12−31−11 日
撃ち納め

          

エンジェル射撃場で撃ち納めてきました。銃は円熟のHSプレシジョン。発射弾数は4千発近くで、そろそろバレル
精度の曲がり角を迎える頃か?


とは言え、まだ余裕で1MOAをキープ。ところで、標的に223の弾痕が無数に開いていますが、隣の白豚野朗が
俺の的にブチ込みやがったからです。文句を言うと「ルールを知らなかった」とかホザきやがる。目の前の標的は、
どれでも好きに撃って良いと思ったらしい(鉄的と一緒にした)。・・・大晦日なので許してやる。

ですが、また間違って的枠でも撃たれたら(壊されたら)4ドルの保証金が戻って来ないので(そう言う射場規則。
無傷で的枠を返すと保証金が戻る仕組み)、標的は撤収。鉄的に切り換えました。まあ、この射場はそれ(遠射)
がメイン・イベントですからね。


     

左が500ヤードのラム。右が600ヤードのピッグ(小)。昔は800くらいまで的があったのですが、何時の間にか6
00ヤードが最長になってしまいました。600じゃあ、遠射とは言えないかな?勿論、この距離なら必中です。今日
は序盤が向かい風で、その後は無風。左右への強風ですと、少し補正する必要があるでしょうね。


年末大掃除?JBコンパウンドで軽くラッピングしてやりました。モリコート弾なので、ファウリングは少ないですが。


今回、何と不発が出ました!珍しい・・・この弾薬では初めてですね。打痕は十分あるし、閉鎖時に抵抗も無かった
ので(セット不良で飛び出していると、閉鎖不良になる)、リロード不備ではありません(強調w)。ちなみに、不発の
瞬間、銃は微動だにしませんでしたよ!褒めて!頭撫でて!フリンチングを見極める機会として、予期せぬ不発は
絶好のチャンスなのです。


キネティック・プーラーでバラすと、パウダーはちゃんと入ってます。以前FAQで述べましたが、パウダーが湿気って
いたり、入れ忘れだったとしても、プライマーが発火すれば「パン!」と言う音と共に、ブレットは前進します。ファイア
リング・ピンの打撃音のみの不発の場合、(銃自体の故障は除き)間違いなくプライマーが原因。


不発のプライマーを抜く場合、それがプライマーだけであっても注意が必要です。デキャップ・ピンで抜く場合に、発
火すると危険ですからね(爆竹くらいの威力がある)。私は浸透性潤滑材を吹いて湿気らせてから抜きます。水で
湿気らせても良さそうな気がしますが、それは危険です!
水は浸透し難く、ちょっと浸して置いたくらいでは、普段
と変わらない勢いで発火します(数日間漬けておけば大丈夫かもしれないが)。私が試した中では、浸透性潤滑剤
(WD40)が一番良かったです。それでも発火すれば「パス!」くらい鳴りますけどね。心配性の人は、一切触らず
捨ててしまう(射撃場の不発弾入れに)のが間違いありません。

さて↑見た限り正常です。入れる前にアンビルが抜けたとか、撃ち殻のプライマーを再び入れてしまった訳でもあり
ません。こうなると、プライマー不良としか考えられません。ちなみにメーカーはCCIです。う〜ん・・・忌々しき問題。


ともあれ、撃ち納め無事終了!最後の1発は600ヤードの一番小さなラウンドに撃ちましたが、これも無事命中!


皆様も良いお年を〜(・・・って、この時点で日本は既に明けてるんだよな〜・・・なんか悔しい!)





12−29−11 木
撃ち納め準備

せっせと弾作りに精を出す己の姿を傍から見ると・・・暗〜!まあ、どんなジャンルでもマニアが精を出す姿は一種
異様で、パンピーからは「きんも〜!」とか言われるんですわ。でもがんばむ。


     

やっぱ撃ち納めは308での遠射に限ります。前回撃ったケースはタンブラーで掃除してあるので、リサイズからの
スタート。ネックサイザーなので、リサイズは軽くてラクです。今回はプライマーをCCI、IMR4064を45グレイン、
168グレインのシェラ2200Mを、スタンダード・レングス(M14のマガジンに入る)でセットしました。このレシピも
そろそろ飽きてきたので、次はホジドンあたりを使ってみようか?丁度、買い置きの4064が切れる頃だし。ブレッ
トのモリコートは気に入って使って居ますが、これも今回使い切ったので、次回は他のを試してみようかな?


