1−31−12 火
スポーツ兄弟

友人が買ったエボ・スポーツスターですが、無事に免許が取れたと言うので、2台で港まで一っ走りして来ました。
今回、私もカメラを持って行ったのですが、夜の撮影は苦手で全滅。友人のコンパクトカメラでの写真です。これが
結構良く撮れているのです(3脚も無いのに)。聞けば100ドルで買ったそうで、最近のコンパクトカメラの性能は
凄いですね。


          

暗闇や逆光もなんのその。カメラ側が自動的に良い感じで制御してくれるそうです。


この友人に、私がここ暫くマルホランドに通っている事を言うと、「行きたい」そうで(笑)、今週末にスポーツ兄弟
で走る予定。アイアンVSエボ対決!?嫌、彼は免許とりたてなので、それは無いですね。安全運転。



1−29−12 日
夕焼けライダー

     

ブローバイガスを循環させ、クリーンになったスポーツスターでロングビーチに行ってきました。夕方までガレージ
でシコシコと弄っていたのですが(何を?)、何とか日没に間に合った。


ビルに映った陽が落ちる。う〜ん・・・詩的だ。

ちなみに、この対岸は人が賑わう歓楽街になっており、車は多いわ駐車スペースは無いわで、私は近付きませ
ん。こちら側は公園だけで静かです。港付近にはもっと静かな場所もありますが、夜はデンジャラスなので、違う
理由で近付きません。最近はテロを警戒しての監視カメラが網羅されているようですけどね。





1−28−12 土
マル中

     

またマルホって来ました。連続マルホ中毒・・・マル中です。鼻から吸引。


サボテン↑。今回は途中で別ルート(デッカーキャニオン・ロード)を通ってみました。こっちの方が景色は奇麗で
したが、峠道レベルは上級者向け!タイトコーナーの連続で、道幅も狭く、砂が多く浮いており、道路脇は崖にな
っています。勾配も急で、ラグナセカのコークスクリューの気分を味わえます(ラグナセカを走った事は無いけど)。
このチョッパーでは普通に走るのがやっと。ちょっと攻めてみたら、リアが滑って冷や汗でした。でも、スポーツバ
イクなら面白いだろうな〜!腕に自信のある方は、是非お試しあれ。


↑なんだ馬之介?なんだ馬之介じゃないか!?俺だよ!ふたば学園祭で一緒だった俺だよ!あらあら違うのよ、
あたしは昭和の乙女きんどーちゃん・・・

・・・完璧シカトかよ。さすがは馬だ。鳥と違って俺如きが近付いても全然動じない。屈辱だ。悔しい・・・


まあ、いろいろあって海です。


          

前回は曇りでしたが、今日は快晴!♪海辺にバイクを停めて〜♪・・・変な物が浮いていないかチェック。


帰路の途中でガソリンスタンドに寄り、コーヒーを買って休憩しようとスタンドの裏手に行くと・・・
あっー!これは!

     

この車を覚えている人は居るかな?堕ビッドソン1号車が完成して、初めて海沿いを走った時に見つけた、イン
ペリアル
です。何時頃からか姿を消したので「何所かに売られて行ったか?」と思っていたのですが、別のガソ
リンスタンドに移住していたとは!これは偶然の再会?他のバイクで行った時は見なかったからなァ〜・・・この
2台は互いに引き寄せ合ってる?う〜ん・・・柄にも無く浪漫ちっく思考。


まあ、これも何かの縁なので写真特集(?)!

               

以前にも増して腐りが進行していました(笑)。一度はレストアされた様ですが、その後は放置状態みたいです。
それにしても、凝ったディティールだよな〜!この当時のクライスラーは特に奇抜ですよね。



さて、今回はセルモーターを元通りに機能させたチョッパーで行きましたが、やっぱセルは便利ですね〜(笑)。
気軽にバイクを停めて(エンジンを止めて)、写真撮影などできます。以前はキックでの再始動を考えると、億劫
で停めませんでしたから。下の写真は、新設したセル・ボタンです(赤いボタン)。

この淫靡に充血したオマメを軽く突くだけで・・・ああん!エレクトラグライド!





