3月31日 土
チョッパーのカウルに着手

     

ダビッド鱒1号車の防弾カウルですが、ウケ狙いしか要素が無かったので(笑)、ちゃんとデザインする事にしま
した。んで、早速取り外しましたが、ボルト&ナット3つで簡素且つ丈夫に取り付けられています。苦労して試行
錯誤した甲斐がありました。今までご苦労様でした〜


ハンガーの針金とマスキングテープでイメージ。ライトは日産マキシマの補助灯(バンパーに付いている)です。
職場で修理した車の不要になった廃品を、タダで貰って来ました。相変わらず、金を掛ける事を執拗に拒む?
でも、このライトは光軸の上下調節機能が内蔵されているので、カウルに固定するにはうってつけなのですよ。


     

フォトショップでのイメージ(笑)

・・・なんかこう、キムラさんのバイクっぽくなって来たけど、パクったワケじゃないんだからね!





3月30日 金
ストライプの仕上げ

以前にも見た光景?色作りが容易なプラモデル用のカラーで、純正のレインボーストライプを再現したのですが、
プラカラーだけでは、コンパウンドやワックス掛けで色落ちするので、上からウレタンのクリアーコートを吹く事に
しました。(もっと早くやるつもりが、怠けていた)


     

まあ、本当のところは、最近買った小型スプレーガンを使ってみたかったのです。結果は御覧の通り、悪くありま
せん。基本的にガンが小さいので、弱いエア圧でも細かい霧が出ます。もっと小型のエアブラシでも可能ですが、
写真の面積ですと、このガンの方が適当。ちなみに、プラカラーはアクリルなので、上からウレタン・クリアーを吹
いても問題ありません。エナメル系ですと、ウレタン・クリアーを希釈しているリデューサーで縮む危険があります。
この辺(ペイントの相性)は結構難しくて奥が深く、思わぬ失敗をする事があります。ウレタンの上にウレタンを吹
いても問題ないのですが、しかし完全に硬化する前に重ねたりすると、縮んでしまう事もあります。エナメルも乾
く前に重ね塗りすると縮む事がありますね。失敗の中でも縮みは一番怖い(笑)。一から全てやり直しですから。


ニューバッテリー!

ペイントの後、バッテリーをオデッセイに換えてみました。最近はドライバッテリーが多く出回っていますが、私は
オデッセイしか使った事がありません。ダビッド孫1号車(現チョッパー)に付いており、未だ現役です。あれはバ
イクを買った時、既に装着されていた物ですから、既に10年近く使っている事になります!驚異的な寿命です!
そんな訳で、今回もオデッセイをチョイス。PC680と言うモデルで、4速フレームのハーレーに流用可能(ターミ
ナルのタブを付ける必要アリ)。値段は、イーべイで120ドルでした。サイズが薄いので、御覧の通りスペースが
余ってしまいます。


     

郵便の箱を挿入(笑)。ロングツーリングの時は、予備部品の格納庫にしましょう。蓋はショートの危険性を配慮
してプラスの部分だけ切り欠きました。後日、ゴムのカバーを付ける予定。

さて、これでバッテリー液補充の煩わしさから開放されました(点検するだけでも面倒なのです)。今後10年間
頑張ってもらいましょう!


     

んで、今まで使っていた純正規格のユアサですが、これも未だ使えるのですよ。捨てるのは勿体無いので、ス
ポーツスターに移植(アイアンXLHとFLHは同一なので)。今までスポーツスターに入っていたのは、中国製の
怪しい品だったので(調子は悪くなかったが)丁度良かったです。いずれは、これもオデッセイにしてコンパクト
化したいですね。



ところで、最近「垂れブログや垂れモーターなどのバイク記述が参考になった」とのメールを何通も頂き、嬉しい
限りです。ビューエルの倒立フォークを4速フレームに取り付けるブラザーな殿方、2ストのヤマハ・レーサーを
製作する殿方などなど・・・愛ですね。ガチ兄貴同士の愛の繋がりですよ。(お食事中の方は申し訳ありません)





3月25日 日
シートカウル製作

昨日今日と天気が悪かったので、ガレージに篭って作業です。今日はヤマハ490のシートカウルを作りました。
トンカン、トンカン・・・なんか休日も仕事してるみたいだ。・・・嫌、これは楽しいホビーだ!楽しいんだ!orz


そんな葛藤の末、ベースが完成。床の鉄板は16ゲージ、両脇に帯を巻いて、それに溶接。チャンバーのサイレ
ンサーと干渉しないように、床の後部はアールをつけて(膨らんで)います。


          

