち、アメリカと対等の軍事同盟を結ぶ!・・・なんて夢のまた夢。




一年の締め括りに嫌な話になっちゃったけど、皆さん良いお年を・・・





12月25日 金
32ACP

     

今日はクリスマスで仕事は休みですが、私の頭の中は、ベレッタの事で一杯です(笑)。マイナーなM1935を
選んだので、弾薬もこれまたマイナーな32ACPです。380なら400発くらい持ってますが、32は一箱(50発)
しか見つかりませんでした。上の写真は380と32の比較。32は25ACPと同じく、セミリムドなのです。

弾薬高騰の今、こんなマイナーな弾薬は50発30ドルくらいします。ちなみに、10年くらい前に買った、写真の
PMC製32は12ドル50セント。良い時代だった・・・

愚痴っても始まらないので、32ACPのリロード道具を探してみましょう。そのものズバリは持っていませんが、
流用できそうな道具で、心当たりがあるのです。


               

どこに仕舞ったかなぁ・・・


ありました!これは32S&Wロング用のダイです。何でこんな32ACPよりマイナーな道具を?実は、15年く
らい前に、センターファイア・ピストル競技で、ファス603(FAS603)ってピストルを使っていたのですが、これ
が32S&Wロング弾で、リロード次第では恐ろしく高精度な弾薬になるのです。


これがその弾です。銃はもう売ってしまったので、弾だけが残りました(笑)。具体的なレシピは忘れましたが、
ギリギリの低初速にセットして、25mで半インチに纏まった事もあります(平均は1〜1.5インチ)。使用する
ブレットは信頼のH&N製HBWCです。言うまでもなく、普通の32S&Wロングじゃ競技に使えませんし、何
よりワッドカッターじゃないと、長過ぎて銃のマガジンに入らない(笑)。

・・・て、探し物をしてる内に、思い出モードに入って脱線するパターンじゃねえか!軌道修正!


ここで、32S&Wのダイが流用可能か調査します。老眼鏡щ(゚Д゚щ)カモーン!

結果、ケース径がS&Wは .335 ACPが .336 と、余裕で許容範囲ですね。但し、32ACPのブレット径は
資料によって、.309だったり、.311だったり、.312だったりと曖昧です。結論として、どれでも大丈夫って事です
ね。米国で流通するファクトリーロードの標準は.311なので、買うとすればソレにしましょう。ホーナディXTP
60グレインってのが在庫アリです。通常は71グレインですが、軽量ホローポイントってのに興味があります。


     

ブレットはオーダーで時間が掛かるので、とりあえず、その辺に転がってた32ACPの空薬莢をリサイズして
みましょう。32ACPのリム径は32S&Wよりも若干小さいのですが、普通に32S&W用のベース・プレート
が流用できました。今のところ順調です!


カタにはめるぞゴルァ!!


イイっスねぇ〜!バッチリですよ。パウダーとプライマーは死ぬ程あるので、ブレットだけ買えばガンガン生産
できます。とりあえず、最初の薬莢を入手するため、200発ほどファクトリー弾薬を買う必要はありますけどね。

とは言え、今在庫しているプライマーやパウダーを使い切ったら(未だ当分大丈夫だが)、その後は大変です。
現在、プライマーは品薄で高騰。パウダーも値上がりが酷いです。昔は良かったなぁ・・・(←愚痴で終わる)


とりあえずクリスマスじゃ!鶏モモは品切れだったので、豚の生姜焼きを作りました。やっぱ鶏より豚だよな。
そしてワインはロゼ。これでベレッタM1935があれば最高なのですが、未だおあずけです。うう・・・





12月23日 水
ビッグウェーブに乗る

乗るしかねぇ!このビッグウェーブに!

ってなわけで、銃規制が厳しくなる前にピストルを買いました。タクティコゥには興味があまりないので、いつも
のように骨董品で、ベレッタのM1935です。(パソコン画像はネット検索ので、私のとは無関係です)

日本では380のM1934の方がポピュラーですが、ひねくれ者の私としては、数が少ないM1935の方が良
いかなと。買ったのは戦後モノですが、輸出向けではないので(非正規輸入)、M935ではありません。195
0年代の品で、グリップも古いタイプ。程度は上々です。ピックアップは来年2日。目出度い正月になりそうだ!


