10−30−11 日
最終形態?

     

地面に打ち付けたり、タイヤに固定したりと、試行錯誤しましたが、遂に最終形態に辿り着きました。バイク積載
ランプなら、バンドでの固定も楽だし絶対に動きません。重しに乗せたタイヤも必要ありませんでしたね。そして、
今日は久々にベレッタSO5を搬出。ゴージャスなクレー射撃です。


やっぱ撃ち易い(狙い易い)です。リピーターやオートと違って弾も選ばず、反動もマイルド。


山頂征服!

     

いつも登っている山の隣に、もう1ランク高い山があり、今日はそれに挑戦してみました。手前の低い山からアプ
ローチして(写真左)、中程の山に中継。いつもの山より岩肌で、油断するとウイリーするので怖いです。山頂手
前は幾らか緩くなり、そのまま絶頂へと登りつめます!ああん。おまんこイクイク。(棒読み)


望遠レンズでなきゃ見えねえ!拡大写真で何とか私の姿が確認できました。40代半ばとしてはまあ、割と頑張
ったかなと自負しております。とは言え、こんなゴツゴツした岩山より、もっと柔肌的な物を征服したい。女子高生
の制服も捨て難い。煩悩強過ぎの俺。


山頂より。右下の赤丸がトラックです。ヤッホー!


追記
始動が悪かったYZ250ですが、イグニッションコイルを高年式の物に換えたら完全に直りました!





10−29−11 土
ローカル・スワップミート

     

近所のスワップミートに行ってきました。昔は工作機械などの出品が多かったらしいのですが、今やPC関係や
音響関係の電化製品がメイン。やや期待はずれでしたが、入場無料だったのが救い。


とは言え、なかなか良い品をゲット。6〜70年代(もっと古いか?)の卓上蛍光灯が20ドル。クラフトマンの半田
ごてが10ドル。この半田ごても古い物で、最近のは直ぐ壊れるので嫌気がさしていたのです。


     

鎮座!良い味を醸してますよ、蛍光灯!半田ごても作動バッチリでした。右のは壊れた最近のですが(一応メー
カー品だが、製造は中国)、見るからに安っぽい。このクラフトマンは70年代かな?ボディがベークライト製です
からね(勿論アメリカ製)。


コイルも大きいので、発熱量も十分です。やっぱ新品の中国製より、中古(骨董)のアメリカ製だな。




私信
何が「ハロウィン」じゃゴルァ!日本人なら座敷わらしに饅頭をくれてやれ!バテレンのマツリゴトに一々浮かれ
てんじゃねー!(ぷんすか)


・・・ってな事言っといてナンですが、今年のクリスマスプレゼントは、是非ともコレ↓をお願いしたいンですが・・・

コレ

お願いしますよサンタさん。もうデカイ口叩きませんから。ネ。







10−18−11 火
ワイセコキターーー!

YZ490用のワイセコ・ピストンが届きました。黒いベロア調の社名入り巾着袋に収まった、ゴージャスな梱包に
笑いました。この袋は捨てずにとっておこう(笑)。さて、このピストンは1mmオーバーサイズなので、次の問題
は、何所でシリンダーのボーリング作業をやらせるかですね。最近はその手の工場が減りましたから・・・

今日の肴はレバー炒め。砂漠で運動して疲れましたから、滋養強壮です。そして黒猫氏の瞳に乾杯!


話は変わり・・・

腐乱トヨタ!?

私は自動車の修理工をしていますが、最近のトヨタ車は品質が落ちた気がします。多分、部品を中国に作らせ
ているのでしょうね。以下は最近の実体験ですが、トヨタ車を修理した後、車内からネズミの腐った臭いがする
のです。実際にハエが寄ってくる臭いです。ネズミが入り込んで死んだのだと思い、半日掛けて捜索しましたが
(椅子を外して、ダッシュボードに潜り・・・)、見つかりません。納車時間は迫りますし、困り果てたのですが・・・
何と、原因は修理の際に交換した、純正部品のウェザー・ストリップ(雨避けのゴム)の臭い!鼻を近づけると、
凄まじい悪臭です。これはカローラでしたが、カムリのフード縁のゴムも同様の悪臭でした。ディーラーに言うと、
彼らも周知らしく、でも処置なし。これはリプレース・パーツだけの問題なのですかね?新車にコレが付いてい
たら、リコールのレベルですよ。修理した車には、とりあえず消臭剤を撒いて納車しましたが、客は気付くだろう
なァ・・・外装ならまだしも、ドアモールですからね。クレーム来たらどうしよう?