     

ジャキーン!楽しい!楽しすぎる!米国在住のガンマニアは、折角の好環境なのにリロードする人が少ないので
すよね。知り合いの銃雑誌レポーターですら、「リロードはしない」と言っていたし。まあ趣味は人それぞれですが、
勿体無いな〜・・・こんな楽しいホビーを。リロードのノウハウなら、米在住マニアより、日本の銃所持者の方が詳し
いでしょうね。


      

さて、昨日キャブを掃除したヨンフォアを試運転しましたが、バッチリですね!レッドまで淀みなく吹けます。が・・・、
やっぱトルクが細いな〜(笑)。4ストの400ですからね。2スト350のヤマハRDの方が、力強いトルクで加速し
ます。とは言え、レッドゾーンが1万回転からと言う高回転型(この年代の2バルブSOHCにしては)には、ホンダ
のポリシーを感じますね。7千付近の甲高い音は快感!ギアも6速まであるので、フリーウェイも余裕です(長距
離ツーリングする気にはなりませんがw)。





12−28−11 水
ガソリン疑惑?

     

以前リフレッシュしたCB400ですが(結局、買い手が付かなかったので私が買い取りました)、アイドリング不調
になりました。・・・またか!?またスロージェット詰まりか?今年に入って、友人のバイクなど含め5台もスロージ
ェットの詰まりを穿っています。これも同じ原因なら6台目!

ところで、旧車の4サイクルエンジンは右の写真のように、キャブを降ろさず、下からフロート・ボウルを外せる物が
多いので便利です。2サイクルの場合、キャブが下方に位置するので(構造上)出来ない物が殆どですね。


詰まってました(笑)。それほど長期間エンジンを掛けなかった訳でもないのに、もしかすると最近のガソリンには、
不純物が多いのかも?何か混ぜ物をしてある?昔はこんな頻繁に詰まったりしなかったですけどね。う〜ん・・・


毎日乗っているコイツは、さすがに詰まりとは無縁。年末大洗車?してやりました。7万マイルで未だ現役!今年は
危うく死に掛けましたが(エキゾースト・バルブ割れで)、来年も何卒頑張って下さい。


     

今日は宴会?ではなく、クリスマス前にやったスキヤキ・パーティの写真が、何故かアップされずに残っていたので
(二日酔いで更新しなかった?)供養アップです。くそ〜!美味そうだな!年内にもう一回やろうかな?やっぱ冬は
鍋ですよね〜!次は牡蠣鍋にしよう!ちなみに某アンケート一位らしいキムチ鍋は私的にありえません(笑)。





12−25−11 日
「私をモハベに連れてって」

     

昨日に続き快晴!こんな日にガレージに篭って作業するのは毒です。砂漠でオフりましょう。


山頂で物思いに耽る。昨日のメールで「サンタのプレゼントは靴下を枕元に下げないと貰えませんよ」とアドバイ
スを頂戴した。・・・言われてみれば、確かにそんなノウハウがあったような・・・迂闊でした。


出発が遅かったので、一走りしたら日が暮れてきました。今回、いつもの山頂コースと、新たに開拓した山頂コー
スが繋がるポイントを発見したので、サーキット化する事に成功しました(大袈裟)。こうなると、タイム測定など
したくなりますが、もう40歳半ばを過ぎているので無理は止しましょう。それよりも、携帯椅子やコーヒーセットな
どを携行して、山頂でコーヒーブレイクと言うのが洒落ているかもしれません。よし!来年はソレだな!


