7月28日 月
勘違い

ショベルFLTをCVキャブに改装した際、「極初期のエボリューションでは、CVキャブとハム缶エアークリーナー
の組み合わせが存在する」と思ったのだけど、調べたら違いました。

と、その話の前に・・・

調べる為に引っ張り出した、エボリューションがデビューした頃の本です(昭和60年発行。写真の本は初版)。
今でも暇な時に読んでいるので現役本ですが、でもまあ、当時を思い出すと懐かしいですね。この頃は、エボ
に拒絶反応を示すファンが多くて、私もその一人でした。スラっと伸びたシリンダーとヘッドが、ハーレーらしく
ない気がして嫌いだったのです。「ブロック・ヘッド」などと、絶対に定着しそうにない愛称をゴリ推ししていたの
も拒絶反応に拍車を掛け、私は「座布団」と呼んで蔑んでいました(下衆だな〜w)。しかし、あれから30年も
経ち、TC全盛の現在では、エボも十分古臭く感じますね(笑)。何と言っても、腰下は共通部分が多いですか
らね。上も下も全て変わってしまったTCに比べると、ナックル時代からの面影がエボには未だ残っています。
現在TCに乗ってる人は、あと何年か後に「空冷OHVだったTCまでが、ハーレーの面影を残して(以下略)」
などと嘆くのでしょうね。

・・・まあいい。そんな事はどーでもいいんだ。

問題なのはこの写真で↓

これが極初期のエボで、私の記憶どおりハム缶クリーナーが付いています。しかし、上のエンジンの写真を見
ると・・・京浜バタフライやんけ!(←何で関西弁?) そっか〜・・・初期エボは未だバタフライのままだったか。
だからクリーナーも同じだったのか。「エボ=CV」と言うイメージで勘違いしてたよ。

と言う事は、昨日のスワップ・ミートでは、在る筈のない虚無パーツを必死で探していたのか・・・orz

でもまあ、苦労して切り貼りしたCV用ハム缶クリーナーは無駄にならなかったわけで・・・プラス思考で行こう。



↓気を取り直して、戦利品チェック

CV化したので、予備を買ってきました。ブレーキホースやケーブル諸々、全部で60ドル。イーベイではCVキャ
ブだけで100〜200もするので(中古でも)お買い得でした。以前の私なら、それでも値切っていたのですが、
最近は適価と判断して納得した場合、値切らない事にしました。私は時々売り手の立場にもなるので、あまり
エゲツナイ交渉は疑問に感じたからです。強引に値切って得したつもりになっても、その分、必ず何処かで損
するようになっているのです。仏か!?俺に仏が降臨したのか!?スゲー俺!かっけー!!


          

小汚かったけど、洗ったら綺麗になりました。パーツもまだまだ使えますね。てゆか、コッチを使った方が良い?
どうしようかな?メイン・ジェットは195番でした。これは80ciのエボ・ローライダーに付いていたキャブなので、
やはりショベルで175番は薄すぎです。そう言えば、FLTの前オーナーは、ディーラーでCVキャブに換えたら、
高速走行で余計に調子悪くなったと嘆いていたな。だから俺に投げ売ったのか?ジェット交換で済んだのに。



↓ぬこ熱ダレ







7月27日 日
スワップミート

     

昨日、オイルをフルシンセティックの15W−50に換えたので、スワップミートに行きがてら、様子を見ることに
しました。先ず、気温25℃での冷間スタート直後ですが、無負荷回転数3千RPMで左の写真。油圧計は一
番左側で、目盛りは左から0 20 40(真上) 60 80となります。写真は60psiを指しています。ちなみに、
シングル60番時代では同条件でメーターが振り切れ、暖機が済むまでは回転を上げられませんでした。チョ
ッパーの1号車では、冷間時に3千回転まで上げると、直付け100psiゲージが完全に振り切れ、ブルドン管
が伸びて3個ダメにしました。なので今はもうゲージを付けていません。

写真右はフリーウェイに乗って30分くらい経った時点です。左から2番目のメーターは油温計ですが、華氏
175度を指しています。油圧は30psiまで下がりましたが、これはシングル60番時代と同じで、正常値です。
この後、最終的に油温は華氏220度(エンジンから出た直後。オイルタンクのゲージでは170度くらい)まで
上がって安定しましたが、その時の油圧は3千回転で23psi程、アイドリング時の600回転では18psi程で
した。