それにしても、ハエが騙される程の悪臭が何故ゴム部品に?確かに中国製のゴム製品は臭いですが、石油
の臭いはあっても、腐敗臭ってのは初めてでしたね。生ゴミ餃子ならぬ、腐乱死体ゴム?本当に混じってそう
で怖い・・・

そしてもう一つ、最近多いのが加工不良部品。今回のはドアウィンドウ・モールディング縁のカットが施されて
いませんでした。ドアに取り付けようとすると、何故か入って行かない。古いのと比べると・・・

先ほどの臭いゴムも、この不良品も、どちらもトヨタ純正部品です。

従兄弟が愛知本社に勤めているので、あまり言いたくはないけれど・・・どうなってんだよ、最近のトヨタさんよ?
客ナメてんのか?日本車から高品質を取ったら、誰も買わないよ。韓国車や中国車を笑えなくなるのは時間の
問題かも?・・・なさけない。宗一郎さんも草葉の影で泣いてるよ・・・ってそれホンダか?ホンダは大丈夫か?





10−16−11 日
独り砂漠

          

初心に帰って独りで砂漠に行ってみました。夜中の3時に出発して、夜明け前に到着。日の出を拝む事に・・・


最近、始動に梃子摺るYZですが、プラグを新品にして、点火時期を少し早めたら、幾分良くなりました。現在コ
イルをオーダー中なので、それで完璧に直ると良いのですが・・・。このバイクも、500ドルで買ってから随分走
りましたね。元は十分にとったので、もっと高年式のに買い換えても良いのですが、なんとなくコレが気に入っ
ているので、もう暫く乗ります。始動性の問題を除けば、まだエンジンはビンビンですからね。

ウィンチェスターM97でスラムファイヤも試してみましたが・・・微妙?あの機能に実用性はあるのかな?まあ、
これ以後は装備されなかったのが、その答えでしょうね。例えば、スキートのダブルを撃つ場合でも、トリガー
を引きっぱなしでポンプ操作の2矢を放つより、新たにトリガーを引き直す方が正確で、時間も大差ないです。


前回、砂地に打ち付けて固定したのですが、反動で直ぐに抉られてしまうので、今回はタイヤに固定してみま
した。これでもタイヤごとズレてしまうのですが(徐々に回転してゆく)、でもまあ幾分マシになりました。放出の
紐は、靴に引っ掛けてセルフスタート。次回はベレッタSO5を持ってきて撃ちたいですね。久々に・・・





10−9−11 日
砂漠曜日

今日は大人数(バイク4台)だったので、友人の大型ピックアップで出発。御覧の様に横3台余裕で並びます。


          

到着。今日は暑くも寒くも無く、絶好のバイク日和。写真右のちっこい50CCのバイクは、ナメてかかってブン
回したらコケました。砂地で小径タイヤは怖いですね〜


               

さあ、今回初のクレー射撃!昨日買った放出機は絶好調で、スピードはノンビリなものの、良いコースで皿が
飛びます。手投げ式も問題なく使えました。写真右は飛行クレーを撮ったのですが、画像を縮小したら劣化し、
見えなくなってしまいました。ウィンチェスターM97も完璧な作動を見せましたが、リサイズが中途半端なリロ
ード弾はチャンバーに入らず、不完全閉鎖。新品のファクトリー弾しか受け付けませんでした。なかなかシビア
な銃です。仕方ないので、リロード弾はレミントンM11で消化しました。


毎度お馴染み、山頂で記念写真。今日は風もなく、穏やかな日和。今回、私のYZ250は点火が弱くて始動
にてこずりました。CDIを換えても同じだったので、マグネトーかコイルが弱ってるのかも?最近、他人のバイ
クばかり修理していたので拗ねたかな?昨日修理したホンダCRFは絶好調でした。パワーは少ないけど、ト
ルクはあるので、2速を上手く使った方が良かったですね。キャブを掃除した白いYZ250も快調でしたが、ク
ランクベアリングから少し音が出ていました。まあ、壊れるまで乗ったら吉!


     

帰還後はガレージで宴。ハロウィンを一歩先取り?蘇る金狼?





10−8−11 土
砂漠準備

クレー放出機を買いました。これで明日、砂漠でクレー射撃をします。使う銃は勿論、先月買ったウィンM97。
ちなみに写真右上にあるのは、手動の放出器です。万一、機械が不調だった時の為の保険。


組み立て完了!シンプルでしっかりした作り。放出の動力源であるスプリングは強力で、アームのセットには
強い力が必要です(女、子供は無理)。手前の紐を引っ張ると、ロックが外れてバシーン!と回転。危ない!


凄い勢いで回転するので注意が必要。さて、このマシーンはビッグ5と言うスポーツ店で49ドルで買いました。
安物と言う訳ではありませんが、はたして皿は上手く飛ぶのかな?


