5月25日 日
乱射事件があったので・・・

     

何か早めに買っといた方がよいかな〜・・・と、物色してきましたが、そもそも金が無いので無理。ハンドガンの
10発規制は既にありますし、次に来るとしたら、購入そのものが難しくなる規制かも?「一人何丁まで」なんて
規制ができたら、私はアウトですね(笑)。私の銃は全て登録されているので、調べれば直ぐに分かってしまい
ます。まあ、そんな事は無いと思いますが、タバコの規制があれだけ急速に進んだので、安心はできませんね。
NRAに頑張ってもらえるよう、ドネーションしよう。

弾薬不足も相変わらずで、22LRなんかは御覧の有り様。

さて、金もないのに物色しましたが、1000ドル以下でも結構面白いのがありました(そのくらいなら買えそう)。
スターム・ルガーのLCRってリボルバーに興味が湧きました。軽合金+ポリマー+ステンレスの複合なのです
が、スタイルが纏まっててカッコイイ。ルガーのリボルバーはサイド・プレートが無いんだけど、その辺も上手く
継承していますね。買うなら357と思ったけど、22マグナムも面白そうです。22マグナムの対人用としてのポ
テンシャルが知りたい。オートマチックでは、357SIGを撃ちたいんだよね。グロック31と32の中古があったの
で、ちょっと欲しくなった。ちなみに、ルガーもグロックも500ドルくらい。


     

トーランスのターナーズの帰りに、以前から何となく気になっていたキャデラックディーラーの写真を撮りました。
何故かと言うと、私のお気に入りの映画「バニシングIN60」に出てきた場所では?と思ったからです。しかし、
帰ってビデオと写真を比べると、全然違いました(笑)。やっぱ、30年以上昔の自動車ディーラーなんて、同じ
場所には無いよな〜

この場所もそうかな〜と思ったのですが、これもちょっと違いますね。やっぱ、トーランスまではロケに来ていな
いようですね。カーソン付近なんだろうな〜・・・30年で随分と景色が変わっただろうからな〜


銃は買いませんでしたが、AK74の弾を買い足し。7.62×39は沢山流通していますが、5.45は恐らく今後
品薄になると思われ(使用銃が少ないのでマイナー)、買い貯めする必要が感じられます。前回買ったのと合
わせると千発近くあるので、暫くは大丈夫でしょう。

宝焼酎純が安売りしててラッキー!夕飯は野菜中心でヘルシーな中華丼。壁紙は・・・デスメタル系?





5月20日 火
地味なテスト・ドライブ

トヨタの整備が終わったので、テスト・ドライブに行ってきました。と言っても、近場の日系スーパー巡りを行った
だけですが。御覧の通り、見掛けはオンボロで走行も25万マイルに達するご老体ですが、まだまだ現役です。
ちなみに、最近(仕事で)修理した10年以上前の4気筒トヨタ・カムリは55万マイル(88万キロ)走ってました。
やっぱトヨタは長持ちするな〜。最近のはどうか分かりませんが。


茄子が食べたくなったので、スパイシーマーボ茄子丼を購入。美味かったけど、激辛で参りました。たかひろの
綺麗なケツマンコがヒリヒリです。たすけてとっしー。きーちゃん、そんな目で俺を見ないで。もう許して。

銀座のすずめは美味い。これは黒麹仕様だけど、何が違うのかサッパリわからんかった。違いの分からない男
なので。

一言もの申す
日系スーパーを何件が廻ったが、何で乾燥わかめは全て中国産なの!もういいかげん中国離れしろよ企業!
せめて、タイランド製とか、インドネシア製にしてくれ。中身は大して変わらなくても、気分的にマシだ。





5月18日 日
トヨタ復活!

速攻で復活です。4発全て圧縮は正常で、水漏れも負圧漏れも無し。「せっかくヘッドをバラしたなら、パーツを
洗浄して綺麗にすればいいのに」と思うでしょうが、面倒くさいのでしません。正常に戻れば良いのです。トヨタ
の分際なので、あまり甘やかしちゃだめです。


さっそくテスト・ドライブに・・・と思ったのですが、ガレージに入れたついでなので、トランスミッションやブレーキ
などのサービスも全てやる事にしました。購入時に一度行って、随分走りましたからね。エアコンのガスも入れ
てやろう。



↓現場監督

(☆д☆)キラーン!





5月17日 土
トヨタがダウン

昨日、久々にトヨタ・ピックアップを動かそうと、エンジン・オイル量をディップ・ゲージ(棒)でチェックすると・・・何と
ゲージに倍の量が付着している(入ってる)!去年死んだサンタクロースが入れてくれたのか?