さて、今年からハンドガン以外の銃でも、全てテストに合格してサティフィケートをもらわないと、銃が買えなく
なりました。今年初めに、ハイスタンダードを買いましたが、あれは期限切れギリギリの旧サティフィケートでし
た。なので、今回新たに試験を受け、新規の資格を得なければなりません。

んで、25ドルの受験料を払って取得したのが上の写真。・・・チープな紙切れで笑えました。ちなみにこれは、
カリフォルニアだけです。アリゾナやネバダなんか、免許証だけで買えるのに。

テスト問題は、以前取った時と殆ど同じと思われ。前回は、「前科がある者は、刑期を終えてから、何時まで
経過したら、銃が買えるか? A→5年 B→10年 C→20年 D→生涯買えない」と言う問題で間違ったの
ですが、今回は間違えませんでしたよ。

皆さん分かりますか?

正解は・・・↓

































D→生涯買えない

でした。厳しいですね!日本だと、出所してから10年くらいで申請できませんでしたっけ?前回のテスト時は、
当てずっぽうでB(10年)にして不正解でした。

「刑期を終えた人への差別だ!」などと騒がれそうな気がしますが、アメリカは犯罪者は刑期を終えても厳しい
のかも。性犯罪者なんか、完全にマークされますからね。


鉄砲仲間が来たのでシャブ・パーティ。この携帯コンロは、凄まじい年季が入っててドン引きされますが(笑)、
もう10年以上使ってます。信頼のイワタ製ですからね!数年前、友人に新品の携帯コンロをプレゼントされた
のですが、「お隣の国製」だったので、ガス漏れが発生して半年ももちませんでした。んで、これが返り咲いた
と。やっぱ買うならメイドインジャパンですね。





12月20日 日
ブローニング弄り

こうして見ると、スプリングフィールドXDなんかと同じなんですよね。グロックのセーフアクションが、どうして安
全性を確固たるものとしたかは、2/3ダブルアクションを基本としているからです。つまり、レスト時はファイア
リング・ピンがコッキング状態には無い点です。基本的にDAOですからね。

XDやその他コピーの場合、トリガーの引き味こそグロック風ではありますが、機構はSAストライカーです。つ
まり、写真のM1910と同じなんですよ。M1910は、シアーをブロックするグリップ・セーフティを備えますので
、グリップを握っていない状態では、シアーが勝手に動く危険性はXDと同じです(ゼロに近い)。

違う点はファイアリング・ピン・ブロックを備えるか否かのみで、もしもM1910にそれを備えれば、XDと同等の
安全性になると言っても過言ではありますまい(←誰?)。

そう考えると、M1910が大した銃なのか、或いは最近のグロックもどきSAストライカー・オートが大した事無
いのか?微妙ですね。まあ、売れてるみたいだから、大きなお世話でしょうけど。


この銃で気に入らないのは、このマニュアル・セーフティです。ディテント・ボールが無いのが分かると思います
が、カチカチしたクリックがあるわけではなく、セーフティを内側に少し押し込みながら、上下に動かすのです
(軸にスプリングが仕込んである)。これが曲者で、セーフティを掛ける際は押しながら上げる必要があり、解
除の際は、何故か押さなくても下がってしまいます。しかもクリック感は殆どないので(「ズルッ」と言う感じで下
がる)、何かの弾みで勝手に解除される危険性を感じます。まあ、その分、グリップセーフティの信頼性が高い
ので、暴発の危険性は少ないと思いますが。変に凝らずに、普通のディテント・ボール式にして欲しかったよ。

追記
分かり難かったな?押しながら上げるとは、セーフティ・レバーを、軸方向に(銃側に)押し込みながら、跳ね上
げると言う意味です。解除方向では、何故か押し込まなくてもレバーが下がり、その際のクリック感が殆ど無く、
ズルっと下がるわけ。確か、戦前モデルを触った時も、そんな感じだったと記憶しています。


これは武器庫のバウワー(ブローニング・ポケットのコピー)でもレポートしましたが、1910にもエジェクターと
言う部品は存在せず、大きく突き出すファイアリング・ピンが、その役割を果たします。空ケースを弾き出す場
合は良いでしょうが、チャンバーに装填された実包をエジェクト(抜弾)する場合、ファイアリング・ピンがプライ
マーを突き押す事になるわけで・・・怖いですよね。勢い良く抜弾したら、ドカーン!となるのでは?