1−27−12 金
鉄弄り

友人がエボ・スポーツスターを買ったので、少なからず刺激されまして・・・お兄さんとして負けていられませんわ。
エボに負けないよう、アイアン・スポーツスターに更なる改良を施しますの。(←兼高かおる女史の声で)


何所が変わったか?エアークリーナーが黒に?フロントエキゾーストの影にアルミの筒が?
おほほ!そーなんですの。(←ご満悦)


兼高かおるさんが好きです。子供の頃は恋心さえ抱いておりました。まあ、それはさて置き、オイルポンプのチェ
ックバルブとスプリングは新品に換えたのですが、それでも暫くエンジンを掛けずに置くと、ブリーザーからオイル
が垂れてしまいます。この年式は、ブリーザーが開放されているので、オイルは地面に落ちます。過去に一度、
リアタイヤがオイルを踏んでしまい、大転倒をやらかす寸前まで行きました。そんな訳で、ブリーザーにキャッチ・
タンクを設けた上で、ブローバイガスはエアークリーナに吸わせる事にしました(最近のバイクは、最初からそう
なっています)。

アルミのキャッチタンクは、職場で修理した車の廃物利用。何だか分かります?エアコンのドライヤーです(笑)。
事故車の潰れたACコンデンサーから切り離したのですが、ドライヤー自体にはダメージが無く、新品同様です。
勿論、中身の乾燥剤は抜いてあり、内部は空洞。底部にはドレーンがあり、溜まったオイルを定期的に排出でき
ます。ちなみにキャッチタンク無しですと、噴出したオイルをエアークリーナから吸い込んで、白煙モウモウです。
後期型アイアンやエボでは、この辺が根本的に改良されています。

さて、これで完全なクローズド・ブローバイになり、ガレージの床をオイルで汚す事も、タイヤが滑って冷や汗を
かくこともありません。


ありきたりのS&Sティアドロップは、ウレタンで黒く塗装しましたが、ついでにS&S SUPERの &と Pだけを
残してパテ埋めしました。名付けて「アンドピー・クリーナー」です。意味は特に無いです。何となく、中華パチモン
の怪しげな雰囲気を醸し出して良い感じかな?と。まあ、単なる「ネタ」と捉えて頂いても結構です。


そして最後はコレです!分かりますか?フラッシャー(ウインカー)です。このバイクは、フラッシャーが外してあり
(買った時から)、シンプルで格好良いのですが、でもそれって「邪道」では?と、自問した結果、この様なバーエ
ンド・フラッシャーを製作しました。ハンドル内部に細型の電球とソケットが仕込んであります。


↓ピカー!!!

すげー!波平の頭みてぇだ!スイッチはトグル式のがメーター板に取り付けてあります。操作性は良くありません
が、慣れれば問題ありません(本来の「押した時だけ」式よりも使い易い)。これで、CHPにダメ出しされて切符を
切られる心配も無くなりました(それが本当の理由?)。ちなみに、カバーは白色ですが、内部の電球はオレンジ
色なので、点灯すると御覧の様にオレンジに光ります。後ろと前を兼ねているので、オレンジ色以外は駄目な筈。
まあ、日本の様な「車検」は無いので、あまりウルサイ事は言われませんけどね。一応、私的なジャスティスを貫く
為です(笑)。

さあ、エボ・スポーツスター、何時でもかかって来い!・・・ですの。





1−24−12 火
ライムお刺身ボルトミク

食って呑んで弄ってみっくみく。忙しい!忙しいですぞ。

先ず、ビールは新製品のバドライト・ライムです。柑橘系の爽やかさとビールの苦味が程好くマッチ。ビールにライ
ムを垂らすのはメキシコ流ですかね?お刺身は20%オフで鮮度が不安でしたが、特に問題なく美味かったです。
そして4つ並んだボルトは、アリサカ小銃のイジェクト不良考察。参考にマウザーとスプリングフィールド。さて、何
が元因なのかな〜?壁紙は最近お気に入りの「かんざきミク」。その下膨れほっぺをプニプニしたい。

・・・以上であります。





1−22−12 日
チョッパーがエレクトラグライドに戻る!?