さて、どうしてか?メカに強い人ならお分かりでしょう。オイルが勝手に増える事は有り得ないので、オイル以外
の何かが混入したわけです。バイクですと、キャブからオーバー・フローしたガソリンが混入する場合が多いです
が、車の場合は十中八九が冷却水です。オイルが少し茶色くなっていたら間違いありません。また、オイル・フィ
ラー・キャップを外し、裏側に水滴が付いている事でも確認できます。あと、匂いとか。

今回の場合も上記全てに当てはまり、水がオイルと混ざったのです。では、何処から混ざったか?ヘッドにクラッ
クが入った場合も同症状ですが、確率的にヘッド・ガスケットが抜けてシリンダー内に混入する場合が殆どです。
調べる為にプラグを抜くと、3番に水滴が付いています。そのままクランキングすると、まるで水鉄砲のように冷
却水汁ブシャー!でした。1・2・4は問題なし。それにしても、前回乗った時は何でもなかったのにな〜・・・恐らく
1年前、山でオーバーヒートさせた時にガスケットが大ダメージを受け、今まで頑張ったのでしょうね。

正直、新しいのに買い換えようかとも考えましたが、何台ものバイクを運んだ想い出深い車ですし、山でオーバ
ーヒートしても、今まで頑張って耐えたいじらしさに応えるためにも、修理しましょう。

ところで、このような場合は、オイルパンの底部に水が溜まっていますから(油は軽いので)、そのままエンジン
を掛けるのはリスキーです(ポンプは底部から吸うので)。エンジンを掛けないのが一番ですが、止むを得ない
場合は、オイルパンのドレーンを外し、水がドバーっと出た後にオイルに変わりますから、そこでドレーンを戻し
エンジンを掛けます。ガレージに入れるくらいの短時間(2〜3分)なら、問題無いと思います。


この車はインジェクションになる前なので(84年式)、ウンザリする程のバキューム・ホースがあります。エミッショ
ン制御のためのEGRや2次空気パイプが、インテークとエキゾーストを跨いで繋がり、作業性の悪さはカウンター
フロー(エキゾーストとインテークのマニホールドが同方向にある)と同等です。頑張って全部引っこ抜きました。
車によっては、インテーク一式を残してヘッドが外れますが、こいつは前述したエキゾーストとの配管繋がりがあ
るので無理です。


これは22Rエンジンの恐ろしい罠で、赤円内の12mmがオイルに浸かって隠れています(オイルを拭わないと
見えない)。これに気付かないと、ヘッドを外す時に高確率でチェーン・カバーを割ってしまいます。「スプロケット
から前に固定ボルトが一切無いのは妙だ」と、冷静に考えれば気付くのですが・・・新米メカニック虐めですね。


無事にヘッドが外れました。それにしても、バイク弄りならソコソコ楽しいですが、トヨタを弄っても苦痛でしかあり
ませんね。仕事なら銭の事を考えて辛抱できるが・・・


やっぱガスケットでした。矢印部分のカーボン・フィラーがボロボロに抜けて、そこから水が通っています。4番に
も少し水が抜けた痕跡がありますね。


     

さて、ヘッドが反っていないかが問題です。オーバーヒートさせた場合、高確率で反ります。しかし写真を御覧の
とおり、大丈夫ですね。ガスケットだけのダメージで済んだようです。ちなみに、反ってた場合はマシーン・ショッ
プで面研します。50ドルくらいかな?


          

ボルトが一本折れていました(俺が折ったのじゃないぞ!)。古い車なので仕方ありません。マニホールドのボ
ルトなど一本くらい無くても平気ですが、どうせ今日中に終わりそうもないので暇つぶしに抜きました。ドリルで
折れたボルトの中心に真っ直ぐ穴を開け(超難しい)、ヒーターで少し温めて(100〜200℃)、エキストラクター
(今回は職場から持って来るのを忘れたので、調度良いトルクス・ビットで代用)を叩き込んで抜きます。ちょっ
と威張らせてもらいますが、言うほど簡単ではないです。それだけに、無事に抜けた時にはデカイにきびの芯
が取れた時のような爽快感と達成感が得られます。


     

ガスケットを綺麗に剥がして本日は終了。もう歳なので疲れますね・・・





5月11日 日
久々のマルホ

久しぶりにマルホランドを攻めてきました。昨日、水漏れのトラブルを修理したGT750のテストランを兼ねようか
とも考えましたが、やはり峠を攻めるなら空冷で軽いGS750です。


     

なんだ馬之助は不在でした(彼もいろいろ忙しいのだろう)。それにしても、今日は雲ひとつ無い快晴です。砂漠
に行っても良かったかな?