枠組みを付ける。サイレンサーの出口は3次元アールをつければ良かったですね。溶接してから気付きました。
それにしても・・・この位置から2スト煙を出すのは、まるで放屁しながら走ってるみたいですね。後続車を馬鹿
にしています。けしからん。


     

溶接作業はこれで終わり。骨組み部分にはグラスファイバーを貼り付けて形にします。

さて、言うまでもなく、シートカウルは軽量化のためにもアルミを使って作るべきです。最初はアルミを溶接して
作るつもりでした。それが何故、鉄になったか?そうです。アルミのティグ溶接が未熟だったからです(泣)。
母材を溶かすまでは上手く行くのですが(以前は調節が出来ずに穴を開けてばかりだったが)、溶けた母材同
士が上手く溶け合わないのですよ。合わせ目の堺で、両方が溶けて池になっているのに混ざらない。職場の
ミグ溶接機だと、何の問題もないのですけどね。アルミ溶接のためだけにミグを買うのは抵抗があるし。知り合
いにアルミのティグ溶接が上手い人がいるので、今度ノウハウを訊いてみよう。





3月24日 土
2ストロークの事情

エンジンの始動性が悪く(暖気後でも20回くらいキックしてやっと掛かる)、挫けそうになっていたヤマハ490で
すが、冷静に2ストロークの理屈を考えると、下死点からスタートして一度の圧縮&点火で始動させる事自体に
無理がある事に気付きました。4サイクルならば吸気行程がバルブによってハッキリしていますから、一度吸い
込んだ混合気は逃げる事がありません。しかし2サイクルは吸気と排気(掃気)が同じ行程なので、下死点から
キックをスタートすると(時間を置くと)、送り込まれた混合気は既に排気に逃げてしまっています(上図)。

これでは幾らキックしても掛かる筈が無い。2サイクルは、吸気から圧縮までの行程を、スピードをつけて一気に
行わないと、正常な混合気は吸い込めない訳です。圧縮上死点からキックをすることは不可能ですから、実際
は1キックで2圧縮分、勢い良くストロークさせる必要があります。一踏みで「ポコポコン!」と言う感じです。今
までは、「ポコン」しか踏めませんでした(圧縮が強過ぎて2圧縮目が踏み切れない)。

さて、結論として、何らかの理由で圧縮(比)が高過ぎると思います。少し圧縮比を下げるのが解決法と思われ
ます。このヘッドは前オーナーが面研を行っているのかもしれません。ノーマル状態のYZ490のキックを踏んだ
事が無いので、その辺は分かりません。ですが、私は体重が70s以上あり(デブ)、脚力も人並み以上はある
つもりなので、多分このキックでは誰もが無理じゃないかな?少なくとも、街乗りで使えるレベルじゃありません。


と言う訳で、燃焼室の拡張(ウホッ)を行いました。

単気筒なので、プラグ穴を利用して旋盤に固定。割と簡単に削れました。どの程度削るのか?全くのカンです。
少し削っては取り付けてキック・・・を何度か繰り返し、2圧縮を踏み切れるギリギリを探り当てました。


実は中古のヘッドを安く購入し(写真右側)、それで試すつもりだったのですが、83年を堺に形状が全く異なる
のですね(ピストンも違う)。せっかく買ったのに、使い物になりませんでした。なので、削ったのは今までの物。
もう後には引き返せません(笑)。燃焼室の形状的には右の82年と変わりませんから、比較すると削り具合が
分かると思います。狭いドーム状の部分を切り崩した感じです。


組み立てが終わり、さあ、ドキがムネムネの一瞬です。


結果は?

バッチリです!冷間時だろうが暖気後だろうが、殆ど一発で掛かるようになりました!エンジンの振動や吹け上
がりなど、以前と全く変わりません。圧縮が落ちた分、パワーは幾分ダウンする筈ですが、これが本来の圧縮比
ならば(以前のが間違っていたなら)、何も問題ありません。解決です!やた〜!





3月21日 水
モロヘイヤ・ラーメン!?