以前、バウワーで実験したのですが(パウダーを抜いた実包を、可能な限り勢いをつけて抜弾する)、プライマ
ーが発火する事はありませんでしたけどね。この手の銃を抜弾する際は、スライドを加減して引いた方が無難
でしょう。


この銃は質草なので、お金が戻らなければ買い取りなのですが、このトリガー・ガードが嫌なんですよね〜。
この個体は1970年初め頃の製品ですが、この頃だけ、写真のようにトリガー・ガード側面を削り過ぎ、分厚
いシェイプになってしまっているのです。戦前の1910や、60年代の10/55では、普通に薄い仕上げなの
です。70年代は、全体的に銃の品質が低下する傾向にありましたが、何故こんな風に削ってしまったのだろ
う?コストとは関係ない部分ですし。謎です。

程度極上なので喜んでいたのですが、この点でかなりガッカリです。この銃を最初に見た時、どうも違和感は
あったのですけどね。気付くのが遅かったです(笑)。


M1カービン ノーマル仕様計画!

不定期刊25番の最終8巻で予定している、M84スコープ付きM1カービンですが、レポート作成後に「やっぱ
ノーマルM1カービンも味わいたい」と欲望してしまいました。映画、狼たちの午後や、クレイジーズなど、ノー
マルM1カービンが活躍する70年代ムービーを、最近また観てしまったからです(笑)。そんなわけで、イーベ
イでリアサイトとハンドガードを落札し、それが昨日届いたのです。

スコープ・マウントはボルト・オンですから、撤去されたリアサイトを元通りにセットし、スコープ・マウント用に穴
が開けられたハンドガードを、普通のに替えるだけで、ノーマル仕様に戻ります。
(残念ながら、不定期刊25番のレポートには間に合いません。レポートはM84スコープ付きになります。ネタ
としては、そっちの方が珍しいですし)

余談ですが、映画、クレイジーズは、最近のリメイクじゃなく、ロメロの方です。長年私のサイトをご覧の方々は
ご存知と思いますが、私がリメイク映画で良しとするのは恐怖の報酬(77年)だけです。基本的にリメイク嫌い
です。吹き替えも大嫌いです(別に英語に精通してるわけじゃあなく、役者の声を尊重してるだけ)。意固地で
すみません。


エレベーションは4段切り替えで、写真左が300ヤード、中間の250、200を経て、右が100ヤードとなります。
このサイトは、プレス加工のRock‐Ola製で、一番後期型です。そして、銃本体はアンダーウッド製なのです。

さて、マニアのツッコミが入る前に説明しますが(笑)、アンダーウッドが製造したのは初期〜中期なので、L字
フリップ2段式リアサイトがオリジナルなのです。厳密には、Olaのサイトはミスマッチとなってしまいます。です
が、この銃は1953年以降、軍によるリビルドを受けています(それを示す印が入っている)。なので、セーフテ
ィは後期型のフラッグ式に、フロント・バンドはバヨネット・ラグ付に改装されています。したがって、リアサイトも
その時にL字型からアジャスト式に改装されたと考えるのが妥当です。しかし、アンダーウッドはアジャスト式を
作っていませんから、必然的にロック‐オラ、インランド、ウィンチェスター、クォリティ・ハードウェアズ、IBMの何
れかが製造したサイトを取り付けたと考えられます(最後の2つは少数生産なので除外されると思う)。

したがって、今回のチョイスは決して間違ってはいない!俺は正しい!猿山先生も悪くない!

・・・なんか文句ある!?www


               

取り付けはアリ溝に叩き込むだけ。今も昔も、米軍のリアサイトは良く出来ていますね。民間用の商品としても
十分通用する出来です。ああ、早く撃ってみたい。


サッポロ一番の豚骨!?サッポロなのに豚骨とは無節操な気がしますが、そもそもサッポロ一番は北海道の
会社じゃないもんね。それは良いんですが、この豚骨味はかなりマイルドですね。臭みが全然ない。もしかし
て、国外販売用なのかな?英語表示ではチキン味になっていたし(笑)。豚骨なのにチキン味って何だよ!?
まあ、美味かったけど。

壁紙は7000円のナズーリンwww





12月19日 土
人工肛門?