     

海岸線も気持ち良い。これからシーズンになると渋滞が酷くなるので、暫くは走らないかな。フリーウェイと違っ
て道が狭くて歩行者が多いので、すり抜けはリスクが多いですからね(自動車と一緒に走る気は毛頭ないし)。


ぞぬズ。茶色い方は、初対面で私に牙を剥いて唸ったので鼻パン喰らわして以来、すっかり従順になりました。
少しトラウマが残ったのか、ちょっとビビリ気味です。油断させて反逆のチャンスを伺ってるのかも?要注意だ。




私信
>モヤモヤさまぁ〜ず
嫌、狩野アナの良し悪し以前に、ゴールデンに進出してからさっぱりモヤモヤじゃなく、単なる爺婆相手のお茶
の間番組に成り下がったので、最近は観てません。マイナーを蔑ろにするようになったらテレ東も終わりです。





5月10日 土
水漏れバッファロー

     

水牛で銃砲店に行ったのですが・・・


みっ・・・水もれ甲介!? チー坊!(←違うし)


タンクを退けて調べると、リザーバーに行く細いホースから、水鉄砲のように漏れています(赤円)。こいつは、
リザーバーにも圧が掛かる、ヨーロッパの自動車タイプなのです。御覧のように、オリジナルは布を編みこん
だタイプのホースで、なるべくオリジナル状態を維持したくて交換しなかったのですが・・・やっぱ駄目ですね。


とりあえずボロ布を裂いて固く縛り上げたのですが、奇跡的に帰還するまで殆ど漏れませんでした。念の為に
コンビニで1ガロンの水を買って、様子を見ながら下道をゆっくり帰ったのですが、補水する事はありませんで
した。


オリジナル・ホースは諦め、既成の耐圧ホースとクランプで修理。上下両方交換しました。


埃をかぶっていた、スナップオンのラジエータ・プレッシャー・テスターが活躍。バッチリ圧力をキープしますね。
他のホースも駄目になる可能性があるので、今後はホースの補修キットを常備しよう。


さて、せっかく行った銃砲店ですが、水漏れが気になって落ち着いて物色できませんでした。ドイツ軍のG4
3が2000ドルであったのだけど・・・悩む。とりあえず、必要だった5.56弾を購入。120発で65ドルくらい。
AKのM67弾薬も必要でしたが、そちらは安いのが無し。今月末のガンショーで探してみよう。





5月9日 金
瓢箪からイボイボタイヤ

VX800のフロントタイヤが坊主になったので、ケンダの新品を買ったのですが、一番安い値段に気を取られ、
間違えてエンデューロ用を注文してしまいました。うわ〜返品すんのメンドクセーと思っていましたが、こうして
並べてみると、これはこれでイイかもしれない。友達を呼んで見てもらうと、「アリっす!超シブいっすよ!」と、
推奨されました(笑)。確かに最近のハーレーの改造なんかでも、エンデューロ用のイボタイヤをチョイスする
例も多いし。じゃあ取り付けてみようと。


あはは!いいね。たかひろさんがいいねと言っています。なんかこう・・・ストリート・トラッカーやモタードっぽ
くもある。こうなると、後輪も同じにしなきゃ格好悪い。山が減ったら同じのを入れよう。


このゴツゴツ感が堪らん。乗り味はどうか不安でしたが普通です。通勤用なら何の不具合も無し。但し、ジム
カーナ的な小回りをする際、強烈なアンダーが出ます。元々、妙にキャスターが寝て大回りするバイクでした
が、余計に酷くなりました。これはタイヤのせいでなく、バイクの性格ですね。このバイクは本当に奇妙なセッ
ティングで、コンセプトがイマイチ不明瞭です。ユーロスタイルかと思えば、アメリカン並に寝たキャスターや、
妙に長いホイールベースなど。これによって、取り回しの悪さ(小回りできない)は、大型のFJ1200やハーレ
ーFLH以上です。他は文句ないのですけどね〜

まあ兎も角、間違ってオーダーしたタイヤは瓢箪から駒でした。





5月6日 火
失楽園はNGワード

渡辺淳一さん死んじゃいました。別に同郷だからと言うわけではなく、中学生の頃から好きで読んでいました。
引っ越しの時に紛失したりで、写真は一部ですが(無影燈も無くなってる)、これらは全て渡米後に改めて買
った物です。気に入ったのは4回くらい買った筈です。一番好きなのは左の2冊で、何度も読んで手垢で汚れ
ています。