ああ、疲れ果てた!さあ、帰ろ帰ろ。





12−24−11 土
「私をマルホに連れてって」

「クリスマス一人旅」シリーズ?今年はマルホランドをダビッド尊2号車で走ってきました。以前通った時とは別の
ルートで、ここは途中にマリブ湖があるのがミソです。


頑張り組が追い越して行きました。しかし気合が足りん!その走りでは「俺サ・仏級」だ・・・

と、思った途端、一人が土手に刺さりました(爆笑)!一応、停まって「大丈夫か?」と声を掛けましたが、恥ずか
しそうに言い訳してるのが可愛かった。直ぐに仲間が戻ってきたので私は去りましたが、武士の情けで写真を撮
るのは勘弁してやりました。明日は我が身ですからね。


↑こんなのも爆走してました。ここに来て初めて気付いたのですが、途中のコーナーはユーチューブ等で有名な、
「何故か皆コケるコーナー」ですね!なるほど、若干逆バンク気味で、私もフットボードを擦りました。コーナーの
端では、コケを期待してのギャラリーがカメラを構えて待っていましたよ(笑)。

mulholland crash でユーチューブ検索すると、そのスポットが出てきます。


   

山頂で一休み。右写真の右上に海がチラリズム。

・・・てゆか、景色に見とれて湖に寄る道を通り過ぎてしまいました。一番の見どころを・・・まあ、湖抜きでも十分に
楽しめましたから、それはまた次回のお楽しみにしましょう。


      

海キターーーー!


   

峠道は暖かかったですが、海岸線に出ると途端に寒くなります。いつものネプチューン・カフェに寄ったのですが、
クローズド!「クリスマスデー・オープン」って書いてあるのに!イブは休みってか?外にある便所にも鍵が掛か
っていた。ここまで小便を我慢していたのに。ガッデム!


   

なんとか便所を探し当て放尿を完了。ついでに海見物。このクソ寒い中、サーファーは元気あるね〜


   

ガーデナに帰還!マルカイで晩飯の材料を買う。この箱は便利ですね〜!ガンガン入るよ。


お疲れ様でした〜!今回もエンジン快調でした。最近、オリジナルのフライホイールをゲットし、来年交換しようと
考えていましたが・・・調子良いエンジンを敢えて分解する事も無いかな?とちょっと思いました。どーすっかな〜




☆クリスマスプレゼント!?

萌え同志からプレゼントを貰いました!サンタからは完全に見捨てられた私ですが「捨てる神あれば拾う神あり」
ですね〜。神は信じないけど、萌え同志は信じる事にするよ。

・・・って、良く見ると、このストラップはカップル用?ハートが割れていて男女で仲良く使う仕様になっています・・・
ぐぬぬ・・・同志め!は、配慮が足りんぞ!!(←逆恨み)

片割れのハートをどうしてくれよう・・・

↑丸く収まりました。えへへ・・・(照)


幸せなクリスマスでした。





12−11−11 日
ベンチュラのチョッパーイベント行ってきました

GT750で行ってきました。チョッパーじゃないので、今回は(エントリーせずに)駐車場です。ハーレーに囲まれ
異彩を放っていました。早朝に出発しましたが、去年と違って今年は凍るような寒さ!バイクじゃ辛かったです。

写真が多いので別ページに貼り付けました。激重ですのでご了承を・・・

バイクショー(別窓)

バイクに興味の無い殿方は、ボム・ウーマンでも御覧下さい。

このクソ寒い中、鳥肌も立てずに頑張っておりました。根性ですね。



しかしながら、イベントはエントリーも出店も前年以上に貧相になっていました。やっぱ不景気の影響でしょう。
私的には、目当てはイベントよりも、帰り道の「海岸線クルージング」なので問題なし!今回も仲間とツルんで
ぶっ飛ばしましたの。

夏の海は浮かれた感じで嫌いですが、冬の海はストイックで好きです。演歌を唄いたくなります。


はーれーるーや〜!俺に祝福あれ!


あ、ジョナサン。どっかいけよ!オマエ嫌い!

この後、道路に戻ろうとして道を間違え、砂浜に突っ込んでコケて愉快なサザエさん。笑いはとれましたけどね。
・・・全然祝福されてねーじゃん俺。ジョナサンの呪いか?