オープンプライマリー化して、キック始動だったダビッド村1号車(チョッパー)ですが、セルモーターでの始動も可
能にしてみました。結構な大改造です。先ずは写真の様に、インナー&アウター・プライマリーケースを、惜しげも
なくカット!非純正なので許してください。

エボと違って、ショベルはモーターやリダクション、ソレノイドなどが別々になっているので(古風)、最低限必要な
骨格を残すのが大変です。エボの場合、モーター部分に全てが集約されていますので、割と簡単にセル始動の
オープンプライマリー化が可能で、そうしたキットも多いです。しかしショベルでは難しい・・・


このチョッパーはフットクラッチなので、クラッチアームの取り回しも難儀です。セルモーターが無ければ、真横に
突き出せるアームを、ソレノイドを避ける為に湾曲&バイパスしなければなりません。

ところで、今日はロングビーチのバイク・スワップミートがあったので、必要な中古パーツを安く仕入れてきました。
写真のクラッチアームは5ドル。これに巧みに曲げまくった延長ロッドを溶接します。かなり屈折していますが、果
たして上手く作動するのか?


          

ジャーン!完成!アームの複雑な曲がりで、色々な物(ソレノイド、ラチェット、ケーブル等)を避けています。角度
が内側に寄りつつ引っ張られますが、ロッドのジョイントはピロ・ボールなので作動はスムーズです。アウタープラ
イマリーは、アヒルのくちばしの様に僅かに残していますが(クラッチ上部)、ここはギアの一端を支えるベアリング
が内蔵されているので、取り外す事は出来ないのです。この辺がショベル・スターターの難しい所ですね。

さて、これで激重のキックスタートから開放された訳で、本来の「エレクトラ」に戻りました。チョッパーのオープン
プライマリー化と、キック始動化はセットになっている感じですが、この様にスターターだけ上手く残す事が出来れ
ば、そうしたい人も多いのでは?やせ我慢でキック始動オンリーに励むのがハードコア?まあ、それも王道か?



オマケ↓

スワップミートで見つけた、新品デッドストックの「ヨコハマタイヤ」です!20ドルを値切って18ドルで購入。


ヨコハマ〜♪


バリ新品ですが、タイヤとしての消費期限はとっくに過ぎています。ですがヒビ割れは一切無く、硬化も然程酷く
ないので、普通に走る分には十分使えそうです。ただ・・・付ける予定のバイクは無いのですが(笑)。安かった
ので衝動買い。観賞用にしよう。





1−19−12 木
スポーツスター1200購入!?

↑2002年型スポーツスター1200を買いました!

・・・友人が。

おめでとうございます。いいですね〜!友人は未だバイクの免許を取ってないので、私が乗って帰ったのですが、
音が静かで嫌な振動(細かいビビリ)が殆ど無い。油漏れが一滴も無い!さすがはエボですね。ただ、1200は
もっとパンチが凄いと思っていましたが、意外とマイルド。キャブをHSRに換えれば、もっとレスポンスが良くなる
かも。ド・ノーマルで、純正オプション(ワンタッチ着脱のキャリア、風防など)付き。メッキやアルミ地は雲っていま
すが、重度の錆は無し。走行1万5千マイルで、お値段は値切って$3500!私が探してきた物件ですが、かな
り安いと思います。良かったな友人。


     

アイアンと記念写真。

さて、友人は未だバイク免許が無いので、暫く預かってあげることにしました。さあ!明日から乗り回してやる!
・・・ってのは冗談。早く免許取って持って帰れよ!邪魔で仕方ねーよ!

では、話のついでにカリフォルニアでのバイク免許の取り方〜!

先ずは学課試験を受ける(日本語版は今の所無し)。もし落ちても1日3回くらい連続で受けれるので、丸暗記
で何時かは受かると思う。

学課が受かったら仮免許がもらえる。それで夜間とフリーウェイ(高速道路)以外は乗れるようになるので(数ヶ
月有効)、練習する。バイクはその時点で買っても良いし、他人のを借りても可。

実地試験に挑みますが、バイクは自分で用意します(試験車輌の類は無し)。自分名義でも他人の借り物でも
良いですが、保険に加入しているのと、排気量がある程度(具体的数値は忘れた)あり、マニュアル変速機&
クラッチ、保安部品などが必要。普通2輪の試験では、スクーターの類では駄目だと思う。

実地試験はコース内・・・と言うか「駐車場の隅」程度の場所で、パイロンを5つくらい潜って(スラロームの様な
メリハリ技術などは不要。倒さなければ良し)、Uターンして還ってくるだけです。足をついたり、エンストや転倒
が無ければ殆ど合格します。日本の限定解除を知ってる人は「バカにされてんのか?」と思う程簡単。これで
CBRでもR1でも乗って良いのだから、そりゃあ死人も大勢出て問題になりますよね。でもまあ、合理的とも言
えます。アメリカ的で。