ちなみに、世間では渡辺淳一と言えば「失楽園」ですが、クソ喰らえです(途中まで読んで捨てた)。「私が嫌
う作品はパンピーウケして売れる」と言うジンクス通り、ヒットしたようですが。直木賞をとった光と影も、イマイ
チ好きじゃない。別に天邪鬼を気取るつもりはないのですが、もっと初期の、暗い、消毒液臭い、読後に鬱に
なる作品が好みです。あと、何気に百合作品も秀逸です。 白き狩人 (白い恋人じゃない)は、ゆりあきさん
達にオススメ。


左は短篇集なのですが、ハズレが少なくてお買い得です。一番好きなのは最後に収められた 霙 で、救いの
無いラストが秀逸。「こんなところかもしれません」と言う事務長の台詞は、私的お気入りワード・ベスト10に入
っています。右は長編で、これも暗いです。先の霙もそうですが、なんかこう、人間の心の醜い部分を、医者の
視点で抉ってますね。そーゆーのが好きなんです。悪魔と友達になりたいのですが、なんか避けられています。
魂買ってくれよ。



渡辺淳一本を出していたら、こんなのも出てきた!

こっちの先生は未だ生きていますが(←そんな事言うな!)、最近、吾妻先生に顔が似てきたと友人に言われ
ました。恐れ多い!でも確かにちょっと似てるかも?光栄だな〜!写真の本は日本から持参した物で、初版で
す。新井素子は私的にどーでもいいですが、当時、ヲタの間では結構話題だったのです。



どちらの先生の作品も、当時のヤングたかひろの人格形成に大きく影響しています。そして完成したのが現在
の私です。完璧だ。完璧すぎる。ありがとう渡辺淳一先生。安らかに眠ってくれ。





5月4日 日
AKの銃剣

     

茶色いプラスチックの方は随分前に買ったブルガリア製で、ロシアで言うところのM1974バヨネットです。革鞘
の方は最近買った出所不明の品で、ロシアで言うところのM1959バヨネットです。M1974は、AKMにもAK
74にも装着できますが、M1959をAK74に装着する事はできません。何故かと言うと・・・

M1959のグリップ端は、ご覧のとおり未亡人が恍惚の表情を浮かべるほどのカリ太になっています。この部分
が当って、AK74には付かないのです。よく観察すると分かるのですが、AKMでは固定ラグがガス・シリンダー
に付いていますが、AK74はフロント・サイト・ブロックに固定ラグがあるのです。大型コンプの分だけ銃剣が前
に移動したんですね。なので極太のコンプとカリ太の銃剣グリップが干渉するのです。未亡人もびっくりですね。

     

左はAKMで、両方付きます。右はAK74で、M1959はグリップが邪魔で入らないのです。


この銃剣には工廠印の類が全くないのです。ルーマニア製かな?とも思ったのですが、細かい形状を見ると違
うようです。最近米国に多数入ってきた、北ベトナム製の可能性が高いですね。北は北でも、地上の楽園の方
だったらっどうしよう?破棄して塩を撒こうか?「北の楽園製など米国入りするのか?」と思うでしょうが、偽ドル
を含め、いろいろ入ってきてます。銃関係だと、楽園製AKのマガジンが大量に入って来ていますね。


心を癒やすライド

最近、仕事が3つに増えてしまい(Gの原稿含む)、少し疲れてしまいました。仕事が増えても銭は大して儲から
ないので嫌になります。つくづく、私は金儲けでは負け組だと思いますね。要領よく稼ぐ奴が妬ましいよ。

そんなわけで、ストレス発散にはバイクに限ります。通勤で毎日乗ってはいますが、趣味のバイクで海まで走る
のは別ですからね。

     

速攻でマッチと化して、海辺にバイクを停めました。潮風で錆びそうだったので5分で退散。(何しに行ったんだ)


久々だなジョナサン。心が疲れた今なら、オマエと友達になれそうだ!

・・・嘘だバーカ!こっち見んな鳥のくせに。


ぞぬズも久々だな。食えや。


海の帰りに、ニジヤ・マーケットでスパイシー・チキン丼を購入。美味い!焼酎に合う!壁紙はゴミを見るような
目で俺を見るきーちゃん。いいぞベイビー!その調子だ!





直接来られた方の為に・・・ウェルカム!
トップページに行く