カワサキH1プロジェクト

私のガレージ内に、ここ暫く動きが無く、何か新しいプロジェクトをブチかまそうとスタートしました。この2台のH1F(1975年型)は、友人の
ガレージに眠っていた物で、この内の一台を、私が所有するグリーンのスズキGT550とトレードする事で話が決まりました。

私のGT550は2台あり(73年のブルーと74年のグリーン)、グリーンは3千ドルで売りに出していたのです。つまり、写真のH1を3千ドル
で買ったとも言えるわけで・・・ちょっと割の悪い取引ですが、まあいいか・・・

後日談
交換したグリーンのGT550は、日本のヤフオクで50万円で落札されたそうです。ぐぬぬ・・・(汗







こっちを買いました

一見するとライムグリーンの方が「まとも」でしたが、クランクが駄目だったので、こちらに決めました。あまりにもボロいので、幾つかの
パーツは、ライムグリーンからスワップする条件を追加。この写真を撮った時、フロントフォークが若干曲がっているのに気付きました。
ライムグリーンの方は錆が多いし、新たに中古良品を買うしかないですね。

後日談
>クランクが駄目だったので、こちらに決めました。
結局こっちのクランクも・・・







エンジンは・・・

3発とも弱いなりに圧縮があり、「まあ大丈夫かな」と判断しましたが、結論から言うと、甘かったですね(笑)。







う〜ん・・・

メッキ・パーツはことごとく駄目です。日本ですと、まだ再メッキ屋さんが多いのでしょうが、カリフォルニアでは環境問題から、小工場が
激減しました。個人規模で頼めるショップが少ないので、リクロームには大変なコストが掛かります。ハーレーのレストアでも述べました
が、中古バイクを選ぶ上で、クロームの状態は最優先事項です。エンジンを直したり、塗装したりは、私の場合は自分で出来ますから。







メーターは無いですが・・・

メーターは友人が持っているH2のパーツを貰う事になっているので大丈夫・・・と思っていました。パっと見、H2と共通に見えたからです。
しかし・・・







ブレーキ・キャリパー欠損

しかし、キャリパーもライムグリーンからスワップする事になっています。タイヤもスワップ条件ですが、リムやスポークは全て駄目ですね。







タンクは・・・

錆び取りしてイケるかな〜?と思っていましたが、下部の縁が腐って穴だらけだったので断念。







小汚いだけでなく、なんか臭いんですよ・・・

・・・って!

ミッ●ーマウスのお家がある!

ふざけんじゃねー!ねずみ尿くせーんだよ!敷金返さねーからな!なんかもうやる気なくなります・・・

ここに至って「今回の取引は、俺がババを引いたのでは?」と、後悔の念に襲われましたが、健気に考え直しました。頑張れば、きっと
良い事がある!前向きに生きるんだ俺!●ッキーマウスの尿なんかに負けちゃだめだ!デズニー大嫌いだ!氏ね!(←八つ当たり)







目次   1                           10

  11  12  13  14  15  16  17  18  19