私が実地を受けた時は、貧乏で自分のバイクが無く、友人のGSX1100E(通称「ベコ」って奴)を借りたのです
が、試験官に「ホントにこれでやるの?」と問われ、「?」と思いました。普通は皆、小さいバイクで受験するので
しょうね。貰える免許は同じな訳ですから、確かにその方が利口です。ですが、あの試験内容ならGL1800を
使っても合格できますよ(日本で限定解除した人であれば)


今週末はバイクのスワップミートがあるのですが、この友人に教えたら、二つ返事で「行く」そうです。今が一番
楽しい時でしょうね。わかる!わかるぞ〜!その気持ち。





1−15−12 日
曇りマルホ

     

今日は曇りで雨が降りそうでしたが、マルホが私を呼んでいる気がしたので行ってきました。着いたのは夕方で
通行も見物人も殆どなく、練習がてら上下3往復しました。メインのヘアピンよりも、途中のS字が楽しいですね。
重いバイクを強引に切り返すのは快感です。何箇所か、1速を使うほど(GT750の場合)タイトなので、リアブレ
ーキとスロットルで寝起きさせる感じは、峠と言うよりジムカーナみたいですね。面白いけど、あまり調子に乗っ
て飛ばすとコケるかも(良く滑る)。


     

ああ、楽しかった。でも、やっぱこのバイクは重い!(笑) 前後新品のケンダタイヤは一皮剥けたかな?


いつもの溜まり場で食事(この看板、明かりが点くんですね〜)。雨が降りそうな夕方では、バイクは私以外全
く居ませんでした。アメリカのバイカーは根性がありません(笑)。


     

ジャンクでも美味い!折角のシーフードレストランなのにチリバーガー?値段が一番安いのです(笑)。バイク
で走るのが目的なので、食い物なんか何でも良いのです。次回は弁当を持参して浜辺で食おうかな(マジ)。

写真右は、アメリカでは良く見かけるヒーターです。プロパンガスが燃料で、メチャ暖かいです。これがあれば、
冬の屋外でも快適に食事が出来ます(雪が降るほど寒い地方は別ですが)。


     

さて、しっかり雨に降られました(笑)。帰還10分前にザーザー降りだもんなァ〜チクショウ!潮風にも当たって
いるので、しっかり手入れ。私の場合、先ずはWD40(CRC556は油分が残らないようなので不向きかも)で
奥まった所を全てスプレー。これでとりあえず手の入らない部分が錆びてしまうのは防げます。その後、タオル
で水滴ごと拭き取り、乾いたら磨き泡(日本での「自動車用グラスターゾル」だと思う)でメッキ表面の油膜を落
として艶出しします。写真右が完了。ガレージで保管する分には、(私的に)これで十分だと思います。


ああ、今日も疲れた〜!寝よう。



1−14−12 土
座談会

チョッパーのイベントに行く筈だったのですが、友人ガレージで座談会が盛り上がってしまい、そのまま深夜に。
まあ、他人のバイクを(一方的に)見るより楽しかったかも。今年、ベンチュラのコンテストには不参加でしたが、
やはりこのバイクも更なる改造を加えて進化すべきか?さしあたって、フロントカウルの追加かな?弾痕付き
装甲カウルは「ネタ」的にはアリですが、所詮はそれだけです。その辺をもう少し造り込む必要があるかな〜?


・・・まあ、今年で人類滅亡しますけどね(毎度の台詞)



1−10−12 火
シャブってハニー(謎)

バイク仲間が急に訪ねて来たので、シャブパーティです。俺、もう晩飯食ったんだけどな〜・・・まあ、新年会と言
う事で・・・。写真には写ってませんが、ビールが山盛り。おまえら、たまにはビールだけじゃなく食いモン買って
来いよ!



バイク仲間なので、話題は自然にバイクの方向に。酒の肴に、俺の愛車でも拝みやがれ〜!