まとめると、シングル60番の時と変わったのは冷間時の油圧だけで、温まると殆ど同じ結果ですね。やはり、
マルチは冷間で柔らかく、温まると粘る訳です。当然と言えば当然の結果となりました。シンセティック効果は
特に無かったですが(私にプラシーボは効かない)、逆に言えば、オイルが柔くてノイズが増えたとか、リフタ
ーが鳴り出したなどの症状も一切なし。オイル漏れに関しては、2時間ほどのテストでは分かりませんね。今
後、乗り続けて様子を見ましょう。

現時点での結論は、シングル60番を20W−50シンセティックに換えても問題なし。冷間時に神経を遣わな
くて済む部分はメリット。


     

到着です。受付はちょっと並びましたが、油温・油圧は正常。アイドリングも「タッタカ・タッタカ」と安定。今日は
雲がありましたが、気温は30℃以上で、少し蒸し暑かったです。


     

ナンシーも寄り付かないマイナーなショベルFLT!(笑) いいね。鬱陶しくなくていいね。


          

華やかなショベルFLH。一生懸命探したけど、ショベルは少ない。全体の数パーセントですね。


                 

レストア専門店の展示。エンジンのシルバー塗装がちょっと減点でしたが(写真ではわからない程度)、金を
取るだけあって良い仕事してますね。でも、ここまでやっちゃうと、勿体無くて乗れなくなっちゃいますからね。
私が貧乏症なだけか?


     

XLCR?4千ドルは安いので、ナンバー違いのエンジンでも悪くないかな?と考えましたが、でも「XLCR」の
説明は一切無いですね(笑)。「なんちゃって」か?う〜ん・・・気になる人は電話してみよう。


さあ、探してるパーツは見つかるかな?キャブをCVに換えたので、スペアを探したのですが、意外とタマ数は
無かったです。バタフライはゴロゴロしてるんですけどね。戦利品については、明日にでもアップします。


帰還後、戦利品のチェックをしていると、友人から「近所に自家製ビールの店ができたので行こう」と誘いが。
行ってみると、何かスゲー!普通の倉庫を改造し、工場兼ビアホールになっています。


1杯5ドル程ですが、おつまみの落花生とプレッツェルはフリー(おつまみの持ち込みも可)。とりあえず、3種
類を試しましたが、う〜ん・・・違いがわからない男なので、甘い、辛い、苦い、くらいしか分かりませんでした。
でもまあ、美味かった。珍しい店なので、繁盛していましたね。


これがメニューです。よく読むと、いろいろ違っていて面白い。





7月26日 土
FLTオイル交換

「だばぁ」しないように、ダンボールで水路を作って抜きます。

さて、ただのオイル交換ならブログのネタにしなかったのですが、今回はシングル50番(私は60を使ってい
たけど)をマルチ・グレードの15(或いは20)W−50に換えてみました。これは、「ショベルヘッドの後期型は
20W−50でもOKと言う話を聞いたのだが?」と言う質問があったからです。ハーレーのマニュアルでは「ヘ
ビー」だの「ライト」だの、自社の規格で指定しているので、どうもハッキリしないのです。じゃあ、私が人柱に
なって、試しに入れてみようと。確かに、マルチの20−50なら、オイルの運転温度(100℃だっけ?)では
特に問題は無い筈です。低温時のポンプやガスケットへの負担が減って良いかもしれません。

もう一つ、「最近のフル・シンセティック(化学合成)・オイルは、古いバイクや車に使うと、パッキンが変質して
オイル漏れを起こす」と言う話。私的には眉唾だと思います。昔のパッキンは紙やコルク、シールは耐油ゴム
が主で、現在はシリコンやフッ素、テフロンなどと、確かに材質は変化していますが、しかし、耐油ゴムを変質
させる程の薬品力があるとは思えません。そう言う話ではなく、そもそもオイル漏れや滲みが、少なからずあ
る個体の場合は、オイルの高性能な浸透性が仇になって、漏れが酷くなる言う事では?元々、漏れが無い
場合は、古い車両でも大丈夫だと思いますけどね。

まあ、それもこれも、入れてみれば分かる事です。迷わず行けよ!銘柄は、信頼の「モービル1」にしました。
モービルに限らず、最近の車は高精度なので、冷間でも軽い10Wだの5Wだの、挙句に0Wなんてのが主流
で、20W−50なんて売ってません!やっと見つけたのが写真の15W−50ですが、マイナーなので、徳用
5クォート入りが無く、1クォート9ドルの割高で購入する事に。まあ、シンセティックは交換スパンが長いから
良しとするか・・・