     

バランサーからオイル漏れしていた3MAですが、漏れたオイルを拭き取ったあと、数日間エンジンを掛けたり
走ったりして様子を見たところ、新たに漏れる事はありませんでした。自然に直った?

恐らく、フロント周りをバラしている間、エンジン下部(ちょうどバランサーの下)にパンタ・ジャッキを掛けて支え
にしていたんですよ。一応、木片を噛ませてあったのですが、長時間でクランクケースが微妙に歪み、シール
からオイルが漏れたのかもしれません。それで溜まっていたオイルが、長距離走行で出てきたと。

その歪みは塑性の範囲外だったので、ストレスを取り去った後は元通りになり、オイルが漏れなくなったと・・・
その予想が当たりにせよ外れにせよ、繊細なエンジンのケースには外圧を掛けない方が無難ですね。


     

念のために新しいシールはオーダーするとして、それまでの間、漏れたオイルがカウル内側を汚したり、垂れ
てタイヤに付着したりを防ぐため、ドレーンを設ける事にしました。

ジェネレーターカバーのパッキンには、オイル漏れした場合にドレーンするよう、もともと凹みがあります。その
部分を少し広げ、シリコン・チューブを接着し、漏れたオイルが真下に垂れないようにしました。


     

人工肛門!? これをスイングアーム下部から赤円内に出し、万が一オイル漏れが再発しても、タイヤに付
着するのを防止できます。

まあ、応急処置ですが、恐らく漏れが再発する事はないと思います。しばらくはコレで様子を見て、漏れない
ようなら、チューブを短く切りましょう。


オラ!ちゃんと押さえとけよ!


厄介に思えた3MAのカウル着脱ですが、右側だけならネジ5本で簡単に外れます。下部にヒンジがあるので、
ご覧の通りパカっと開きます。慣れると簡単でしたね。


メインジェットを180から200番に上げた結果です。ちょっと濃い目だけど、高速走行が多いので、焼き付き防
止には丁度良いと思います。走りは180番の時よりスムーズになったし。


ワインターイム!一日一杯なら健康に良いけど、ワインはアル中への入り口なんだよね(笑)。気を付けよう。





12月13日 日
ブローニング弄り

とりあえず開けて見ましょう。ブッシングを爪で押しながら、左右どちらかに90度回します。


ビヨーン!強いスプリングが飛び出すので注意。


スライドを写真の位置に止め、バレルを左に約90度回すと、バレルとフレームの噛み合いが外れます。ちな
みに、先に説明したブッシングを回して外す過程を省いても、同じようにスライドを外す事が可能です。その
場合、スライドとバレルは組まれた状態で外れますが、簡単な掃除ならそれで充分です。リコイル・スプリン
グが飛び出すリスクも回避できます。


スライドを前方に引き出す前に、一度マガジンを入れてトリガーを引き、ファイアリング・ピンを落としてから分
解した方が無難です。



↓そうしなくても分解は可能ですが・・・

このように、ファイアリング・ピンがコッキング状態で外れるので、何かの弾みで「ビョーン!」とバラける危険
があります。この状態で外した場合は、直ぐにファイアリング・ピンを押さえて外した方が無難です。


ファイアリング・ピンを外すと、フレーム側はこうなっています。トリガー・バーがディスコネクターを兼ねる、お
馴染みのスタイル。バレルは凸凹に合わせて乗せてみました。


バレルを乗せるとこんな感じです。4つの凸凹が噛み合っているだけで、特に固定はされていません。バレル
のチャンバー側上部に突き出したツノは何?


          

これは発射時にバレルが配転するのを防止しています。この雄々しいツノが、スライドに開いた穴に合体する
のです。M1911のバレル・フードみたいなモンですね。


次回につづく


3MAにオイル漏れ発生!