友人のホンダCRFを修理しました(冷蔵庫をくれると言うので、その交換条件w)。これも長期間不動だったの
で、キャブの分解掃除です。


この間のYZと違い、2スト・オイルの油膜は無いので、カサカサのバリバリになってました。洗浄油とブラシで
何とかここまでクリーニング。元に戻してセルを回すと(このバイクはセル始動)、「トルルルル・・・」と、何とも
呑気な排気音。過激な2ストに慣れていると拍子抜けしてしまいます。走りも穏やかで、モトクロスと言うより、
トレッキング向け?明日のテストランが楽しみです。





10−6−11 木
プロジェクト再開

          

YZ490のエンジンをRDのフレームに載せてみました(仮)。あはは!超軽量コンパクト!ツインからシングル
になったので、フレーム幅が余るほどです。逆に、エンジンの高さは増すので、フレームと干渉するかと思った
のですが、御覧の通り余裕でした。ヘッドのスタッドボルトをクリアする隙間も十分にありますから、エンジンを
載せたままヘッドを分解できます。それにしても、リードバルブ開口部(写真右)のデカイ事!ビッグシングル・
2サイクルの迫力です。馬力は50馬力を超え、しかもRDのエンジンよりずっと軽い訳ですから、いったいどん
な加速をするやら?・・・てゆか、無事に動くようになるのか?

チェーンのアライメントや、エンジンマウントを概ね合わせましたが、特に今のところ問題はありません。来週に
はマウントを製作して、本格的にフレームとエンジンを合体させようと思います。


     

さて、一見調子良さそうに感じたエンジンですが、開けてみると少なからずダメージがありました。ボアが緩目
で、写真のようにピストンとシリンダー共にスコーキング痕があります。隙間からバックファイアした為でしょう
か、リードバルブも一部欠損していました。先日エンジンをテストした際は、こんなバッド・コンディションなのに
あの暴れん坊ぶりです。コンディションが戻ったら、もっと凄いのでしょうね。

ってな訳で、シリンダーはボーリングに出して1mmオーバーサイズにします。ピストンはワイセコにする予定。


う〜ん、完成が楽しみだな!





10−1−11 土
ヤマハYZ490購入!

トラックの荷台には、いつものYZ250と思いきや・・・


          

買った!YZ490買ったよ。御覧の通りのボロで、オーナー曰く「3年前までは調子よく走っていたぜ!」との事。
ですが何故かキックが無く、怪しい。押し掛けの要領で点火と圧縮を診ましたが、まあ問題なし。「キャブを掃除
すれば動くよ。駄目だったら金を返すよ!」と、必死のオーナーでしたが、無慈悲に50ドル値切って300ドルで
買いました。イーベイでエンジンだけ買っても200ドル以上するので、まあ悪くはありません。


で、下の2枚の写真は、過去にスタートしたプロジェクトバイクで(覚えている方も居るかも)、日本からわざわざ
R1Zのエンジンを輸送し、それを載せようと考えていたのですが、やはり他に必要なパーツが多すぎて無理と
判断しました。エンジンだけ送っても駄目ですね。やるならバイク一台まるごと、パーツとして送らなければ。で、
すっかり頓挫していたのですが、じゃあ身近にある他のエンジンにしようと考え、候補に挙がったのが、今回の
YZ490と言う訳。つまり、YZ490はエンジンだけを使います。なので奇麗なバイクでは勿体無い!エンジンが
調子良ければ吉!フレームは鉄屑にしますが、フォークやスイングアーム、ホイールなどはYZ250のスペアと
して活用できます。

      




さて、あっと言う間に丸裸です。紛失していたキックペダルは、シャフト径がRDと同じだったので、加工して取り
付けました。エンジン周りの程度は悪くありませんね。オーナーの言うとおり、キャブを掃除するだけで掛かりそ
うです。


↑げ!ナンじゃコリャ?フレームに大手術の痕が(爆笑)。こりゃあ酷い・・・。まあ、前述のとおり、フレームは
要らないので構いませんが、もし乗るつもりで買っていたらショックだったでしょうね。300ドルなら文句は言え
ないか?


で、エンジンの方はすこぶる良好!キャブは御覧の通り、クリーナーを吹いただけで奇麗になりました。この後
キャブを組んで、ガソリンを入れてキックすると・・・

バイーーーーーン!

スゲェ!250とは桁違いの躍動感!これはトルクが凄そうです!振動も凄い!排気デバイスの類が無いので、
恐ろしくピーキーなエンジンだと想像します。


と、とりあえず今日はエンジンに火が入った所で作業終了。明日は少し走って、ギアに問題ないか確かめます。
いや〜人類滅亡までの楽しみがまた一つ増えた!





直接来られた方の為に・・・ウェルカム!
トップページに行く