GT750は、クローム部品を新調しまくってピカピカに。結局、金が掛かってしまったけど、まあ、今年は人類滅亡
なので良いんじゃないか?と言う審議結果に。


チョッパーはツインプラグを止めて、ノーマル同様のシングルプラグにしました。余ったプラグ穴には自作のチャン
バー付きデコンプ・プラグ(特許出願中w)を装着。始動性が向上しました。このツインプラグ・ヘッドは、買った時
から付いてきた物ですが、結論として、レースなどの特殊な状況でなければ、ショベルエンジンには大きなメリッ
ト(燃焼効率の面で)は無いんじゃね?と言う審議結果に。


先日、無接点式に改装したアイアンですが、「コイルを3Ωに改装しないと焼けますよ」と友人の指摘。確かにそう
ですね。うっかりしてました。今週末にでも買ってこよう。

その他、討つべき売国奴は誰であるのか?等、愉快な話題で盛り上がりました。誰なんスかね?討っちゃうよ。


追記
このタイプの点火モジュールは、5Ωコイルでも使えるみたいですね。「性能を発揮させるには、3Ωを推奨」的な
ニュアンスです。焼ける云々でデリケートなのは、ダイナSと言う無接点式モジュールですね。





1−8−12 日
新春初・・・(ネタ切れ)

もう「新春初〜」はどーでもいーっスね。

休日の午前中は暇だったので、スポーツスターのタイマーを無接点式に換えてみました。このユニットはダビッド
孫2号車から外した物です。

ビッグツインとは共通なので、簡単に収まりました(配線も簡単)。調子はまあ、変わらず?変わらないなら、メン
テナンス・フリーの方が良いですからね。私は特に「機械式ポイント崇拝者」と言う訳ではありません。但し、耐久
面に於いての信頼性は怪しいので、その点のみ心配です。長距離を走る場合、機械式を一式携行した方が良い
かも(笑)。写真は、とりあえずテンポラリーで走行可能にした状態。これで試運転して大丈夫なら、キチンと配線
します。


ではテスト走行開始!近場のロングビーチ周辺をクルージングです。

               

↑イクよ〜!         ナカーマ↑          ↑!

     

橋キターー↑

     

ロングビーチ到着↑

     

↑クイーンメリー

↑誰か?キサマ〜!

↑離脱

     

↑無接点式(マグネティック・トリガー)は絶好調でした!・・・今の所。

暫くは機械式を携行しなくても大丈夫そうです。このアイアンも人知れず改良が進んでいます。最近ここでアップし
たEキャブ装着の他に、リアショックのスプリングカバー(クロームでカップ状の)を外し、よりスリム&ビューティに。
以前エキゾーストに巻き巻きしたグラスファイバーのラップは、端がボロボロになったので外し、黒で塗装しました。
排気温度が高かったので、燃調と点火時期も見直し。その他諸々・・・進化してますよ〜!





1−7−12 土
新春初マルホ

「新年お初」シリーズ?今回はアイアン・スポーツスターで、マルホランドを一っ走りしてきました。前回行った際は、
マリブ湖を通り過ぎてしまったので、今回は忘れずに寄り道。


     

↑マリブ湖の入り口。良い感じですが・・・小っさ!非常に地味な佇まい。しかも中の公園はプライベートで、一般は
入れず。休む場所も無いので(売店など)、あっさりスルー。う〜ん・・・ちょっとガッカリ。


                    

↑御馴染みの名物コーナー。峠頂上から、上って来る車輌を見渡せます。今日も頑張り組が張り切っていました。
こうして良く見ると、道路のバンクは決して逆反りではありませんね。ヘアピン中程で強くバンクし、立ち上がりで
急に平坦に戻るので、逆バンクに感じるのかもしれません。路面が滑り易く、それも「コケ名所」たる理由でしょう。

ちなみに、グーグルマップで見るとこんな感じ。
http://maps.google.co.jp/maps/myplaces?hl=ja&ll=34.107031,-118.803797&spn=0.014409,0.019205&vpsrc=6&ctz=480&brcurrent=3,0x0:0x0,0&t=f&ecpose=34.0966666,-118.80379736,866.17,0,44.996,0&z=16

前回は派手に「ゴマメ」ったライダーに遭遇しましたが、今回は「ハードラックとダンス」ってる人は居ませんでした。


     

ビーチ到着。右写真中央に、立ち乗りでカヌー(のようなもの)を漕ぐ人が。地獄の黙示録に出てきた原住民か?


クリスマスイブは休みでしたが、今日はオープン。大繁盛です。さて、私のスポーツスターは何所に停まってる?