「1クォート9ドル!」と念じながら投入。勿論、フィルターも換えて古いオイルは極力排出しました。4本弱入り
ましたね。

明日はバイクのスワップミートがあるので、試運転してみましょう。わくわくするのう・・・


鋳鉄フライパン購入

猫のエサを買いに、アメリカン・スーパーに行ったのですが、トラディショナルな鋳鉄フライパンが13ドルで売っ
ていたので即買い。勿論、アメリカ製です。中国製のアルミのテフロン加工が10〜20ドルするので、絶対に
お買い得ですね。以前、スワップミートで中古が20ドルで売ってて、買おうか悩んだのですが、止めて良かっ
たです。

このザラザラ感がいいね〜!まるでショベルのシリンダー?アイアン・スポーツのヘッド?重さが2.3キロもあ
って、レジのおばさんが「おっも!」と驚いてました。女子供はお断りの男のフライパンです。


先週もらってきたアウトドア用ガス・レンジは凄い火力で、こっちをメインに使うことにしました。これなら中華料
理も出来そうです。


   

油で空焼きした後、試しに卵を焼いてみました。鋳鉄は熱し難く冷め難いので、一度温まると、予熱でじっくりと
熱を通せます。テフロン加工でもないのに素材が焦げ付き難く、写真右のようにサッと剥がれます。いいね〜!
今度、グライド・イン・ブルーを観ながらポークチョップを焼こう。





7月24日 木
CVキャブ化、完了

     

やはり、京浜バタフライ用のハム缶クリーナーを、CVキャブに合うよう加工するのが一番の手間でした。写真を
撮り忘れましたが、内部のパネルは切り刻んで溶接補強してあります。外部のメッキ・カバーも残念ながら上部
を一部削れなければならず(写真左)、以前の程度極上品を使うのは勿体無いので、スワップミートで売っ払う
予定だった古い物をレストアして(予想以上にピカピカになった)利用しました。

と、ここまで終わって気付きましたが、確かエボリューション時代になって間もなく、CVキャブにショベル時代の
ハム缶クリーナーを付けた物が存在するんですよね。それが手に入れば何の手間もなく、一番良いのですが、
確か極初期の1〜2年だったと思うので、ヘタなビンテージ・パーツよりも入手困難だろうな〜・・・ダメ元で、今
週末のスワップ・ミートに出掛けてみるか。暫く行ってなかったし・・・


以前のテストランで、175番のメインジェットでは薄すぎると判断し、185番と195番を入手して、今回テストした
のですが、185でも未だ薄い。195で、やっと写真の状態。もう少し煤けても良いくらいですが(ショベルでは)、
とりあえず、これで暫く走ってみましょう。


     

日系スーパーで、北海道産長芋を発見!これ大好物なんですよ。とろろにして、ご飯に掛けると最高です。惣菜
は酢豚。こちらのスーパーでは、気をつけていれば中国産や韓国産は避ける事が容易なので助かります。日本
は大変みたいですね。食材を輸入に頼る率が高いので止むを得ない部分もありますが、「安けりゃ良い」と言う
消費者気質を変えないと。牛丼が300円とか異常ですよ。ちなみに、こちらの吉野家はレギュラー牛丼が4ドル
50セントくらい(税抜き)。日本の感覚では500〜600円の価値で、全体的に物価高傾向の中では、まあ妥当
だと思うけどね。日本は何でも両極端が多く、調度良い按配に落ち着くのが下手な気がする。




追記
都知事が本領発揮し始めたな(笑)。誰だよ、こんなのに票入れた奴。例の「ののちゃん」と言い、立候補する方
もアレだが、選ぶ方も相当イカれてるよ。どうしちまったんだ?日本人?