昨日のマルホ・デビューから一晩経過し、オイル漏れが発生しました。いや〜ん!
カウルを外して調べると、これはバランサー・シャフトのシール不良ですね。パーツはヤマハで入手できるよう
ですが、ヤマハは海外通販しないので、誰かに頼むしかないですね。昨日、日本から来た友人にでも頼もうか
な。バランサーを分解するには、クラッチ側のカバーも外す必要があるので、ついでにウォーター・ポンプのシ
ールも交換しましょう。

程度良いバイクでも、20年経っていればトラブルは出ますね。





12月12日 土
3MA出動!

          

金曜の夜から速攻で組み立て。草レースを意識してか、保安部品の着脱は簡単です。


     

そしてマルホ・デビュー


     

そして馬之助。西日を避けて日陰にじっとしているのが可愛かった。眩しいのは嫌なのね。


     

眩しいのが困るには私も同じでした。ブラインド・コーナーで、更に西日攻撃があると、殆ど何も見えなくなりま
す。日が短い冬の季節は、もう少し早く(午前中)出発するべきでしたね。

今までのテスト走行で、高速域のガスが若干薄いのが分かったので、180番のノーマルジェット(メイン)を、
200番に上げてみました。結果は大正解で、低速域でのトルク・スカスカが幾分改善され、信号が多い街中
でも乗り易くなりました。5千辺りでのマゴつきも改善。フルスロットルでのパフォーマンスを維持したまま、低
速でも極普通に扱えるようになりました。

まあ、これは個人的な結果論なので、全ての個体に当て嵌まるかは分かりません。日本の3MAユーザーの
中には、随分苦労してる方も居るようですので、気候なども影響しやすいのかも知れません。カリフォルニアは
20℃〜30℃の間で安定していますからね。

峠では2速を多用し、7千回転キープですと、3速まで上げる事は稀でした。欲を言えばクロースミッションが欲
しいかな。今まで安タイヤや古いタイヤばかりで走っていたので、バトラックスのグリップ力は感激でした。攻め
た後は、サイドがベタ付くほど柔らかいんですよね。日本では当たり前なのかも知れませんが、安タイヤに慣
れた私には新鮮でした。もう少し慣れたら、もっと攻められるだろうけど、今は未だ「滑るかも?」と不安感があ
るので、イマイチ開け切れません。


     

前傾姿勢がハンパないですが、意外と疲れませんでした。腰痛にもならなかった(笑)。いいですね〜3MA!
これはマルホ専門マシンとして末永く愛用したいです。


     

夕焼けビーチ


     

ご苦労様でした。タイヤは微妙にアマリング(笑)。まあ、とりあえず今回は安全マージンを多くとって様子見
ですね。マルホの名物ヘアピンでコケると、動画に撮られ勝手に世界配信されてしまいますので安全第一!


夜に、日本からの急な来客があったので、レトルトの”ごくうまハンバーグ”でワインパーティ(笑)。最近のレ
トルト・ハンバーグ(日本の)は美味いよね。昔のマルシン・ハンバーグとは比べ物にならない。これにカリフ
ォルニア・ワインが合うんですよ。





12月6日 日
ガンショップが大繁盛!

海経由でガンショップに行きましたが、駐車場に列ができるほどの大繁盛!言うまでもなく、例のテロ事件の
影響です。おいおい・・・俺も買わなきゃダメか?このビッグウェーブに乗らなきゃダメなのか?なんか嫌な
ウェーブですけどね。正直、どれも似たような格好のアサルト・ライフルは興味薄いんですが、また規制された
ら何時買えるかわからんしな〜・・・

でも、質草の金が戻らなきゃ、銃3丁買う事になっちまう。この上、2千ドル以上のアサルトを買うのは無理
だよ。どーするアイフル。NS250売ろうかな〜・・・(意外な展開に)

そんなわけで、NS250の販促動画をアップ(笑)


          

とりあえず、ガレージに帰ってクールダウン。3MAの続きで心を落ち着けました。

ところで、今日のガンショップで、ダブル・トリガーOUのメルケルを見つけたんですよ。旧東ドイツ時代の製品
かもしれません。オイル仕上げのストックで、彫刻も見事でした。ボックス・ロックなのですが、値段が2千7百
と手頃なので(メルケルにしては。サイド・ロックだと一桁増える)、心が動きました。お金があったとしたら、ア
サルトじゃなくてメルケル行くかも?ビッグウェーブに関係なくなってしまいますけどね。ベレッタSO4を下取り
に出そうかな?ベレッタはSO5も持ってるし。