1−6−12 金
初ツール買い物

新年になると、何にでも「初」を付けるのでウザいですか?まあ、そう言うなよ。クーポンを使ったので、安かった
です。右のハサミなんかタダで貰いました。バッテリーのフロートチャージャーとレンチが5ドルちょい、下のプライ
ヤーが1ドルちょっと。


そして今日の目玉がコチラ↓

前から欲しかったサーモメーターです。バイクの排気管が均等に熱いか(燃えているか)、ハーレーのシリンダー
ヘッドやオイルがオーバーヒートしていないか、など、使い道は多いです。クーポンを使って27ドル!試しに走り
終えたばかりのFJのシリンダーを測ると、御覧の通り。自分の皮膚に当てると35度ちょっとだったので、目安と
しては十分だと思います。表示も見易くて良いですね。写真の赤い点はレーザーです。どう言う仕組みか分かり
ませんが、レーザーが照射された部分の温度が測定されるようです。レーザーOFFでも測定可能なので、レー
ザーは単なる指針の役目なのかも?





1−5−12 木
初仕事?

本業の方は、代休なしの2日から仕事始めでウンザリでしたが(そんな事は兎も角)、今日はマイ・ガレージでの
初仕事です。以前、ダビッド村2号車から外したS&SのEキャブを、アイアン・スポーツスターに取り付けました。


まあ、別に京浜バタフライのままでも良かったのですが・・・何となく。Eキャブは売ろうかと考えていたのですが、
どうせ二束三文なので、自分で使う事にしたのです。マニフォールドは、フランジの取り付けネジ穴を少し広げる
だけで使えました(キャブの取り付けネジがS&Sは太いので)。但し、マニフォールドとキャブの内部継ぎ目には
段差が出来ます(口径が違うので当然)。この辺、完璧を期するならマニフォールドもS&Sにすべきですが、ど
うせパフォーマンス的に大差無いのは分かっているので(キャブを大きくしただけでは、大したパワーアップにな
らない)、これで良し。


デカイ!でも、このキャブはフロートレベルの調節や、アイドル・ミクスチャーの調節が行い易いので、使い勝手
は抜群です。如何せん口径が大き過ぎるのは(ビッグツインでも同じ)、まあ我慢。補助ベンチュリーなどもある
ようですけどね。始動性は、セル付きのこのバイクでは全く変わらず良好。キックでも悪くないと思いますよ。


エアークリーナのベースプレートを取り付け。ステーも新たに作りました。ただ・・・このエアークリーナ(S&Sの
ティアドロップ)は、ポピュラー過ぎて私的にあまり好きじゃありません。

ですが・・・↓


この様に、ちゃんとフロー効率を考えてあります。外側の凹みは、この為なのですね。また、エンリッチナー(暖
気運転用に燃料を濃くする)の操作レバーもエアクリーナーに付いていますので、かなりメリットも多いのです。


完成!夜中にフリーウェイをぶっ飛ばして来ましたが、まあ、速さは前と大差なし(笑)。以前のキャブはガスが
薄目だったので、時々バックファイアしましたが、それはピタリと治まりました。また、アイドリングもコチラの方
が安定しており、日本で言う所の「三拍子」アイドリングまで回転を落とせます。以前の京浜は、スロットル・シ
ャフトにガタが出ていたので、負圧漏れが若干あったのかも。

ってな訳で、結果オーライ!今週末はコレでマルホに繰り出そうか?





1−1−12 日
初日の出

去年企画(?)していた「椅子など携行して山頂でくつろぐ」を早速実行してみました!大晦日の日に、サーモス
(魔法瓶)を購入しましたから、それも勿論携行。椅子や3脚をバイクにガッチリと括りつけ、丘を登って山頂へ。
夜明け前は少し寒かったですが、サーモスで保温された熱々のコーヒーを啜ると(画像)、気分はもう一人前の
アウトドア・マンです。


     

アサーーーー!日が昇ると、コヨーテ(野犬かも?)が一斉に遠吠えするのが印象的でした。

明けましておめでとうございます!


夜は蛇なども多いので、ガバメントにスネークショットを詰めて(最初の3発)携行しました。幸い、使うことはあり
ませんでしたけどね。日が昇ってから、マガジン内のFMJ4発で「新春初撃ち」をしました(やっつけ?)。


眠い・・・夜中の3時に出発して一睡もしていませんから、昼前には睡魔が。1時間ほど仮眠しましたが、暖かい
陽射しと冷たい空気が気持ち良くて熟睡です。いいですね〜晴天の冬の砂漠は。

この椅子と保温ポットはナイス・アイテムですね。これからは必携です。





直接来られた方の為に・・・ウェルカム!
トップページに行く