7月20日 日
CVキャブ試運転

エアークリーナーは未だ加工中ですが、どっちみちセッティングしながら運転するので取り付けません(厳密には
エアフィルターを付けた状態でセッティングするが)。


海周りで銃砲店に寄った。キャブの調子ですが、セッティングは殆ど出ている感じで、カブリやバックファイアは無
し。スロー・ミクスチャーは2回転戻しで組みましたが、試運転中に触る事はありませんでした。可変ベンチュリー
の効果で、加速はスロットルに追随し、幾分スムーズに。逆に言えば、それ以外の変化は特に無し。一定速度で
走っている分には、以前のバタフライと同じです。これは当然で、NAでの吸入量は限りがあり、その理論空燃比
は決まっているので、馬力やトルクが大幅に上がる事はありません。異なって感じるのは、スロットル・レスポンス
が変わるからでしょうね。「トルクがモリモリ上がって、燃費が良くなって彼女も出来る!」なんて事はありません。

問題のメインジェットですが、フリーウェイを小一時間高速走行して、プラグを見ると・・・

こんな感じ。良好な焼け具合ですが、ショベルにはちょっと薄いかな?185番も試してみる予定ですが、そちら
の方が良いかもしれません。若干黒ずんでいるくらいが、(私的に)ショベルのベストだと考えます。


メカばかりでなく、たまには花も愛でる。


また!?またAK74の弾薬を買い足しました(何発目だ?)。噂では、AKや弾薬が品薄になるとの事(デマかも
しれないが、デマで買い占めが起るからね)なので。AKに限らず、アサルト系は何時規制強化されるか分から
ないので、買える内に買っておいた方が良いのです。俺もカネさえあれば、もう一丁AKMを買うんだけどな〜

当店おすすめのジャージャー麺を購入。美味い!ちょっと酸味が欲しかったので、ポン酢をプラスしました。壁紙
は秋山殿。駄犬かわいいよかわいいよ駄犬!ヌルヌルの「秋山」とは大違いだ。





7月19日 土
キングオブ物欲

昔勤めていた修理工場が店仕舞いするので、いろいろ貰って来ました。まだ沢山あるのですが、一度に運べな
かったのと、あまりガサガサ漁ると、ハイエナみたいでエゲツナイと思って控えたのです(笑)。

とりあえず、雰囲気の良い椅子や引き出し、バーベキュー用の屋外ガスレンジ(仕事が終わった後に、いつも宴
会してた)、高圧洗浄機、スポット溶接機をゲットです。


暫く使っていなかったのですが、紐を3回引いたらスタートし、回転も安定していました。さすがは世界のホンダ!
唯一の問題は・・・コレを使う機会があるかなァ〜?バイクを洗車するには大袈裟過ぎる気が・・・



そして、イーベイで落札したコレ↓が届きました!

あはは!いえーい!イイ歳ぶっこいてプラモデルですか?そうなんですよ。相場より随分安い67ドルにて落札!


     

再販モノかと思ったのですが、1980年の当時物です(赤円)。こりゃあ勿体無くて作れないな〜。当時は5600
円だったんだ。モデルガンが買える値段だな。1980年と言えば、私は15歳か・・・どっちを買ったかな〜?


欠品は無し!これは良い買い物をした!現在、再販物は100ドル以上しますからね。でも、遠慮なく作れないの
がジレンマ・・・


     

以前入手した激レア(再販無し)の初期モデルと並べて・・・ご満悦。う〜ん、幸せだ。俺だけこんなに幸せで良い
のか?もう出家しても良いレベルだな。即身仏もやぶさかでないよ。





7月18日 金
今、何故かCVキャブ!?

このFLT、購入した時は年式違いのCVキャブに改装されており、鼻で笑いながらオリジナルの京浜バタフライ
に戻したのです(レストア記参照)。オリジナルのキャブに戻り、何の問題もなく走っていたのですが・・・
なんかもう、やる事をやり尽くした感じで、用もないのに弄りたくなってしまいました。これはヤバイ傾向ですね。
イジリ壊してしまう前兆です。しかしまあ、そーゆー性なので仕方ない。

それとは別の理由で、今まで毛嫌いしていたCVキャブ(負圧ベンチュリーが好きじゃない)を試してみたい気に
なったのです。食わず嫌いはいけませんからね。ハーレー社がインジェクションになるまで採用し続けたキャブ
です。悪いわけがないのです。

では作業に掛かりましょう。


     

いきなりマニフォールド・クランプの破損を発見。早く気付いて良かった。ストックしてあった右の物に換えました
が、本当は破損した純正タイプが一番良いのです。右の社外品は、均等に圧力が掛からない物があり(品質に
バラつきがある)、駄目な個体は何をやっても漏れます。ゴムリングからの負圧漏れに悩む人は、純正タイプに
換えるのも良いと思います。