日系スーパーで発見。先日の極悪アルコール↓のようなキワモノかと思いきや、一応真面目なヘルシー志向の
食品の様です。能書きには、オーガニック・モロヘイヤ入り麺、食物繊維とビタミンAが豊富、低脂肪、ノンフライ、
ノンMSG(化学調味料)、オールナチュラルなどなど。

まあ、健康食品なので味は期待しませんが、それは兎も角、ラーメンのトッピングに豆腐をチョイスするあたりが
(パッケージの写真)アメリカ人ですね。でも、豆腐も健康食品ですからね。組み合わせ的には正しいのかも。


     

さて、開封すると鮮やかな緑色!なんか抹茶っぽくて美味そう。スープは粉末で、舐めるとインスタント麺のソレ。
ほんとに化学調味料入ってないのか?付属の調味オイルはゴマ油です。

さて、健康志向なのに、反則技で豚肉を少し入れてしまいました。冷蔵庫に余っていたので、早く使わないと痛
んでしまいますからね。日本人の癖で、昆布だしも取ってしまいました。椎茸も。今回はなるべくオリジナルの味
を吟味する筈だったのですが・・・まあいいか。


     

完成!(玉子を落として月見にしてみたw) おお!?なんか美味そうだぞ。

ちゅるちゅる・・・

う〜ん・・・美味い!特にモロヘイヤの味はしません。ちぢれ麺はコシがあって普通のインスタントラーメンと同じ。
ツルツル感はこっちのほうがあるかな。もっと「驚愕の味」を期待していましたが、ブログネタとしては拍子抜け。
インスタントラーメンは身体に悪いし太るので止めていましたが、これなら小腹が空いた時に良いですね。値段
も1ドル半くらいだったので、特に高価ではありません。


いいね。たかひろさんが「いいね」と言っています。


追記
玉子の生食は駄目なのですが、日系スーパーで売っている「特選地玉子」(←不正確。なんかそんな名前)は
値段が高く高品質なので、大丈夫みたいです。すき焼きをする時にも重宝します。



今日の490

完成?違います。またフォトショップ加工です。テールレンズが変更になったので、第2案?エキゾーストが飛び
出し過ぎに思えますが、2ストオイルがタイヤに垂れるのを避ける為に仕方なく・・・




お詫びと訂正
先日のブログにて、「ビッチのビーチクレベルの色素」と書いたところ、「遊んでなくても色素が濃い娘だって居
るんです。・゚・(ノд`)・゚・。」と言うお叱りのメールを頂きました。

メールの主が本物の女性であるのか、或いは、ネカマさんなのかを追求するのはさて置き、ごもっともなお叱り
であります。ここに深くお詫び申し上げ、「桜●ル●のアソコレベルの色素」と、訂正致します(もっとヤバイ?)。
嘉門辰夫さんの歌に、「哀愁の黒乳首」と言うのがありまして・・・思い出しました。生まれつきメラってる女性に
とっては切実な悩みであり、また、謂われなき理不尽な偏見ですよね。たかひろ反省します。





3−18−12 日
久々の二日酔い

昨晩、以前から噂に聞いていたアルコール飲料を呑んでみました(既に開封済みの写真でスマン)。

・・・これは酷い。

ビール系の酒ですが、アルコール度数が12%もあります。右はレモネード味、真ん中がクランベリー・レモネー
ド味、左が驚愕のスイカ(ウォーターメロン)味です。どれも悪趣味なギトギトの味付け、芳香剤レベルの香料、
蟻が糖尿病になるレベルの加糖、ビッチのビーチクレベルの色素と、不健康要素満載です。他の人が残した
分も私が飲んだので(←貧乏性)、酷い二日酔いになりました。添加物のせいか、余計に悪酔いします。日本
では売っているのかな?まあ、話のネタに試すのも良いかも?


想像を絶する振動

     

製作中のヤマハ490ですが、写真左の位置にテールランプを付けたところ、振動でモゲてしまいました。ステ
ーを延長しての取り付けは、振動増加するので駄目ですね。溶接を強化しても、電球のフィラメントが駄目に
なるでしょう。せっかく作ったのに振り出しです。


     

苦肉の策で、スイングアームに移植(笑)。ここだけボバーになってしまった。スイングアームもタイヤの上下で
振動は少なくありませんが、この2ストエンジンの振動よりはずっとマシです。ダビッド孫1号車も同じ方法です
が、フィラメント切れは起こりませんからね。

さて、ここに来て、「もう少しマトモなエンジンを選べば良かったかな?」などと弱気になっています。何たって、
この490エンジンは、ヤマハですら改良発展を投げた代物ですからね。肝心のパワーも、最後は水冷250と
大差なくなるし、低回転はYPVS付きの250の方が扱い易いし・・・250を載せた方が利口だったかな?まあ、
パワーや扱い易さは兎も角、致命的なのは始動性の悪さ。ただ、これはもしかすると、前のオーナーがヘッド
の面研をして圧縮を上げてあるからかも?ピストンがスカスカになったから、ヘッドを削って圧縮を戻し、とりあ
えず掛かるようにした?有り得る話です。本日、中古のヘッドをイーベイで落札しました。部品が来たら試して
みましょう。