     

途中いつも寄るカフェで、ジャンクフードを喰う。結構美味いよ。

いや〜朝早かったので疲れました。でも、自衛隊時代に叩き込まれた習慣で、バイクの掃除はその日のうちに
キッチリやりました。海辺を走ると錆びますからね〜(砂浜でコケたし)

さあ、寝よ寝よ・・・





12−6−11 火
大物到着

なんかデカいのキターーー!凄いパッケージですが・・・


ショベルヘッドのフライホイール(1976年製)です。勿論中古で、イーベイで見つけ170ドルで落札。送料が30
ドルと安く、お買い得でした。特に必要という訳では無いのですが(笑)、青いFLH2号車には非純正のアルティ
マフライホイール(ストローカー&ボアアップで1340t)が入っていたので、人類滅亡の直前で純正の1200に
戻してやろうかと。


          

冗談半分で買ったのですが、想像以上に程度が良くてビックリしました。ベアリングなどは全て換えるつもりでい
ましたが、このまま使えそうな感じです(でもまあ、換えますが)。お約束のセンタリングやアライニングなど、やる
事は「てんこ盛り」で楽しそうです。それにしても、ハーレーのフライホイールはデカくて重いですね。このセットで
20キログラム近くあるのかな?2本のコンロッドが一つ束になっているのも特徴的です。


ピニオン周りもピカピカです。この辺も新しく買い直すと高くつきますからね。


プライマリー側も完璧!良品だ〜!


ピストンも殆ど減っていません。リングは勿論新品に換えますが、ピストンはこのままイケそうですね。


う〜ん・・・来年が楽しみだ!滅亡するけど。





12−4−11 日
風邪をひいたので、安静にスポーク張り

週末はイベントが幾つかあったのですが、風邪をひいたので全てキャンセル。ガレージで安静にGT750のスポ
ーク張りなどに勤しんでおりました。タイヤがヒビ割れ状態だったので、それも交換です。


古いスポークをバラしたら、先ずは「ここぞとばかりに」ハブを磨きます。今しか出来ませんからね。


殆どのバイクがそうですが、スポークは2種類。ハブの外側には角の長い物を使い、ハブの内側は短い物です。
このバイクの場合、両者18本で計36本。スポークが手元に届いたら(買ったら)先ず数が合っているかの確認
をした方が良いですね。

このスポークは純正をイーベイでゲットしましたが(送料含めて$57)、タイランドで生産しているのも良く見かけ
ます。以前使った事がありますが、少し安価な分、品質は中の下。手に入るなら純正を使うのがベストですね。


最初の内は右も左も分からないのですが、赤矢印の「元々付いていた痕跡」などを手掛かりに組んで行きます。


あれ?・・・何か違うな。「いや〜ん!穴違い!」などと小声で呟きながら、独り寂しく作業は続きます。


こうか?こうなのか??


(写真左)ここまで来れば完成の目処が・・・(写真右)完成!


スポークの締め付けは、徐々に均等にが原則。ですが、そうして組んでも、ダイヤルゲージで測定すると、かな
り振れています。「飛び出た側のスポークを緩め、反対側のスポークを張る」を繰り返して、根気良く歪みを修正
して行きます。慣れもありますが、数時間掛かる場合も。GT750の場合は許容値2mmで、結構アバウト。


ケンダ・タイヤ登場!以前、GS750に使ってみましたが、旧車を普通に乗る分には悪くありませんでした。何せ
安いですからね(70ドルちょっと)。サイズは正規が110−90−18なのですが、敢えて120−90−18と太目
にしてみました。GT750の「ボッテリ」した感じを強調しようかと・・・結果はどうかな?


ボッテリしてるねェ!(笑)ついでにショックアブソーバーやスイングアーム等も外して磨いたので、リア周りはピカ
ピカになりました。

余談ですが、私が日本で限定解除試験を受けた際、事前審査でコイツのセンタースタンドを掛け損ない(チャン
スは一度だけ)、落ちた事があります(笑)。超絶悔しかったですね。頭にきました。次の試験ではCB750だった
ので問題なく受かりました。今、改めて思いますが、このセンタースタンドは設計に誤りがあります。梃子の部分
が極端に短い。半分まで持ち上がったら、後ろに強引に引き摺る感じで力を入れないと、未だに上手く上げれま
せん。屈辱のバイクです・・・





直接来られた方の為に・・・ウェルカム!
トップページに行く