長期間お蔵入りになっていたので、内部を掃除しました。まだ新しく、ゴム類も問題無し。


          

この可変ベンチュリーが、負圧で「シュゴシュゴ」持ち上がるのです。わくわくするのう・・・


ニードル・バルブとフロート・レベルのチェック。フロートの位置が低めでしたが、油面はかなり上まで来ますね。
メイン・ジェットは175でしたが、恐らく薄いと思います。購入後にヘッドを開けたら、少し焼け過ぎていましたか
らね。185と195も買って試してみましょう。スロー・ジェットは52で、これはOKだと思います。


恒例の負圧漏れチェック!今回、新記録が出ました。5時間経過した現在も、未だ同じ状態で吸い付いてます。
バルブシールも完璧みたいですね(通常は、バルブシールの部分から少し漏れるが、それは正常)。

今回、マニフォールド下にステーを新設しました(銀色の棒)。エアークリーナーのステーが2本あるので、省略
していましたが、念を入れて・・・

さて、今日はここまでです。このキャブに、ハム缶クリーナーを無理やり取り付けるので、未だ先は長いのです。




↓「お手伝いするニャン!」

オラ!ちゃんと押さえとけや!飯抜くぞ!





7月13日 日
AKMレートリデューサー考察

わざわざパーツまで買って調べているのですが、自分が想像してたのと少し違ってました。やっぱ現物を買って
実際に観察して良かった・・・のですが、むしろ分からなくなってしまいました。写真の円内がハンマーを引っ掛
けて抵抗を掛けるのは間違いないのですが、私はこの小さなピースが単独で抵抗を掛けていると思ってしたの
ですが、御覧のようにベースを固定すると(右側のネジ回しの軸)、小さなピースは完全にハンマーを引っ掛け
てコック状態にしてしまいます(写真)。ネジ回しを抜くと、ハンマーが落ちます。


つまり、写真のアッセンブリー全体がリデューサーなんですね。小さなピースは戻って来たハンマーが再び引っ
掛かる為に、スプリングで首を振るようになっています。要するに、ダブルフックのトリガーとシアー機能が、もう
一つ余計に(レート機能用に)付いているわけ。こんな大掛かりだとは思わんかったよ。

う〜ん・・・とは言え、これ(↑)も想像の部分が多いので、結局は周辺パーツ一式買う必要があるかも?一個
づつだと高く付くので、レシーバーをガス切断した丸ごとを200ドルくらいで買おうかな?たかが調べ物で200
ドルも払うのはバカげているか?う〜ん・・・

・・・じゃあ、ついでにフルオートに改造すっか!?(←タイーホ)





7月9日 水
AR改良

     

先ずはお手入れ。ソルベントで濡らした銅ブラシを10回程ゴシゴシした後、パッチを通して綺麗にします。例によっ
てパッチは10枚以内に節約。左が一番最初で、徐々に綺麗になり、最後はオイルで濡らしたパッチを通し終了。
ちなみに、私はパッチの表裏で2回使用します(セコい!)。


     

先週の射撃で、コイツが右に寄っていたのが分かったので、レールを根気よく削って左に寄せました。写真の削り
カスは作業途中で、実際はこの5倍くらいの量を削っています。苦労の甲斐あって何とかセンターに収まりました。


遂に、ダビッド村が全てオデッセイ・バッテリーになりました。実は、換える必要があったのはヤマハFJ1200だっ
たのですが、FLTをオデッセイ化をしたかったので、FLTに付いていた古いのを、FJ1200にスワップしたのです。
今回はアマゾンで買いましたが、送料無料で110ドルくらいだったかな。あいかわらず、初期充電も一切なしで、
最初からギュンギュンとパワフルに(スターターが)回ります。


毎日暑いので、コッテリ弁当とビールで鋭気を養います。AR15は、またサイト合わせしなきゃならんな。



↓今日のぬ

ぬ〜





7月5日 土
アッパーを改装したAR15をサイト・イン

          

以前、砂漠で撃った時は50ヤードくらいしか距離が取れなかったので、射撃場で本格的にサイトインしました。
レストに銃を載せて撃つ場合、邪魔にならない20連マガジンが便利。見栄えの点から30連マガジンを持って
いますが(AKなども)、遊びで撃つなら10連でも何ら不足を感じません。弾代が気になるので、30発フル装填
でバリバリ撃つなんて事は、動画の撮影でもなければしません。最近は一発50セント〜1ドルしますからね。