私信
「三村かな子」・・・いいよな。嫌、乳じゃあない。おなかだ。あのおなかで窒息したい。きっと天国へ行けるぜ。





3−11−12 日
映画鑑賞

以前行っていたレンタルビデオ屋さんが店仕舞いするので、レンタル品の放出セールをやっていました。最近は
ネットでダウンロードですからね。レンタル屋さんには、もう爺さん婆さんオンリーの空気。そんな中に、私の姿が
在る訳です。加齢臭に益々磨きが掛かってきました(嫌杉)。

兎も角、写真のソフトを購入(一つ4ドル)。セール開始から遅れて行ったので、あまり良いのは残っていません
でしたが、「海がきこえる」は欲しかったのでラッキーでした。90年代の映画ですが、80年代の青春臭がプンプ
ンする良作です。ジブリ映画はあまり好きじゃありませんが、コレは例外。ただ、私の高校生活とは真反対の雰
囲気ですけどね。進学校が舞台ですし。私の高校生活はビーバップハイスクールに近かったです。まあ、それは
それで楽しかったけどね。「タクシードライバー」は、まあ定番と言う事で。デ・ニーロは銃を撃つ時、ビビリまくり
ですね。私が知る限り、どの映画でも射撃の際に目を瞑って怖がる。「エンゼルハート」もデ・ニーロだ。扇風機
やエレベーターの網戸(?)など、小道具の演出が心憎かった。「トランザム7000」は当時嫌いでしたが(馴れ
合いオチャラケ路線なので)、今観ると素直に楽しめました。恐らく公開当時は厨二病だったのでしょう。「ヒトラ
ー・最期の12日間」は初めて観ましたが・・・微妙?記録フィルムを何度も観ているので、目新しいモノは無かっ
たです。ニコニコ動画にアップされていた、台詞コラ版(?)を思い出して笑ってしまった。「だいっきらいだ!」w

お酒はスミノフ。おつまみはビーフジャーキー。映画鑑賞にはピッタリ!

・・・そんな感じです。ああ、楽しかった!




ヤマハ490 仮組み製作快調

     

燃料コックはフィッティング(取り付けベース)を溶接して、ハーレー用を流用しました(値段が安いので)。チャンバ
ーのサイレンサーが後輪に当たりそうだったので、パイプをS字に延長して、持ち上げつつ後退させました。出口
からオイルが垂れて後輪に付着する心配もあるので、この方が安心です。


               

ナンバーを取得する(登録する)必要があるので、保安部品なども仮付けしました。再来週にでも、車輌局に持ち
込む予定。駐車場を一走りしましたが、荒々しさはハーレー以上かも(笑)。音がウルサイので捕まらないか心配。
リアブレーキのレシオが悪く、殆ど効きませんでした(笑)。見直しが必要ですね。フロント周りはバッチリ!


     

右は完成予想図?あはは・・・


今日の犬。ちょっとアンニュイ・・・





3−7−12 水
商売道具

未だ景気も良くないので、商売道具も節約です。今日は小型グラインダーと小型スプレーガンを購入。2つで20
ドル少々。安い!小型グラインダーは3年前に同じのを買ったのですが、未だ壊れる気配すら無し!「5年も持て
ば偉業!?」などと言っていましたが、本当に成し得そうです。今回は、予備にするつもりで購入。使うのは当分
先になりそう。小型スプレーガンは部分補修用に使います。通常サイズのも、以前15ドルくらいで買いましたが、
それも3年くらい問題なく使っています。プロのペインターが、15ドルの中国製を使っているなどと、あまり大きな
声では言えませんけどね。侮り難し中国製・・・

手前のチェーンは、スポーツスター用に買った椿(本)チェーンです。これは今回初めて使いますが、中国製とは
差があるかな?値段が高いので、差が無ければ困ります。以前、通勤用のFJ1200にレブテック(米国ブランド)
のOリング入りを使っていましたが、今はRK(日本製)に換えました。レブテックのは直ぐに錆びましたね。RKは
値段も大差なく、2年経った今も全然錆びません。やはり日本製はこうでなくちゃ・・・

最近、ライムビールやクラマトービールに嵌っていましたが、原点回帰でサッポロ。「男は黙ってサッポロビール」
食べ物は「天丼」なのですが、天丼に見えませんね(笑)。油が悪いのか胸焼けします。うっぷ・・・

壁紙は「かんざきミク」の鼻そうめんP。「ぶふっっ」(←スレ違い?)


フロントブレーキ完成!

     

油圧系統を繋げ、エア抜きを済ませて完成です。XS750〜1100用のダブルなので、この軽量車体との組み合
わせで、高価なカスタムブレーキ並の製動力が得られる・・・かも?