質草の3丁も欲しいし・・・悩む。





12月5日 土
銃規制ヤバいかも

テロ野郎が調子コイてるせいで、銃規制がまたヤバくなりそうな予感。これでまた、屁みてェな正義を翳した
連中が活気づくと思うとウンザリしますが、まあ憂いても仕方ないので、次期大統領が共和党から出る事を
祈りつつ(トランプは正直アレだが)、NRAにドネーションです。ヘストンも草葉の陰で応援しているでしょう。

ちなみに私、イスラム教徒は嫌いです。「平和的」とかどの口がホザきやがる。ってのが、私が周囲のイスラ
ム教徒と接した率直な感想。何事も無ければ平穏ですが、宗教に関して何かあると、平気で暴力に走ります
からね。その辺のプロセスが他の宗教信者より短絡的。まあ、勝手にやってくれって感じですが、私の趣味
に影響するとなると黙ってはおれぬ。

・・・まったく、何とかしろよ木野秋!(←無茶ゆーな)

追記
じゃあ、何教徒なら好きなの?って言われると、全て嫌いですけどね(笑)。「信者」と言われる連中は皆、嫌
いです。床●信者とか、イチ●ー信者とかwww だが稲田朋美信者だけは承認・・・俺も混ぜて!



・・・まあいい、そんな事はどーでもいいんだ。
ではブローニングを吟味しましょう。

     

VZ24ピストルとの比較。
同じ380acpですが、VZ24はショートリコイルなので、サイズに影響しています。只し、グリップ・サイズの違い
は、装弾数が異なるので比較はできません。スライドを引く力は、確かにブローバックの方が強いですが、言
われなければ気付かないレベル。リコイルも、然程違いませんでしたね。これならば、380でのショートリコイ
ル機能は要らないのでは?とも感じますが、最近の製品ではショートリコイルの物が多いですね。微妙なとこ
ろなのでしょう。


九四式拳銃との比較。
これも弾薬の威力は同等なのに、サイズに大差がでてしまった例です。九四式には小型化の意思が無かっ
たわけではなく、これ以上小さく出来なかったのです。ブローニングの方は、やろうと思えばまだ小型化する
事は可能ですが、リコイルの問題から、このサイズが妥当でしょうね。M1922では、逆に大型化しているの
が皮肉。世の中上手く行かない。


ハイスタンダード・モデルGとの比較。
弾薬は同じですが、用途が全く異なるので、サイズの比較は無意味?モデルGの場合、M1911のサイズと
重量がありますから、これで撃つ380のリコイルはマイルドです。380を使って射的遊びするには最適です。
問題は、射的遊びをする人は380なんか使わないって事で、その辺も売れなかった理由の一つと思います。
プリンキングなら、普通は22LRですからね。でなければ、普段実用に使ってる銃で遊ぶでしょうし。


               

それぞれを握った感じ(写真サイズは差があり、均等ではありません)。

やっぱブローニングはカッコいいです。不二子ちゃんのフトモモからVZや九四式が出てきたら、興醒めです。
・・・嫌、九四式だったら、エログロ的な観点から「アリ」か?芸術?もはや九四式は芸術の域なのか!?

と言った感じで夜は更けて行きます。


3MAのフロント周りに着手

NS250が綺麗になったので、3MAが嫉妬しないようにフロント周辺の美化に着手。先ずはフォークですが、
シールからの漏れは無かったので、オイルだけ交換しました。アウターチューブの外側は腐食していたので、
古い塗装を剥がし、320番のペーパーで足付け。


エナメルのホイール用スプレーを使いました。ホイールに用いるだけあって、塗膜が丈夫なのです。ちなみに、
エナメルは全体的に丈夫ですね。ラッカーは塗るのが簡単ですが(乾きが早く、ハジキ難い)塗膜は一番弱い
ので、私は滅多に使いません。


エナメルはハジキ易いので、ヒートガンで温めながら吹きます。言うまでもなく、事前にケロシンやアセトンな
どで完璧に脱脂しておきます。


完成。オリジナルよりもメタリック紛が少し荒いですが、まあいいでしょう。次は何をやろうかな・・・





直接来られた方の為に・・・ウェルカム!
トップページに行く