いつもと逆に、標的の位置から射座を撮ってみました。射座は100くらいあったかな?ハンドガン用の射場は、
これと同じ規模のが別の場所にあります。使用料金20ドル払えば、どちらも行き来して1日使えます。 ダウン
タウンから小一時間、貸銃は無し、磁石に付くブレットや50BMG弾は禁止なので注意。

angeles shooting ranges でググったら詳細が出ます。


     

以前の射撃で、右に寄るのは分かっていましたが、修正したらサイトが左一杯に寄ってしまいました(笑)。良く
見ると、サイトの取り付け部分が右にズレてる(赤円)。やっぱ台湾製の安物は駄目だな。まあ、見た目は兎も
角、何とか調整範囲で収まったので良いですが。エレベーションは、一杯に下げてもセンターに合いませんでし
たが、これはフロント・サイトで調整出来るので問題なし(専用ツールが無かったので断念)。写真はオフハンド
も含めて撃った結果ですが、上下の調節をしながら撃ったので縦に広がっています。胴体の赤に合わせようと
頑張ったのですが、これ以上(リアサイトで)着弾が下がらなかった。フロント・サイトの専用ツールを買おう。


アメリカン・イーグル(フェデラル)で不発が出た!今どき珍しい。弾の値段がバカみたいに値上がりしてるんだ
から、ちゃんと作ってよ!ぷんすか!


今日も快晴・・・つーか暑かったです。山を降りると、ダウンタウンが顔を出す。


あー疲れた、暑かった。先月の砂漠の時と同様、アメリカン・ライトビアを買ってガブ飲み!弁当もガッツリ系・・・
って、前と全く同じメニューだ!私はアンチ・グルメなので、同じ物を一週間でも、美味しく頂けます。




7月4日 金
独立記念RD

     

今日は祝日、連休初日。久しぶりにRDを始動。どうせならマルホに行こうとも思いましたが、前傾姿勢でマルホ
まで行くのはシンドイので、近場の海沿い峠にしました。それにしても、良い天気だな〜!


パイーーーン!パン!パララララ・・・楽しい。2ストは楽しい。ばくおん5巻は未だか?!


走行動画は撮れませんでしたが(↑を片手運転で撮影するのも結構辛かった)、始動と空ぶかし動画は撮った
ので、ユーチューブにアップしました。この吹け上がりは2ストならでは。

https://www.youtube.com/watch?v=6HtQio0erss&list=UUuJTMB2-ojMpcVUUUAqX6KA



独立ぞぬズ







7月1日 火
ヘルシーメニュー?

先月、おからダイエットの話をしましたが、「ご飯に混ぜるの?」とドン引き頂きました。確かに大豆の青臭い味が
ちょっと嫌ですね。なので私は昆布つゆなどのボトル出汁を少量混ぜて、炊き込みご飯風にしています。こうする
と、大豆の味が誤魔化されるので美味い。でもまあ、無理して食う程のモンでもないよ。俺は好きで食べている
けど。今日の献立は、おから入り炊き込みご飯風、一夜漬け、もずく酢、納豆。スゲー!修行僧の飯みてーだ!

Gが届きました・・・

そして、いろいろメールも頂いております(爆笑)。ここでちょっとお願いですが、私の記事に関する事なら兎も角、
雑誌に関するご意見ご要望などは、私に申されても困りますので、是非とも出版社の方に進言してあげて下さい。

あとね、私は別に「マガ派」って事はないよ。先に依頼を受けたのでやってるだけ。どっちも贔屓してないし、どう
でもいい。つーか、「俺は●●派!」なんて括りが一番嫌いだ。俺はハードだがフェアだ!雑誌差別は許さん!!
マガ、プロ、コンバット、アームズ、別冊じ〜く、みな平等に価値がない!「どこに出しても恥ずかしいミリタリー誌」
と、自虐コピーを打った「MC☆あくしず」の爪の垢でも煎じて飲んでマッタリしろ。

そんな感じ。


忘れずにお掃除。今回のはコロシブじゃないので、手入れが楽でした。さあ、連休は射撃場でも行くかな〜!





私信
集団的自衛権はいいけど、韓は抜きでお願いしますwww





直接来られた方の為に・・・ウェルカム!
トップページに行く