「RD用のホイールでは、ハブとディスクとの間に隙間ができるのでは?」と訊かれたのですが、こうなっています
(写真)。ハブにはネジを切って長めのスタッドボルトをエポキシで固定してあり、更に隙間をグラスファイバー入り
のエポキシで充填してあります(黒矢印間)。ディスクはハブセンターの凸で位置決めしてありますから、要はスタ
ッドと頑丈なスペーサーで固定すれば良いのです。スペーサーはアルミを削り出して作ろうかとも考えましたが、
ハブが複雑な凸凹形状なので、グラスファイバー・エポキシで充填する方法をとりました。同色に塗ってしまえば、
アラも目立ちません。強度は十分過ぎるほどで、振れもないです。(作業過程は先日も参考に↓)


追記
購入したスプレーガンですが、カップの蓋が付いていませんでした(笑)。いつもは箱を開けて確認してから買うの
ですが、確認を忘れた時に限ってコレだもんな〜・・・面倒くさかったけど、また店に行って交換してもらいました。
米国で買い物する時は、可能な限り不良品のチェックをする事をお薦めします。また、レシートは捨てないように。

追記2
写真の椿(本)チェーンですが、箱を良く見ると「メイドイン台湾」の文字が(笑)。まあ、ニコンの一眼レフも「メイド
インタイランド」の時代ですから、大丈夫だとは思いますが。

私信
「セイバー=はらぺこ」この認識で合ってますよね?あと、チルノと9番の関係が良く分からない。私的に、9番と
言えば「太陽を盗んだ男」なんですが・・・すいませんね、古くて。





3−4−12 日
ダブルディスク化

RD用のキャストホイールをデュアルディスク化しました。本来シングルディスクのホイールですが、何故か反対側
にも何となくディスクが付くような形状になっており、ハブの段差にはディスクセンターの穴がピッタリ嵌り、ネジを
切る部分には、「ネジはここだよ〜」と言わんばかりの盛り上がりがあります。もしかすると、他のダブルディスクの
車種にも流用されているのかも。そんな訳で、作業は意外とラクでした。写真はドリルで穴あけ後、タップでネジを
切っているところです。

ネジは上手く切れましたが、切りカスがベアリング部分に入り込み(中は空洞なので当然)、掃除するのにベアリ
ングを外すハメに・・・。ついでなので、ベアリングには新しいグリースを詰めて戻しました。


振れを測定しましたが、殆どゼロ!いいね。順調順調!


     

即席タップで立てたネジなので強度的に弱いと判断し、ネジはスタッド化しました。スレッドにJBグルーを塗り、ホイ
ールにネジ込んであります(以後外す事は無い)。ホイールとディスクの間には隙間ができますので、ここはアルミ
のピラーを立て、周りをファイバー・フィラーで埋める予定。


     

さて、お次はチャンバーからサイレンサーまでの仕上げです。チャンバー後半を切って反対に向け、車体内部に引
き込んで溶接。ステーを溶接してフレームにネジ留め。サイレンサー出口は切り落とし、新たにカーブパイプを溶接。
この出口パイプは、ホームセンターで買ってきた電気配線用のパイプです(笑)。絶妙なカーブが、2ストチャンバー
っぽくて良いです。


さあ!だんだん形になってきましたよ〜!いよいよタンクと外装に着手かな?




3−3−12 土
今日のマルホ

          

今日は免許とりたてのスポーツスター君を連れて行きました。折角なので、私もアイアン・スポーツスターで行きた
かったのですが、生憎チェーンを交換中(部品が未だ来ない)で出動不可・・・仕方なくダビッド1号車で行きました。


んで、やはり二人で行ったなら「俺・サ」↓でしょう。独りじゃ撮影できませんからね。

     

え?ホトケ級?orz 無理ヒザでもキメようかと一瞬考えたのですが、照れが邪魔をして止めました。もう歳だし・・・
御覧の通り、バンク角はこれが限界ですの。車高上げようかな〜?まあ、チョッパーだから割り切ろう。


友人のスポーツスターは、買った時はヤレていましたが、今は愛情を注いでもらってピカピカです。今度はシートを
自作するのだと張り切っていました(職業が内装屋なので)。




頑張り過ぎてコケる事も無く、無事帰還!お疲れ様でした俺。
ガレージは、壁塗りの最中です。奇麗にするのは良いけど、家賃上げるなよ!


↑今日の犬。ガレージ隣の家で飼っている犬です。無愛想だけど、撫でるとメチャ懐いてきます。これはハスキー
犬ですかね?「遊星からの物体X」を思い出します。キシャァ〜〜〜〜!





直接来られた方の為に・・・ウェルカム!
トップページに行く